事業資金の借入【個人事業主が融資を受けられるところ】

個人事業主の方に取っては、事業資金の管理はとても重要な事の一つですね。 事業資金が無ければ事業の継続は難しくなってしまいます。そこで、事業資金の借入を行う事が出来る融資機関について調べてみました。融資を受けるときには審査も大切です。


事業資金について

事業資金について
via pixabay.com

事業資金とは、事業を立ち上げるたり、事業を運営するために必要となる経費のことです。
例えば個人で飲食店を新規オープンする場合、店舗物件の取得費用、取得した物件の内外装工事費、調理器具や備品などの購入費、従業員の募集費用、広告宣伝費、原材料の仕入れ費用などが、事業資金に含まれます。

via 事業資金とは?専門用語の意味と解説|エムアールエフ

事業資金は個人事業主の方であれば事業を行っていくのに必要な資金と言えそうです。
事業資金は使用用途が多岐にわたりますが、資金不足にならないようにすることが事業継続のために必要です。

事業資金調達

事業資金調達
via pixabay.com

「個人事業主が資金繰りをどうする?」と考える際にまず頭に浮かぶのは銀行や信用金庫ではないでしょうか。銀行は金利が低く借りられる融資額も大きく、なによりも安心して長期間借りられる点がメリットです。

また、信用金庫は、その地域に根差した地域定着型の金融機関と言って良く、地元の経済情況や地元にある中小企業の経営状態に明るいので個人事業主にとっては銀行よりも借りる敷居が低くて、かつ融資を受け易い金融機関と言って良いでしょう。

via 個人事業主は必見!金融機関での資金繰りのポイントはこれだ! | お金の学校

事業資金を調達、借り入れする場合は金融機関が良いですね。
大手の銀行は融資をしてくれないこともありますが、地元の信用金庫などを利用すれば、事業資金の借入を行う事が出来る可能性が高まります。

信用金庫の借入サービス例

商品名 地域活性化ローン「粋」
・お使いみち
店舗改装資金(テナント・賃借物件含む)、新規開業・創業資金等
・ご融資額
1,000万円以内
テナント・賃借物件(当金庫営業地域内物件に限る)の改装につきましてはご融資額500万円以内
・金利タイプ
全期間固定金利型
・ご返済期間
1年以上10年以内
・ご融資条件
営業地域内に不動産を所有の方(法人の場合は代表者でも可)
・保証人
法人については原則代表者(個人事業主については積極的に申しでる方)

via 地域活性化ローン「粋」 | ご融資 | 東京東信用金庫

上記は信用金庫のサービス例です。
信用金庫は全国各地にありますので、事業を営まれている地域の信用金庫を利用しましょう。

信用保証協会の借入サービス例

たとえば、大阪の信用保証協会の場合は以下のようになっています。
1.一企業に対する保証の最高限度
・個人・法人・・・2億8千万円
・組合等・・・4億8千万円
2.保証期間
原則として、運転資金は10年以内、設備資金は15年以内
ただし、不動産取得資金として20年保証の資金もあります。
3.資金使途
運転資金、設備資金
4.連帯保証人
法人代表者以外の連帯保証人は、原則として不要です。
5.担保
必要に応じて求められます
6.貸付金利
金融機関が決定することになります

via 信用保証協会って?面接は?面談は?保証協会付きの銀行の融資とは?

信用保証協会は、個人事業主の方など小規模事業者の方に、事業主に代わって保証人になってくれる機関です。
保証協会を利用すれば、大手銀行からでも融資を受けることが出来る可能性が高くなります。

信用保証協会の利用条件

信用保証協会の利用条件
via www.zenshinhoren.or.jp

利用できる企業規模です。

 

 

 

 

 

業種
ほとんどの商工業の業種についてご利用になれますが、農林漁業や金融業など一部の業種は保証対象外となります。
また、許認可・届出等を要する事業を営んでいる(または、営む)場合は、当該事業に係る許認可等を受けている(または、受ける)ことが必要です。

区域・業歴
反社会的勢力とは取引いたしません 原則として、各信用保証協会の管轄区域で事業を営んでいる必要があります。申込先の信用保証協会が管轄する都道府県(市)において事業実態があることが条件となります。また、保証制度により要件として業歴が定められている場合があります。

via ご利用条件とご利用状況|もっと知りたい信用保証|一般社団法人 全国信用保証協会連合会

基本的に、違法行為を行っていなければ利用できそうです。
信用保証協会も信用金庫などと同じように、全国各地に所在していますので申し込む際には、お近くの信用保証協会を利用しましょう。

審査のポイント

審査のポイント
via pixabay.com

財務諸表ではいろいろと見るポイントはありますが、以下の項目はとくに見られる科目なので、金融機関に提出する前に確認しておくことをおすすめします。

・債権(受取手形、売掛金):回収不能なものがないか
・棚卸資産(商品、原材料など):不良在庫がない
・貸付金および仮払金:回収可能か、実体はあるのか
・借入金:借入残高が多すぎないか
・経常利益:経常利益が黒字になっているかどうかが1番重要
・営業利益:本業で赤字だとマイナスに評価される
・減価償却費:減価償却をしないで黒字にしていると、マイナスに評価

via 個人事業主が融資を受けるためのポイント

どんな金融機関の融資でも、審査なしにお金を借入出来るところはありませんね。
事業資金を借り入れする際にも審査があります。
審査の時には、決算書を持って行くことが一般的です。その際に見られるのが上記のポイントですので審査前には確認しておきましょう。

個人事業主の方で事業資金を借り入れする場合、まずは地元の金融機関などに相談されてはどうでしょうか。