これでわかる!フィンテックによる融資の詳細情報について

みなさんはフィンテックという言葉を聞いたことがありますか。なんとなく聞き覚えはあっても意味はよく知らないという人も多いかもしれませんね。今回はフィンテックの簡単な説明と融資について紹介します。今話題の金融トピックの詳細を抑えましょう。


フィンテックとはそもそも何か?

フィンテックとはそもそも何か?
via pixabay.com

「フィンテック(Fintech)」とは、金融を意味する「ファイナンス(Finance)」と、技術を意味する「テクノロジー(Technology)」を組み合わせた造語である。古くは、金融機関の保有する勘定系システムや営業店システムといった伝統的な情報システムについてフィンテックと称する例も見られたが、このところは用法に変化が認められ、概ね「ICTを駆使した革新的(innovative)、あるいは破壊的(disruptive)な金融商品・サービスの潮流」といったくらいの意味で利用されている。

via フィンテック(Fintech)とは : 富士通総研

革新的、あるいは破壊的と称されていますが、フィンテックは大企業から中小企業、さらには個人にまで大きな影響を与えるでしょう。その影響や変化に対応できるよう、正しい知識をアップデートしていくことが必要です。

具体的にどんな技術、サービスがあるのか?

具体的にどんな技術、サービスがあるのか?
via lovefreephoto.jp

【決済&送金サービス】
金融機関の口座番号を使うのではなく、SNSのIDやモバイルアプリなどを使って、個人間でお金のやりとりをすること。
【資産管理&運用】
金融機関(銀行やカード会社、証券会社など)とネット上で連携し、資産を管理する。
【投資&融資】
金融機関を介さずに、インターネットを通じて個人や企業がお金を集めたり、貸し出したりできるサービス。
【仮想通貨】
国や中央銀行が管理する通貨ではなく、オンラインサービス上で貨幣価値を持つ電子通貨サービス。

via 金融とITの融合「フィンテック」って何? どんなサービスが生まれてるの? | THE PAGE(ザ・ページ)

中には身近に感じられるサービスもあるのではないでしょうか。現状ですでに様々なサービスが存在しており、これからもフィンテックは進化していくでしょう。実際にサービスを利用するにせよしないにせよ、正しい知識を身につけておくことが肝要です。

フィンテックによる金融機関への影響

フィンテックによる金融機関への影響
via sozaing.com

デジタルによる創造的破壊は、銀行の役割や存在意義そのものを低下させるかもしれません。その一方で、銀行が今よりも速く、安く、より良いサービスを提供できれば、企業や消費者の毎日の業務や暮らしにおいてさらに不可欠な存在となることもできます。

デジタル革命の影響をプラスに転換するためには、金融機関は従来の自己完結的な組織体質からは脱却しなければならないと理解し始めています。ただ業界の規制に対応しながら、金利の上昇を待つだけでは事業が衰退してしまうことも承知しているのです。

via フィンテックと銀行の将来像|アクセンチュア

フィンテックによる新しいサービスの台頭が銀行のサービス向上につながれば、消費者に良い影響を与えるでしょう。金融機関がフィンテックによる影響を業務にプラスに作用させれば、我々の生活はより豊かになるはずです。

フィンテックを活用した融資

フィンテックを活用した融資
via photosku.com

収集する情報は、既存のカードローンなどの審査でも用いている信用情報(クレジットカードなどの契約・利用状況など)や属性情報(勤務先、年収、住居など)だけではなく、みずほ銀行やソフトバンクでの取引情報、SNSでの投稿情報なども含まれる。

信用情報や属性情報以外の情報もスコアとして反映されるため、従来型の審査では「蚊帳の外」だった人でも、融資を受けられる可能性があることが大きなメリットだ。また、より多く情報を提供することで、より有利な条件で融資を受けられることも利点となる。

via みずほ銀×ソフトバンク「フィンテック貸金業」のメリットは? – ITmedia Mobile

フィンテックを活用することで、これまでは対象にならなかったような幅広い目的に対して融資を受けられるようになるかもしれません。多くの個人情報が必要なことでプライバシーの問題もあるかもしれませんが、より多角的に審査をしてもらえるのは大きな利点でしょう。

フィンテックによる金融サービスの新しい形

フィンテックによる金融サービスの新しい形
via photomaterial.net

フィンテックは、利便性の高いサービスを安く、スピーディーに提供してくれる。

「一番重要なのは、現状のサービスを改善し、利便性を向上させること。ユーザーに、より大きな安心や幸福感を与えることができるかどうかという視点を忘れてはいけないと思う」

様々な選択肢が可能になってくるなかで、不安を可視化したり、予見性を高めることで、人生をより楽しむことが可能なはずだ。

via フィンテックはMONEYの未来を変えるか?お金の不安を減らすテクノロジー時代が到来(上) | 未来メディア塾

フィンテックの活性化によって形が変わっても、金融サービスが人々を幸せにするためのものだということは変わりません。そのことを認識したうえで自らに必要なサービスを利用していきましょう。