資金繰りでお困りの時は日本政策金融公庫のつなぎ融資を

事業を運営していく中で、「支払日までのあと数日の運転資金が足りない」 といった事態は日常的に起きうるものです。 そういった時の資金繰り方法として、キャッシングやカードローンなどを利用する方法が ありますが、ここでは日本政策金融公庫のつなぎ融資について紹介します。


こまった時の強い見方「つなぎ融資」とは?

キャッシングやカードローンを利用する前に、一度検討してみる価値があるのが
「つなぎ融資」と呼ばれる制度です。主に住宅ローンと併用して利用するケースが
多いのですが、事業を経営している人にも非常に便利なシステムです。
名前は聞いたことあるけど、中身がよく分からないから、手軽なキャッシングなど
にする人が多いのが現状です。ここではつなぎ融資のキホンをご紹介します。

こまった時の強い見方「つなぎ融資」とは?
via pixabay.com

つなぎ融資とは、会社の資金繰りのために一時的にお金を貸すことをいいます。

会社は自社の商品やサービスを売って、利益を得ています。

たとえば製造業の場合なら、自社製品を作るために材料を仕入れなければいけません。

このようにまず材料を仕入れたり、商品を購入したりして自社製品やサービスを提供し、その後、購入者からお金が支払われることになります。

 

手持ち資金が潤沢であれば、材料や商品の仕入れが行えます。

しかし、得意先からの入金が遅れたなど、何らかのアクシデントがあって手元の資金が不足すると、仕入れができなくなり、営業がストップしてしまいます。

こうした事態を回避するために短期間だけお金を借りて、運転資金を確保することをつなぎ融資と呼んでいるのです。

via つなぎ融資とは? | 日本政策金融公庫融資支援ドットコム

つなぎ融資
via pixabay.com
なるほど、短期間の間を埋める「つなぎ融資」ついては分かったけど、いろいろな金融機関が
「つなぎ融資」はやっていますよね。
ここで紹介する日本政策金融公庫が行っている「つなぎ融資」というのは、どんな特徴がある
のでしょうか?

困った時の「駆け込み寺」日本政策金融公庫のつなぎ融資とは?

日本政策金融公庫のメリットはいろいろあるのですが、一番のメリットは、銀行などで断られた案件でも融資してくれる可能性が高いという点です。

銀行などは、融資期間は法定耐用年数以内でないとダメなことが多いのですが、日本政策金融公庫だと、法定耐用年数を超えて融資してくれる可能性が高いのです。築古物件をターゲットにした投資方法にとっては非常に強い味方となるでしょう。

他のメリットとしては、金利が固定であるという点です。金利自体はそれほど高くもなく低くもなくといったことろです。銀行とノンバンクの中間くらいといえるでしょう。

via http://不動産投資.biz/yuusi-tokutyou-kouko.html

銀行に断られた場合
via pixabay.com
銀行に断られた場合でも、あきらめるのは早いということなんですね。
借りやすくて、金利も固定・・いいこと尽くしのようですが、気を付けないと
行けないポイントもあるようですよ。

日本政策金融公庫で借りる時のデメリットとは?

日本政策金融公庫でお金を借りる時のデメリット・短所は、下の通りです。
◦連帯保証人が必要…最初は大体2人
◦提出書類が多い…その金額が必要になる証拠の書類など
◦審査&融資に時間がかかる…大体2週間

ということです。特に大きいのは「連帯保証人が2名必要」ということ。連帯保証人の責任は「本人とほぼ同じ」というくらい重いので、これになってもらうのは、かなり大変です。

via 個人事業主やフリーランスでも、日本政策金融公庫からお金を借りることができる | カードローン攻略編集部

日本政策金融公庫で借りる時のデメリットとは?
via pixabay.com
うーん・・個人事業主の方にとっては、一日の運転資金の不足が死活問題
になることだってありますよね。ここで時間と手間がかかるというのは少し
痛いところでしょうか・・?

「つなぎ融資」をスムーズに受けるためには

以上にあげたとおり、メリットもデメリットもある「つなぎ融資」ですが
もちろん誰でも受けられるわけではありません。
日本政策金融公庫もれっきとした金融機関ですから、融資にあたって
は審査というものは避けて通れません。
その審査を通りやすくするためのポイントを紹介します。

「つなぎ融資」をスムーズに受けるためには
via pixabay.com

一つ目
運転資金は、設備資金に比べてあまり融資が認められづらい
ということがありますが、それはなぜかというと
何に使われるのかわかりづらいということにあります。
要するに、
「違うもの、違うことに融資を使ってしまわないか?」
ということを心配されるのです。
ですから、まずは、この心配を潰す必要があります。
なぜ、その申請金額なのか?
その金額を何に使う予定なのか?など
資金の使途について申請書類の中で
「具体的に」
説明する必要があります。
二つ目
今、会社なり事業がうまくいってないというところが
最大のネックなので、その原因をきちんと説明する
ということが次に大事になります。
普通に考えて、赤字の事業に融資をすると
その融資金は戻ってきませんので
融資はしたくないわけです。
戻ってくるあてがないわけですから。
ですので、
「残念ながら最近の業績は悪いですが
このような理由、このような原因でうまくいっていない」
ということをきちんと申請書類の中に書き込むこと
が必要になります。
一般的には申請書類中の「企業概要書」の中で
説明することになります。
三つ目
このような理由、このような原因でうまくいっていない
ですが、今回、運転資金の融資を受けることができれば
事業がうまくいっていない原因のこれとこれを
潰すことができますので利益が生まれるようになります
ということをきちんと申請書類の中に書き込むことが必要です。
要するに利益が生まれない限り、運転資金の融資をしたとしても
返済することはできないのですから
利益が生まれるようになりますということを
徹頭徹尾、書面の中で説明することが必要なわけです。

via 運転資金融資の受け方

運転資金
via pixabay.com
事業運営
via pixabay.com

事業の実態について正直に申告しなければならない部分と
上手に書面で説明しなければならない部分があるんですね。
少し面倒なようですが、これらを丁寧にすることで、つなぎ融資の
恩恵を受けて、事業運営を円滑に安心して行うことができるんですね。