【知っておきたい】資金繰り悪化の改善方法について

個人で事業を行う方に取って資金繰りの悪化というのはとても大きな問題では無いでしょうか。 そこで個人事業主の方が資金繰りを改善するための方法を紹介していきたいと思います。 どのような方法を取れば改善することが出来そうでしょうか。


不良在庫を抱えない

不良在庫を抱えない
via www.zaikokanri-navi.com

いかにすばらしいシステムの導入や手法の採用を実施しても不良在庫は生まれます。また、どのような緻密な生産、販売そして在庫計画を立てても、必ずといっていいほど狂いが生じます。その狂いは、時間がたつにつれ、次第に蓄積されていきます。これが動きの鈍い在庫、すなわち不良在庫が生じる原因となります。そのまま、放置していると、在庫全体に占める割合が高くなり、さまざまな問題が生じることとなります。
例えば、すでに支払いも完了し、販売されて代金回収が済んでいる在庫であれば、資金繰りに影響を与えませんが、いまだに倉庫に眠っている不良在庫は資金繰り悪化につながります。また、在庫スペースが必要になったり、保管の為の維持費もかかります。いずれにしても不良在庫を抱えて良いことは何一つないということです。
このような状態から抜け出す為には、徹底した在庫管理が要求されます。

via 資金繰り改善にはコツがある | みどり合同税理士法人グループ

個人事業主の方に取って資金繰りは、大きな問題となる物ですね。
資金繰りが悪化する原因を考えれば、資金繰りはうまくいく可能性があります。
まず、不良な在庫を抱えているのかどうかと言うのは、大きな問題です。
全く利用しないもの、売れない物を持っていても意味が無いと言うことですね。
そういった不良在庫は早めに処分した方が良さそうですね。

経費の使い方

経費の使い方
via pixabay.com

経費の使い方はその時の業績や市場動向によって大きく変わるものです。

例えば、バブル時期に広告代理店が行っていた接待攻勢は売上に繋がるものでしたが、今接待攻勢を行っても費用対効果に合いません。

逆に、作業効率を上げるパソコンやソフトウェアを仕入れずに乗り切ろうとしたり、然るべき時に経費を使わないと作業効率が悪くなってしまい、最大限の利益をあげることはできないでしょう。

via キャッシュがやばい…資金繰り改善13条で運転資金ショートを防げ

売上を伸ばすのはとても大変なことですが、不良在庫の処分と同じでまずは経費を削減するというのが重要なポイントですね。
経費を削減するだけでは無く、どこに経費をさくのかと言う事です。
売上を伸ばすために経費をさくわけですが、それが見当違いであれば意味が無いと言うことですね。

キャッシュフロー計算書

 資金繰り悪化の原因を正確に把握するために、キャッシュフロー計算書を作成します。キャッシュフロー計算書とは、会社の一定期間の現金預金が増減する要因を、①会社が営業活動を行ううえで生じた要因(営業キャッシュフロー:営業CF)②会社が設備等の購入や売却をしたことにより生じた要因(投資キャッシュフロー:投資CF)③会社が新規の借入や借入金の返済、増資等を行なったことにより生じた要因(財務キャッシュフロー:財務CF)とに区分して表示するものです。

via 資金繰り改善のポイント!

キャッシュフロー計算書
via pixabay.com
キャッシュフロー計算書は、お金の動きを知る上でとても重要です。
作成をすれば、何にお金を使っていて、何に使っていないのかが分かります。
使うべき場所にお金を使うのが、資金繰りを悪化させない方法ですね。

売掛金の回収

売掛金というのは回収するまでは貸し倒れのリスクがあります。回収スパン、入金までの期間が長い場合はそういったリスクも抱えたままですし、なにより入金されないと支払いには使えません。2ヶ月後入金予定のものが1ヶ月後入金に変わるだけでも大きく資金繰りは改善されます。

via http://shikin-pro.com/guide/4318#i-4

売掛金の回収
via pixabay.com
売掛金はなるべく早めに回収することが重要です。
相手先がいつまでも存在するとは限りません。
お金のことは、常にシビアになった方が良いと言う事ですね。

借入をする際に

借入をする際に
via pixabay.com

借入を検討する際には、まずどの金融機関に借入の依頼をするかを決めなければならない。
金融機関の選定の判断基準としては、以下の項目がある。
・調達の融通性・継続性:手形割引枠や当座貸越契約の諸条件
・会社規模との適合性:支店長裁量での融資可能額の多寡
・情報提供能力:経営相談、業界情報、取引情報などの総合金融サービス能力の高い金融機関か否か
・その他便宜性:外国為替、支店網の充実度、担当支店へのアクセス

via 資金繰り改善法(応用編)|経営ハンドブック|起業する|J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

資金繰りがどうにもならないとなったときは借入を検討することになります。
借入判断は事業主が行わなければいけませんね。
借入先は上記の様にきちんと選択しなければいけません。

事業を行うのは大変ですが、資金繰りをきちんと行えば継続していくことが出来ますね。