車を購入するなら【ビジネスオートローンを利用しよう】

個人事業主の方で車、バスやトラックなどを利用して事業を行われる方も多いのではないでしょうか。 そこで車両の購入に利用したいのがビジネスオートローンです。 事業主としてローンを組むことが出来るので、とてもメリットの多い融資となっています。


オートローン

オートローン
via pixabay.com

オートローンとは、信用販売の商品の一つで、自動車の購入に対するローンのこと。狭義にはオートクレジットなどの名称で、総合信販会社や自動車メーカー系列のファイナンス会社(総じてノンバンク)が提供する自動車購入の際の分割払いを指す。

日本においては、銀行・信用金庫・JAバンク・労働金庫などの預金金融機関がマイカーローン・自動車ローンの名目で、主に個人向けに自動車購入資金を融資する商品として取り扱いがなされている。

via オートローン – Wikipedia

オートローンは車を購入する際に組むローンのことを主に指します。
個人の方が車を購入する場合、分割で購入する場合は大抵このオートローンを組むことになります。
事業主の方でもオートローンは組むことが出来ます。

ビジネスオートローン

ビジネスオートローン
via pixabay.com

お使いみち 商用車両購入資金 その他事業資金
融資形態 証書貸付 変動金利(長期プライムレートを基準に、適用利率を見直します)
ご融資金額
100 万円以上(1 万円単位)
ただし、車両購入資金相当額(含、諸費用)
を上限とします。
100 万円以上(1 万円単位)
ただし、保証会社の保証承諾金額以内とします。
ご融資期間 7年1 か月以内 保証会社の保証承諾期間内とします。
ご返済方法 元金均等返済
ご融資利率
長期プライムレート+0.50%以上
〔例〕長期プライムレートが2.20%の場合 適用利率‥年2.70%以上
担保
購入車両に対し所有権留保登録をさせていただきます。
既存車両に対して保証会社名義で所有権登録をさせていただきます。
保証人
個人の場合‥不要
保証料
融資実行時に一括でお支払いいただきます。
なお、ご融資後に期限前返済(全額・一部)された場合の保証料返還はありません。
担保設定手数料 なし
保証会社に対して、次の担保設定手数料
を負担いただきます。
手数料=自動車取得税および自動車税の
実費見込額+1万円

via http://www.hiroshimashi.shinkumi.jp/pdf/business_auto.pdf

オートローン
via pixabay.com

信用金庫などでは、個人事業主の方向けのオートローンを取り扱っています。
事業で車が必要な方は、このサービスは利用しておきたいところです。

プライムレート

最優遇貸出金利は、「プライムレート」とも呼ばれ、金融機関が最も信用度の高い優良企業(一流企業)に資金を貸し出す際に適用する「一番優遇された金利」のことをいいます。これは、貸出期間が1年未満のものは「短プラ(短期プライムレート)」、1年以上のものは「長プラ(長期プライムレート)」と呼ばれ、その利率(レート)は各金融機関がマーケットの金利動向を見て個別に決定しています。また、各企業への貸出金利(融資金利)は、このレートもとに、信用リスク等の大きさに応じて、上乗せ金利を付け加えて決定されます。

via 最優遇貸出金利とは|金融経済用語集

プライムレートとは最も低い金利とも言える金利のことです。
オートローンを個人事業主の方が利用する際には、このプライムレートを元に金利を定めている金融機関がほとんどです。

対象となる車両

対象となる車両
via pixabay.com

担保の対象となる車両
トラック・バス等
対象車両の要件
(1)自己所有であること(リース物件ではないこと)
(2)割賦購入の場合は返済中でないこと
(3)対象車両の購入を資金使途とした当行融資残高がないこと
(4)第三者の権利等が存在しないこと

via ビジネスオートローン | 山陰合同銀行

オートローンの場合、担保になるのは車両そのものになります。
支払えなければ引き上げられるということにもなります。

申し込み必要書類

申し込み必要書類
via pixabay.com

・「決算書」または「確定申告書」(直近3ヵ年分の写し)
・発行日から3ヶ月以内の「登録事項証明書」または「商業登記薄謄本」(法人のみ)
・資金使途別書類
【新規車両取得資金】・・・「対象車両の見積書」
【事業性資金】・・・「自動車検査証」・「車両管理台帳」等(写しで可)

via しまなみビジネスオートローン – しまなみ信用金庫-インターネットバンキング・各商品のご案内 広島県東部を中心に展開する地元金融機関

必要な書類は金融機関で異なりますが、多くの金融機関では確定申告書もしくは決算書の提出が求められます。

事業資金を金融機関から融資を受けるのは大変ですが、車などの事業に必要な物は融資の対象となる事があります。
事業で車があると効率が良くなると思います。
特に運送業などを経営されている個人事業主の方は、積極的に利用していきたいですね。
資金繰りで車の購入を悩まれている方は利用されてはどうでしょうか。