信用保証協会とサービサーはどの様な事をしているのか

資金繰りが苦しくなり最悪倒産という事がありますが、信用保証協会とサービサーは、債権回収や債務回収において重要な存在です。今回は組織の特徴、性質を述べていきたいと思います。それぞれの特徴を知ったうえで、うまく付き合っていくことをお勧めします。


サービサーとは?

本来弁護士しかできなかったのだが…。

債権回収は
via nittelenotaisyo.masa-mune.jp

債権回収は

●弁護士の仕事でした。しかし破産や倒産が相次いだので、弁護士の手だけでは足りなくなったのと、さらに柔軟な資金回収が必要になったわけです。

 

しかし、バブル崩壊後に不良債権が急増したため、債権の処理をスピーディーに進めるために法改正が実施され、一定の基準を満たせば民間企業でもサービサー業務ができるようになりました。

1998年に

「債権管理回収業に関する特別措置法」、いわゆるサービサー法が交付され、翌1999年2月から施行されました。

via サービサーとは? | 日本政策金融公庫融資支援ドットコム

●この前後は金融ビックバンもなされ、実に変革の時代といえますね。こうして民間も可能になったわけですが、取締役に弁護士を入れないといけないので、まったくの素人というわけではなく、ルールも厳格な点も知っておきましょう。

取り扱い先は?

債権回収会社が取り扱える債権は「サービサー法」に定められています。
債権回収会社では、特定の事業者である場合など特別な場合を除き、原則として一般的な個人の方の債権はお取扱できません。

取扱債権
•金融機関が有し、又は過去に有していた貸付債権
•リース・クレジット債権
•法的倒産者が有する金銭債権 等

via サービサーとは? | 九州債権回収株式会社

●基本的に、個人事業者やある程度の企業向けに扱っている組織という事ですね。

設立には条件が必要

資本金が5億円以上の株式会社であること

取締役の1名以上に弁護士が含まれていること

暴力団等をその業務に従事させ、またはその業務の補助者として従事させていないこと

via サービサーとは? | 九州債権回収株式会社

●資金が潤沢で、悪の勢力と付き合っていないのは大きな条件です。ですから、私たちも安心して付き合いやすいわけですね。

法務大臣から許可を受けるためには,サービサー法に規定されている厳格な要件が必要となります。株式会社であれば,どこでもサービサーとなれるわけではありません。取締役となる弁護士に適格性があるかどうかは,法務省から日弁連に対する意見聴取が行われ,それに基づいて各弁護士会からの推薦がなされるようです。

via 債権回収会社(サービサー)とは? | 債務整理・過払い金ネット相談室

●ただ弁護士を入れればいいというわけではなく、しっかりと厳選して選ぶという点も重要な要素です。

どう付き合っていくか?

金融機関にとっても重要な存在

それまで自社で債権回収業務を行っていた金融機関等は、専門家であるサービサーに委託、譲渡することでコストを削減できます。

via サービサーとは|しまなみサービサー(しまなみ債権回収株式会社)〜地域にねざした債権回収/再生のトップランナー

●自分たちで債権回収に回る労力を勘案するならば、ある程度長けている人にお任せすればいいですし、本来0である債権が少しでも取り戻せたら便利なはずです。またもめる事も少ないという点も重要ですね。

個人経営者にとっても有利に働きやすい

取り立ても
via www.okinawa-svc.co.jp

取り立ても

●基本的に紳士的に接してくれます。しかし、だからといってこちらが高圧的な態度をすることはいけません。やはり謙虚さが大切です。

 

 

 

例えばあなたが銀行に3,000万円の負債があり、返済ができなくなったとします。

サービサーに債権譲渡された、という通知があり、サービサーからも連絡が来ました。

もちろん、 「全額返済してください。」 という内容です。

 

しかし、ここからは交渉次第です。

via サービサーとの正しい付き合い方とは 【事業再生の秘訣】 | 株式会社あおい総合研究所

●3000万円の負債がある場合、3000万+利子を返すのが普通です。しかし、この人たちはこの債権をかなり安い額で購入しています。ですから、交渉次第ではかなり値引きしてくれることもあり得るので、活用したいですね。

利用の際の注意点は?

債権回収会社(サービサー)は、債権回収のプロであるため、あらゆる手段を講じて時効の中断を図ります。

時効成立前の請求はもちろん、すでに消滅時効が成立している債権であっても請求してくることがあります。

サービサーからの請求に応じて、債務の一部返済や分割での支払いをしてしまった場合は、時効中断事由のひとつである「承認」に該当するため、今までの時効期間は無効になります。

via 債権回収会社(サービサー)から督促状が届いたら | 時効援用方法

●相手は法律のプロですから、催促が着た場合は詳しい人と相談しましょう。そのうえで、話し合いをするか、時効が狙えるならうまくかわすという手段もあります。一番いけないのは焦って対応する事です。

信用保証協会には、最後まで誠意を見せ続け、弁済金額には関係なく出来る限りの対応を心掛けるべきだと思います。
しかし、サービサーに、そんな姿勢を見せれば勘違いをされてしまいます。
身ぐるみ剥がしてでも、回収しようというのがサービサーの基本姿勢ですから、出来る限りの対応をすれば、逆効果になってしまうことが多いのです。

via サービサーと保証協会の違い・・・ | 善戦苦闘日記 – 会社再生コンサルタントのブログ

●それぞれの性質を理解しておきましょう。

信用保証協会とは?

お金を回収する
via www.cuore-office.com

お金を回収する

●仕事があるのはどちらも同じです。傷を抑えて付き合う必要があります。

 

 

 

 

 

信用保証協会(しんようほしょうきょうかい)は信用保証協会法(昭和28年法律第196号)によって設立される認可法人で、法人税法別表第2に掲げる公益法人等である。中小企業が市中金融機関から融資を受ける際に、その債務を保証することで、中小企業の資金繰りの円滑化を図ることを目的としている。

via 信用保証協会 – Wikipedia

●小さな会社の大きな味方という事がポイントですね。反対にサービサーはある程度ルールは守るとは言え、利益を重視している傾向があるというわけです。

サービサーとの違いはあるのか?

信用保証協会は、中小零細企業の金融の円滑化を図ることを目的とした組織であり、基本的には中小零細企業の味方になります。

 

したがって、代位弁済をして債権者となっても、債務者の立場をある程度は理解し、事業の継続を優先したり、状況に応じた弁済額で容認してくれたりします。

 

公的な機関ですから、分別をわきまえた対応してくれますので、代位弁済をされたからといって恐れる必要はないといえます。

 

ところが、サービサーは全く異なった立場であり、信用保証協会の対極にいるといっても過言ではありません。

 

営利を目的とした民間の組織であり、しかも債権回収を目的としている組織ですから、たとえ不良化した債権であろうとも、あらゆる手段を講じて、少しでも多く回収しようとしてきます。

via サービサーと保証協会の違い・・・ | 善戦苦闘日記 – 会社再生コンサルタントのブログ

●この違いを理解しないと大変なことになります。サービサーも安く債権を買っているとは言え、儲けを出さないといけないですよね。

終わりに

この様に、サービサーや信用保証協会はそれぞれに性質の違いがあります。ですからそれを理解したうえで、うまく利用してください。