個人事業主の資金繰り! 独立したての人が気をつけること

個人事業主として独立したら、多くの方が資金繰りに苦労することでしょう。少ない費用でどう事業をまわしていくか。無計画な資金繰りは大きなリスクを生みます。独立したての個人事業主が、資金繰りで気をつけるべきことをまとめました。


個人事業主が資金を融資してもらうのは非常に難しい

個人事業主が資金を融資してもらうのは非常に難しい
via www.pakutaso.com

企業から独立し、個人事業主と活動を始めると直面するお金の問題。個人でビジネスを立ち上げ、そして継続していくというのはそう簡単なものではありません。多くの方が、資金繰りに困り、融資を検討されたことがあるのではないでしょうか。

しかし、個人事業主が金融機関や銀行から融資を得るのはそう簡単なことではありません。無担保の個人向けカードローンでも、自営業者の方に制限をかけているケースもあります。

まず最初にこれから借り入れを行うのに前年の年収は関係ありません。あくまでもこれからの返済能力で判断するのが審査です。毎月安定した収入があるかどうかが審査を通過するポイントとなります。 現在個人事業主ということで収入ほとんどない状態とのことですね。この条件でははっきり言って銀行からの借り入れは難しいでしょう。ですから銀行以外での借り入れを検討することをおすすめします。

via 個人事業主は銀行から借り入れをするのは難しい?|カードローンの知恵袋

自営業、個人事業主でも借りられるカードローン|お金を借りるセレクト

自営業、個人事業主でも借りられるカードローン|お金を借りるセレクト

個人事業主TOP | 【キャッシングワン】銀行カードローンや借入・融資のポータルサイト

個人事業主TOP | 【キャッシングワン】銀行カードローンや借入・融資のポータルサイト

個人事業主の資金繰りは銀行もしくは信用金庫がベスト

個人事業主の資金繰りは銀行もしくは信用金庫がベスト
via pixabay.com

個人事業主が資金繰りを行なうのであれば、銀行がよい選択です。民間のローン会社と比べ、金利も低く借り入れが可能となるので、個人事業主にも優しいのです。

また、地域に根差す地方銀行や信用金庫は、地域密着型で地元の事業主に積極的に協力しようとする空気もあります。日頃より、お客様として利用し、関係を築いていくことで信頼が生まれ、融資の話にも動きやすくなるようです。

みずほ銀行など全国に店舗を展開している都市銀行よりも、地方銀行や信用金庫・信用組合、特に日頃からお付き合いをされている店舗で融資を申し込めば、審査も通りやすいでしょう。お得意様なので審査日数も通常より短縮化されたりと、良いことづくめです。

via 資金繰りに苦労する個人事業主が、融資の際に気を付けることは | ※消費者金融※今借りるならココ!巷で人気の会社最新TOP3

5.個人事業主や中小企業でも融資を受けることは可能? | 資金に関する知識 | 銀行借入ドットコム -失敗しない資金調達&銀行融資対策ノウハウ-

5.個人事業主や中小企業でも融資を受けることは可能? | 資金に関する知識 | 銀行借入ドットコム -失敗しない資金調達&銀行融資対策ノウハウ-もちろん可能です。日本公庫(国民生活事業部)は個人事業主や中小企業を対象とした、300万円~3,000万円程度の小口の融資を専門とする金融機関です。個人事業主であれば無担保・無保証、法人であれば代表者…

個人事業主が融資を受ける方法|ナビナビキャッシング|消費者金融 / カードローン

個人事業主が融資を受ける方法|ナビナビキャッシング|消費者金融 / カードローン個人事業主が融資を受ける方法について。キャッシング・カードローンの事なら、ナビナビキャッシングにおまかせ!厳選したサービスを徹底比較してご紹介!あなたの条件にピッタリと合う会社が見つかります!

公的な資金融資は個人事業主にはハードルが高い!

公的な資金融資は個人事業主にはハードルが高い!
via pixabay.com

国が運営している公的な事業融資も存在します。有名なとこで言うと「日本政策金融公庫」と「中小企業制度融資」でしょう。どちらも国が中小企業を支援する目的で運営されているものなのですが、実際に個人事業主が借り入れを行なうには、かなり煩わしい手続きと準備が必要。借り入れまでの時間がどうしてもかかってしまうのは否めません。

また、「日本政策金融公庫」に関しては、借り入れを行なう金額の3分の1は自分で用意しなければならないというルールもあります。スピード感をもって、事業を推進させていきたい事業主には、少し不向きかもしれませんね。

日本政策金融公庫の創業融資制度のうち、無担保無保証で最大3000万円までの融資が受けられる「新創業融資制度」は、起業家にとって非常に有利な制度です。

via 日本政策金融公庫で新創業融資を調達するノウハウ [起業・会社設立のノウハウ] All About

個人事業主が融資を受ける際に重要なのは、現実的な「事業計画書」

個人事業主が融資を受ける際に重要なのは、現実的な「事業計画書」
via pixabay.com

では、個人事業主が融資を行なう際、どのようにすればうまく借り入れができるのでしょうか。もちろん融資を相談する相手との信頼関係が成り立っていることが前提。そのうえで、しっかとした「事業計画書」を作成できているかという点が重要です。

自分がどのような事業を行ない、キャッシュフローを描き返済をするのか。理想論ではなく、現実的なスケジュールと計画を相手に示すことが必要なのです。しっかりと論理的にかつ冷静に相手に説明をすることができれば、融資の許可が下りることも増えるのではないでしょうか。

やろうとする事業が、「なぜ私にできるのか」という根拠と、事業を継続し、きちんと利益を上げて将来キャッシュフローで借入金を返済できる将来図を、客観的、合理的に計画書として取りまとめ、説明することができるかどうかがポイントとなります。

そして、この創業計画書で重要なのは、「商品・サービスの素晴らしさ」ではなく、「商品・サービスが売れる理由」に重点をおくことです。

お客様は、なぜこの店を選んでくれるのか、なぜこの商品を買ってくれるのか、なぜこのサービスを受けてくれるのかというセールスポイントを徹底的に考え抜き、そこをアピールしなくてはなりません。

via 融資の心得 : 個人事業主または法人の融資での有利不利について | 起業・会社設立ならドリームゲート – ベンチャー・起業家支援サイト

起業成功するための事業計画書の書き方:必ず盛り込むべき7つの項目 | inQup

起業成功するための事業計画書の書き方:必ず盛り込むべき7つの項目 | inQup事業計画書に含めるべき基本項目と書き方に関する簡単なアドバイスをお届けします。

 

相手に必ず響く!事業計画書の作り方|スモビバ!

相手に必ず響く!事業計画書の作り方|スモビバ!事業計画書をつくるのには普段使っているパソコンに入ってパワーポイントがあれば十分です。しかし、簡単につくれてしまうからこそ、どこかで見たような事業計画書になってしまいがちです。そもそも事業計画書がなぜ必要なのか、という基本から考え直してみることで見違えるほど見やすい事業計画書をつくることができます。