<事業計画書>起業の仕方、日本政策金融公庫を知ろう!

そろそろ、独立してみようかな?自営業始めようかな?とお考えの皆さんに、まず何からしていいかわからない、どこに相談にいくべきなのか?日本政策金融公庫とは?事業計画書の書き方とは?などをまとめていきたいと思います。


起業するとは?

起業するとは?
via business-peoples.com

起業するということ-その意味は、人によって、それぞれ異なるかと思います。ある人は、自分の思いどおりにビジネスができる、またある人は、自分のペースで自由にお金を稼ぐことができる、またある人は、定年がなくいつまでも働くことができるなど、起業のメリットを思い浮かべるのではないでしょうか?

via 起業の意味を理解する|起業・独立-iFinance

事業を立ち上げる、自営業を始める、会社から独立する、いろんな形で起業する方がたくさんいると思います。今は、フリーランスでお仕事をされる方も増えてますので、起業することのメリットデメリットも勉強しなくてはならないですね。

起業するために必要なもの?

起業するために必要なもの?
via blog.goo.ne.jp

起業する際に必要なもの。
当時はネットで検索したりしましたが。
1年半以上経ってみて本当に必要だったものをリスト化してみました。

代表者の実印
会社の代表印
会社の銀行印
シャチハタの角印
社判
契約書のフォーマット
会社のホームページ
名刺
会社の銀行口座
パソコン
プリンタ
税理士
ノートパソコン
資本金
会社のロゴ
実行力

via 起業をする際に本当に必要なものリスト | 株式会社woodsmall(ウッズモール)

起業するには多くのものが必要となりますが、上記の中でもやはり『資本金』は必須ということが明白ですね。
独立して自営業をするとなると、ある程度は覚悟していても、資金の調達をしておかなければならないです。
そこで、相談できるのが銀行や日本政策金融公庫です。

開業資金、日本政策金融公庫とは?

開業資金、日本政策金融公庫とは?
via business-peoples.com

日本政策金融公庫 国民生活事業では、「新規開業資金(新企業育成貸付)」などのご融資を通じて、新たに事業を始める方や事業開始後おおむね7年以内の方のお手伝いをさせていただいております。
くわしくは、支店の窓口までお問い合わせください。

via 新規開業資金|日本政策金融公庫

新規開業のための融資の相談にのっていただけるところが、こんなにわかりやすくあるなんて、とても頼もしいです。やはり、お金を借りるというのには変わりないので、いろいろな条件があり、ある程度のハードルがありますが、情熱があれば乗り越えられそうですね。

日本政策金融公庫の手続き

日本政策金融公庫の手続き
via model.foto.ne.jp

日本政策金融公庫融資申請の大まかな手順としては、以下の通りになります。
①相談→②申し込み→③面談→④融資→⑤返済
相談から融資までは日本政策金融公庫では1か月程度は期間を要します。
できる限り、余裕を持ち、審査を受けることができるように準備を行って申請を行う必要があります。

via 融資の申請手続きの流れ(日本政策金融公庫|旧国金)

日本政策金融公庫に予約をして、書類を準備して、どうしてこの事業をはじめようとおもったのか、きちんと考え、なるべく多くの材料を持参し、情熱をもって相談に行くのがベストですね。創業計画書(事業計画書)も、内容が細かいので、自分が考えていなかったところも計画できそうです。

提出書類、事業計画書を書こう!

提出書類、事業計画書を書こう!

創業計画書の「創業の動機」は具体的に
日本政策金融公庫で公表している創業計画書の記入例を見てみますと、あまりに抽象的で、適当であり、このような記入例を掲載する側にも問題があると思います。
開業は、人生にとっての一大決心のはずです。情熱が伝わってきて、書ききれないほどの動機が通常はあるはずです。
その点、逆になんとなくやFC(フランチャイズ)に加盟していれば本部が全てやってくれるから楽して儲かりそうな度というイメージで起業するのであれば、融資担当者からは起業自体がどれだけ大変なのか理解していないと思われてしまいます。
とりあえずなぜ起業したかったのかについて思いつくことを書き出し、それをまとめる形で創業の動機は記載するようにします。

via 創業計画書の記載項目ごとの書き方・作成方法

日本政策金融公庫のサイトから、書類をダウンロードして作成するのですが、もっと細かく伝えるために、仕事の職種によって書き方も変わるようです。いろんなところから書き方の例が載っていますが、こちらもとても参考になります。計画書を書くまで字で表すと大変そうですが、やり始めたらあっっという間なので根気よく調べてがんばりましょう!