人のふり見て我がふり直せ!資金繰りの失敗事例から学ぶ

個人事業主にとって非常に重要な「資金繰り」 これに失敗すると、いくら事業で利益を上げていても、 運営が出来なくなり、最悪の場合倒産という事態にもなりかねません。 ここでは資金繰りの失敗事例を通して、健全な資金繰りの 方法についてご紹介します。


個人事業主にとって資金繰りは死活問題!

事業を運営している人にとって、事業の運営資金を調達することは
非常に大事なことなのは誰でもご存知の通りです。
運転資金というのは水に例えられるように、流れを絶やすことが出来ない
重要なものです。
これから事業を始めようとされる方にも、ぜひ資金繰りの大切さを
知っておいていただきたいと思います。

個人事業主にとって資金繰りは死活問題!
via pixabay.com

黒字倒産」という言葉が存在する事からも分かるように
企業は幾ら赤字であっても、資金が続く限りは倒産する事はありません。
しかし、逆に資金が無くなってしまうと
計算上黒字が出ていても、たちまち倒産に陥ってしまいます。
このような事態を防ぐために、企業にとって「資金繰り表」は
とても重要なものなのです。
資金の出入りの時期と額を把握し、計画・管理する事によって
資金が底をつくという状況を未然に防ぐ事ができます。

via 資金繰り表の重要性 l 会計事務所の人材育成の課題を解決するソリューションカンパニー

「黒字倒産」なんてことは、決して絵空事ではなく
現実に誰にでも起こりうる事態です。
しっかりと資金繰りの重要性について理解しておいてください。

他人事ではない「資金繰りの失敗談」

あまり悪い面ばかり強調してもいけませんが、
タイトルのとおり「人のふり見て我がふり直せ」です!
しっかりと現実を見て、襟を正す必要があります。
まずは、人の失敗から学びましょう。

他人事ではない「資金繰りの失敗談」
via pixabay.com

① 第三者に株を持たせすぎて経営に介入されてしまった。

② 仲間といっしょに会社を立ち上げたが、いさかいが絶えない。

③ 初年度が赤字決算となってしまい、銀行からの融資が受けられない。

④ 初期投資をしすぎた。黒字だが、資金不足に陥っている。

⑤ 間接人件費が高くなってしまっている。

⑥ 高利のお金を借りてしまった。

⑦ 経理を1人のスタッフに任せていたら、お金をごまかされた。

⑧ 出だしが順調だったので積極投資して資金繰りが悪化した。

⑨ 主要取引先が倒産して業績が落ちた。

⑩ 人材がいつかない。みんなやめてしまう。

⑪他の会社を買収したら、簿外負債があった。

via http://www.kaishasetsuritsu-expert.com/article/13420022.html

ここまで読んで、自分にも当てはまる節があると感じている人は
注意が必要です。
ひとつでも心当たりがある人は、次に紹介する方法を実践していきましょう。

資金繰りで失敗しないためには?

ここまで読んで、資金繰りの重要性について理解して頂けたと思いますが、
重要なのは、資金繰り悪化に陥らないように対策を講じることです。
資金繰りで失敗しないためのポイントをプロから学びましょう!

資金繰りで失敗しないためには?
via pixabay.com

 いずれにしてもこれからの起業家にとって「資金繰り」には十分な余裕を確保しておくことが重要、つまり「売上」と「経費」とのバランス感覚を常に健全に保っておかなければならない。しかし現実の商売の世界では売上が順調に上がっていても、資金繰りが日々悪化していくケースが珍しくない。

各業界には昔から積み重ねられてきた商慣習によって決済方法が複雑化している。理想はすべて商品やサービスの流れと同時に現金決済されることだが、製造→仕入→流通→販売と経路が複雑化し決済数が多くなれば、そのたび毎の現金決済が難しくなるために「掛け」や「手形」といった信用決済が売上額に占める割合は高くなる。

注文に応じて商品を販売したり製品を製造するには仕入代金、人件費、設備費等の経費が運転資金として必要になるために、実際の商取引日から決済日までの期間(サイト)が長くなればなるほど資金繰りは悪化する。

via JNEWS:起業家になるためのノウハウ集 資金繰りに失敗しないための決済サイトの考え方

これだけはやって!「資金繰り表」の作成

資金繰りには収支のバランスを健全に保つ、ということが
とても重要なファクターであることが分かりました。
しかし、それは単なる勘や経験則だけで明らかになるものではありません。
ここで、事業を運営する人には必ずやっていただきたい
「資金繰り表」の作成についてご紹介します。

これだけはやって!「資金繰り表」の作成
via pixabay.com

資金繰り表とは、資金繰りに役立てるために作成される内部資料です。キャッシュフロー計算書が上場会社等に対してその公表が義務付けられているのに対して、資金繰り表はあくまで内部資料でありその作成は任意である点で大きな違いがあります。

資金繰り表はその対象とするものが資金であるという点でキャッシュフロー計算書と同じで名称も少し似ていますが、資金繰り表が主に将来の予測であるのに対しキャッシュフロー計算書は過去の情報であるというように本質的に大きく異なります。

資金繰り表を作成していると、将来的な資金不足をかなり早いタイミングで察知することができます。これにより対策としてとりうる選択肢が広がるという大きなメリットがあります。また逆に将来的に資金に余裕が出てくると見込まれる場合には、その余裕資金を事業活動に再投資するなどしてより資本効率の高い経営を行なうことが可能となります。

via 資金繰り表・資金繰りとは

誰にでもできる「資金繰り表」の作成

資金繰り改善のために必須とされる「資金繰り表」の作成ですが、
べつに専門的な職業の人に作成してもらう必要はありません。
誰でも簡単にパソコンがあればできるモノです。
カンタンに出来るテンプレート集をご紹介しましょう!

エクセル資金繰り表テンプレート、フォーマット、書き方|無料ダウンロードは書式の王様

エクセル資金繰り表テンプレート、フォーマット、書き方|無料ダウンロードは書式の王様「資金繰り表」のエクセルテンプレート、フォーマットと作り方のページです。資金繰り表(キャッシュフロー計算書)とは、一定の期間の現金収支の動きを比べ、その時点の資金状況を把握するための書類のことです。専用ソフトを使わない場合はエクセルで作成・管理されることが多い書類です。すべてのコンテンツが無料ダウンロードでご活用いただけます。

自分の仕事を「見える化する」ということはとても大事ですね。
まずはこれから初めて、事業成功への第一歩としましょう!