資金繰り悪化を防ぐために【信用金庫を利用すると良いワケ】

信用金庫は、地域密着の営業をする金融機関です。 そもそも銀行とは何が違うのでしょうか? 信用金庫について、そして信用金庫から個人事業主の方が融資を受けやすい理由などについて調べてみました。 信用金庫は金利も低くなっています。


信金と銀行の違い

信金と銀行の違い
via www.shinkin.org

信金の主な業務は預金・融資・為替取引。基本的な業務内容は銀行と変わりません。
大きな違いは、営業地域が限定される点。

信金は、「地域で集めた資金を地域の中小企業と個人に還元することにより、地域社会の発展に寄与する」という目的のもとに運営されているため、以下のいずれかの条件にあてはまらない場合、融資を受けることができません(条件にあてはまらない場合でも、口座を開設して預金することはできる)。

via 信用金庫とは?信金会員になるメリットと申込み方法を解説 | キャッシングのまとめ

信用金庫
via www.shinkin.co.jp
信金と銀行の大きな違いは営利目的なのかそうでないのかと言うことですね、
そして営業範囲も決められています。
ですので、銀行よりも地域密着型の信用金庫の方が融資が受けやすいと言うことが考えられます。

金利が低い

金利が低い
via www.jsbank.co.jp

信用金庫の最大のメリットは金利が低いことです。
信用金庫はあくまでも非営利で運営されていますので金利は低く抑えられています。信用金庫によっては銀行よりも金利が低いところもあります。

金利が低いということは借入先を決める上で重要なポイントですので、信用金庫はおすすめです。

via 信用金庫で借入できるって知ってた?おすすめはそうしん! | マネーシュタインの金言

信用金庫を利用する最大のメリットは、金利がとても低いという所です。
消費者金融などから借り入れを行うとかなりの金額になってしまうのが利息ですが、金利が低いと言うことは返済も楽になると言うことですね。

会員になる必要性

会員になる必要性
via www.yurugp.jp

・信用金庫は会員の自治に基づく金融機関であり、会員となっていただくことは、当金庫の経営姿勢に賛同していただき、支えていただくという意味があります。
・協同組織の金融機関である信用金庫では、ご融資をさせていただく際、お客様に会員になっていただく必要があります。

◆会員になるにはどうしたらよいのですか。
・一万円以上の出資をお願いしております。
◆誰でも会員になれるわけではないのですか。

・法人であれば地区内の「中小企業(常時使用する従業員の数が300人を超え、かつその資本金の額又は出資の総額が9億円を超える事業者を除く)」、個人であれば地区内の「居住者」、「勤労者」「従業員300人以下の個人事業主」、「法人役員」であれば会員になっていただけます。

via 瀧野川信用金庫 信用金庫・会員制度・出資金についてよくある質問|瀧野川信用金庫

信金で融資を受ける際には出来れば融資を受けたい先で、会員になっておくと便利ですね。
会員資格は上記の様に大きな会社で無ければ大丈夫なようですね。

信金と付き合う

信金と付き合う
via www.osaka-shinkin.co.jp

特に普段から信金との付き合いがある企業であれば、借りやすいと思います。メガバンクや都市銀行だと相手にしている企業の規模や数の関係で、中小企業が深い関係を築くのは難しいですが、信金であれば可能です。

経営状態が悪化してから急に融資を申し出てても断られてしまいますので、メインバンクを信金にしておき、業績が良い時に融資を受けておくなど関係性を深めておくことで、経営が悪化した時でも借り入れしやすくなります。

via 信用金庫から事業融資を受ける時の審査基準 | はじめてキャッシング

信金は地域に融資をする非営利組織ですので、常に仲良くしておくとメリットが多いと思われます。
大きなお金を動かすような事業であればもっと大きな銀行から融資を受ければ良いのですが、そうで無い場合は信金と付き合うのが一番です。

融資例

ご利用いただける方。
法人または個人事業者の方で、次の条件を満たす方。
◾事業所または住居が当金庫の営業区域内の方。
◾事業歴が6ヶ月以上の方。
お使いみち
事業資金(運転資金)。

融資形態
証書貸付。

ご融資金額
50万円以上1,000万円以内で
月商(直近決算書)の2ヶ月分の範囲内(10万円単位)。

ご融資期間
5年以内。

ご返済方法
毎月元金均等返済。

金利
変動金利。

連帯保証人
1名以上。

担保
不要(山口県信用保証協会保証付)。

その他
◾審査の結果によっては、ご希望に添えない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

◾必要書類など、詳しくは窓口または得意先係にお問い合わせください。

via 法人・事業主向けご融資 | 融資商品(ローン) | 商品のご案内 | 東山口信用金庫

これは信金を利用した際の融資サービスの一例です。
金利は変動金利となっていますが、この時点の場合は2.550%となっていました。
50万円からの借り入れで2.550%で借りられるところは他には見当たらないと思います。
個人事業主の方は信金を積極的に利用する事も資金繰り解決への道では無いかと思います。