売上アップを図るなら小規模事業持続化補助金を利用しよう

個人事業主の方向けの助成金や補助金は多くありますが、その中で小規模事業持続化補助金という制度があります。 これは小規模で事業を行う方向けにある補助金制度です。 小規模事業持続化補助金とはどういった内容になっているのか調べました。


小規模事業持続化補助金

小規模な飲食店には、うれしい小規模事業者持続化補助金
小規模事業者持続化補助金という補助金です。

この補助金の名前は堅苦しいですが、要は、小規模な事業者などを対象にして50万円を上限に補助金(補助率は3分の2)を支給するというものです。
小さな飲食店であれば、50万円の補助であってもありがたいと思います。

via 小さな飲食店には嬉しい返済不要の補助金の募集開始 – 飲食ドクター|飲食店経営に強い税理士事務所

小規模事業持続化補助金
via www.omuracci.com
小さな飲食店などを営む個人事業主の方も多いと思います。
そういった方向けにあるのが、小規模事業持続化補助金という制度です。
小規模事業持続化補助金は飲食店以外にもサービス業や製造業などを営む方向けの補助金制度となっています。

対象者

対象者
via facetofaithsrtd.blog76.fc2.com

補助対象者
小規模事業者[商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律(平成5年法律第51号)第2条を準用]
卸売業・小売業
常時使用する従業員の数  5人以下
サービス業(宿泊業・娯楽業以外)
常時使用する従業員の数  5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業
常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他
常時使用する従業員の数 20人以下
◆対象となる事業
経営計画に基づき、商工会議所の支援を受けながら実施する販路開拓等のための事業
《対象となる取り組みの例》
(1)広告宣伝(広報費)
・新たな顧客層の取り込みを狙い、チラシを作成・配布
(2)集客力を高めるための店舗改装(外注費)
・幅広い年代層の集客を図るための店舗のユニバーサルデザイン化
(3)展示会・商談会への出展(展示会等出展費)
・新たな販路を求め、国内外の展示会へ出展
(4)商品パッケージや包装紙・ラッピングの変更(開発費)
・新たな市場を狙って商品パッケージのデザインを一新

via 平成27年度 小規模事業者持続化補助金 :: ホーム

対象となる方は上記の通りとなっています。
業種は大体決まっており、その他にも従業員の数なども対象要件に含まれますね。
使用用途も決められていますが、主に事業の継続のため、さらには事業発展のための資金の補助をしてくれます。

補助金の額

補助金の額
via pixabay.com

補助対象経費75万円の支出の場合、その2/3の50万円を補助します。同様に、補助対象経費60万円の支出の場合は、その2/3の40万円が補助金額となります。また、補助対象経費90万円の支出の場合には、その2/3は60万円となりますが、補助する金額は、補助上限額である50万円となります。

以下の場合は、補助上限額が100万円に引き上がります。
①雇用を増加させる取り組み
②買い物弱者対策の取り組み
③海外展開の取り組み

個社の取り組みが対象ですが、複数の小規模事業者が連携して取り組む共同事業も応募可能です。その際には、補助上限額が100万円~500万円となります(連携する小規模事業者数により異なります)。

via 平成27年度補正(平成28年実施)小規模事業者持続化補助金の公募について | 全国商工会連合会

補助金の額は上記の通りです。
基本的に補助金の上限金額は50万円までとなっています。
その代わりに、上記の様な100万円の補助金を受けられるための要件もあります。
共同で事業を行う際にも対象となり補助金申請を行うことが出来ますね。

平成28年分の応募要領

1.受付開始
平成28年2月26日(金)

2.受付締切
平成28年5月13日(金)締切日当日消印有効

※申し込みにあたり、補助金申請者が所在する地区の商工会・商工会議所で書類を確認する作業が必要のため、締切日まで余裕を持った日程で、商工会・商工会議所にご相談ください。

3.申請書提出先・問い合わせ先:
補助金申請者が所在する商工会連合会
※詳細は公募要領をご覧ください。

via 平成27年度補正(平成28年実施)小規模事業者持続化補助金の公募について | 全国商工会連合会

平成28年分の応募要領
via pixabay.com
平成28年分の応募申請はもう終了してしまいましたが、来年度も行われる可能性は高いですので、必要となる書類等を今かでも用意しておくと良いですね。

補助金を受ける方法

補助金を受ける方法
via pixabay.com

ちゅっとした工夫・コツなど
■第一次締切に申請する
→質・量ともに第二次のほうが激戦となりやすい

■計画の経済効果(売上アップ・顧客増加・雇用増加など)の「実現可能性」を常に意識する
■計画の創意工夫の特徴(新規性・革新性・独創性)もポイント
→まったくの新規アイデアでなくてもよい
→これまでの取組と異なる点・差別化・創意工夫した点については、ちょっとした「ヒネリ(+α)」を加えることでアピールする

via http://持続化補助金.strikingly.com/

補助金を受けるための方法は、色々と考えられますが、とにかくこうすれば売上が上がりますというアイデアが重要です。
補助金は、お金を貰えるシステムですので、きちんとした計画を練っておかなければいけませんね。

個人事業主の方に取って、売上を伸ばしたいけど資金繰りが…と悩まれる方も多いと思いますが、そういったことを補助してくれる仕組みが小規模事業持続化補助金です。
事業の継続などを考えても、こういった補助金申請をしてみるのも良いかと思います。