個人事業主の方が設備投資を楽にする為に融資を受ける方法

資金繰りに迷われている個人事業主の方に取っては設備投資をするのは冒険かも知れません。 ですが、どこかで勝負をしたいと考える方も多いと思います。 そこで融資を受けて設備投資を受けるという方法があります。神奈川県の場合を紹介します。


設備投資

設備投資
via pixabay.com

設備投資とは新しい設備を事業に入れる事で、より効率を上げたり、新しい利益を確保する投資行為を言います。重要なのは設備投資によって新たに利益を作り出す事です。

例えば二人でやっていた作業を新しい機械を導入する事で一人で出来る様になれば、もう一人の人件費が浮く事になります。そうすれば別の作業を担当す る事で数段効率が上がる事になります。そこで生まれる利益を計算して投資する金額が生み出す効果を考えていかなければいけません。

via 開店資金や設備投資をどうするか?銀行借入・ノンバンク借入など(個人事業主の借入) | 事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2016年

設備投資を行うというのは、新規事業の開拓や資金繰りの圧縮にもなります。
人件費を削ることは資金繰りにおいてとても重要です。
設備投資にはお金がかかりますので、融資などを受けるのが良いですね。

KIPの支援

「創業者」や「経営の革新に取り組む小規模企業者等」の皆さんが設備を購入する際、必要とする設備を神奈川産業振興センター(KIP)が皆さんに代わって購入して、割賦販売またはリースをする制度です。
KIPは設備導入検討時から設備を活かした製品・商品の販路開拓に至るまで、専門家とともに、皆さんに寄り添って支援していきます。

via 設備投資に対する支援 | KIP|公益財団法人 神奈川産業振興センター

KIPの支援
via pixabay.com
神奈川県で個人事業を行う方向けに、設備資金を融資もしくはリース料を負担してくれる制度があります。
設備投資に関する融資を受けることが出来る制度としては有り難い内容となっています。

利用条件

利用条件
via pixabay.com

1.常時使用する従業員50人以下の会社・個人(但し、従業員21人以上〔卸売業・小売業・サービス業(宿泊業及び娯楽業を除く。)は6人以上〕の場合は一定の要件があります。)
2.風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条各項に規定する業種、公序良俗に反する業種、協同組合、非営利法人等に該当しないこと。
3.事業税(県税)を滞納していないこと。
4.建築基準法、公害防止条例等、法令に違反していないこと。

via 設備投資に対する支援 | KIP|公益財団法人 神奈川産業振興センター

個人事業主の方で小規模で事業を行う方向けになっています。
その他の要件は特に違法な行為をしていない限りは問題ありません。
審査はあります。

利用するメリット

・創業者でも利用可能
創業者でも可能な融資は限られますから、これは大きな特徴です。

・最大1億円まで利用可能
要件記載の従業員数を考えると、
1億円まで可能というのは会社規模に比して大きな取り組みが可能です。

・据置期間が選べる
設備投資後収益獲得まで期間を要するケースがほとんどでしょうから、
据置期間があるのは大変ありがたいです。

・金融機関を利用しないため、資金調達余力を残すことが出来る
保証協会の保証を使いませんので、保証余力を残すこともできます。

・専門家による導入前の相談から、導入後のアドバイスも受けられる
中小企業診断士のアドバイスを受けられます。
社外の客観的な視点を得られるので、こちらも利用しましょう。

via 公益財団法人神奈川産業振興センターの 「設備貸与(割賦販売・リース)制度」について | 松尾繁樹公認会計士・税理士事務所 新着情報&コラム

メリットは沢山ありますが、創業時であっても融資を受けることが出来ます。
据え置き期間があるのも有り難いですね。
利用できるのであれば利用しておきたい内容となっています。

内容

利率:年1.3%から1.9%(信用リスクに応じて)
返済期間:法定耐用年数以内(商工会経由の申し込みの場合2年延長可能)
保証人:経営者保証ガイドラインによる(後述)
据置期間:保証金5%で6か月、10%で1年

via 公益財団法人神奈川産業振興センターの 「設備貸与(割賦販売・リース)制度」について | 松尾繁樹公認会計士・税理士事務所 新着情報&コラム

利率はとても低くなっているのも特徴です。
据え置き期間も1年まで選択する事が出来るので利用しやすいですね。

圧縮記帳

圧縮記帳とは、補助金で設備投資を行った際に、補助金の金額分だけ購入価格を差し引く制度のことです。たとえば、200万円の補助金をもらって1000万円の設備を購入した場合、本来の購入価格は1000万円ですが、税法上の購入金額は1000万円-200万円=800万円にできます。

via 設備投資をしたい時|資金調達プロ

KIPの場合は融資になりますので、圧縮記帳は導入できませんが、補助金で設備投資をした場合は購入金額を減額することが出来ます。
こういった点も知っておきたいところです。
設備投資を行いたい個人事業主の方は、公共の融資を受けるのも一つの方法ですね。