従業員を雇う際に貰える【トライアル雇用奨励金】とは

個人で事業を行っていて、人手不足なときもあると思います。 そんな時にお金の心配をなるべくしたくないとお考えの方は、トライアル雇用制度を利用されてはどうでしょうか? トライアル雇用奨励金の助成金の仕組みについてなどを調べてみました。


助成金とは

助成金とは
via pixabay.com

助成金ってどんなもの?

助成金とは、国や地方自治体から受け取ることができる支援金のことを意味します。基本的に助成金には返済義務がありません。

via 個人事業主でも受け取れる助成金まとめ

助成金は事業を行う方が、国や地方自治体などからもらうことが出来るお金です。
貰えるお金ですので、返す必要はありません。

助成金の申請

以下の2点の条件を満たしていることで助成金は受け取ることができます。
・助成金を受給するための条件を満たしている。例えば、キャリア形成促進助成金の場合は「訓練計画の策定」「訓練の実施」などが条件となります。
・助成金に関する申請を行なう

助成金で受け取れる額はどれくらい?
申請を検討している助成金の種類によって、数万円から数百万円までと異なります。

via 個人事業主でも受け取れる助成金まとめ

助成金を受け取るためには助成金の申請を行う必要があります。
助成金の申請方法は、助成金によって異なりますが、多くは手の込んでいる物ではありません。
助成金額も様々です。
今年あった助成金が来年無くなることもあります。

助成金と補助金

助成金と補助金
via pixabay.com

助成金と補助金の違い

助成金は要件が合えば基本的には受給できるものです。一方補助金は予算があるため、要件が合っても受給出来ない可能性があるという違いがあります。

via 起業家なら必ず知っておきたい8つの補助金/助成金と基礎知識 | inQup

助成金と同じような意味合いで使われるのが補助金です。
基本的には意味合いは同じですが、補助金には予算がありますので支給される方が限られてしまいます。
助成金はその心配がありません。

トライアル雇用制度

トライアル雇用制度
via pixabay.com

職業経験、技能、知識等から安定的な就職が困難な求職者について、ハローワークや職業紹介事業者(※)等の紹介により、一定期間試行雇用した場合に助成するものであり、それらの求職者の適性や業務遂行可能性を見極め、求職者および求人者の相互理解を促進すること等を通じて、その早期就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的としています。

via トライアル雇用奨励金 |厚生労働省

助成金の中でも比較的簡単に受け取ることが出来るのが、トライアル雇用制度です。
トライアル雇用奨励金と言います。
個人事業主の方でも人手不足に悩まされることもあると思います。
資金繰りに悩みがあれば、人手を増やすことが出来ないと言うときに利用出来るのが、このトライアル雇用です。

雇用保険に加入しよう

雇用保険制度は、労働者が失業した場合などに必要な給付を行い、労働者の生活及び雇用の安定を図るとともに再就職の援助を行うことなどを目的とした雇用に関する総合的な機能をもった制度です。

事業主は、雇用保険法に基づき、適用基準を満たす労働者について、事業主や労働者の意思に関係なく、被保険者となった旨を公共職業安定所(ハローワーク)に届け出なくてはなりません。この被保険者資格取得の届出が適正になされていないと、労働者の方が失業した場合などに支給される給付について、不利益を被る事態を生じることがあ ります。

事業主の方は、このような事態を生じさせないよう、新たに労働者を雇い入れた場合には、雇用保険の被保険者資格取得の届出を事業所の所在地を管轄する公共職業安定所(ハローワーク)に必ず行ってください。

via 個人事業主が助成金200万円をもらう方法<雇用保険とは>:補助金・助成金申請の秘訣 | BB-WAVE

トライアル雇用奨励金を受け取るためには、雇用保険に加入する義務があります。
まずは雇用保険加入事業所になる必要がありますので、従業員の方は雇用保険に加入してもらいましょう。

助成額

(1)本奨励金は、支給対象者のトライアル雇用に係る雇入れの日から1か月単位で最長3か月間(以下「支給対象期間」という)を対象として助成が行われます。

(2)本奨励金は、この支給対象期間中の各月の月額の合計額がまとめて1回で支給されます。

via 試行雇用(トライアル雇用)したい – 【助成金申請専門】 石神社会保険労務士事務所(東京・東村山市)

トライアル雇用奨励金は、3ヶ月間に渡って支給される物です。
その間、雇用した従業員の方に支払う給与に助成することになります。

(1)当助成金の支給額は、原則、支給対象者1人につき月額4万円です。
※対象者が母子家庭の母等又は父子家庭の父の場合、 若者雇用促進法に基づく認定事業主が35歳未満の対象者に対しトライアル雇用を実施する場合 いずれも1人当たり月額5万円(最長3カ月間)となります。

via トライアル雇用奨励金の支給額 – 【助成金申請専門】 石神社会保険労務士事務所(東京・東村山市)

助成金額は毎月4万円までとなっています。
若年者雇用に関してなどは5万円が支給されます。
資金繰りが厳しいとするのであれば、この5万円でも有り難い物ですよね。

個人事業主の方で資金繰りに悩まれたら、助成金の活用を考えてみるのも良いと思います。