銀行からのキャッシングを中心に資金繰りを賄うには?

個人事業主がキャッシングを考える際には銀行・信販・消費者金融と3種類の業者を考えるのが殆どだと思います。資金繰りで銀行を選択する際には、どういった点に注意をして選んでいけば良いのかを調べてみましたので気になる人はチェックしておきましょう。


違いは分かりますか??

違いは分かりますか??
via www.leifcodices.info

ビジネスローンと言うのは、キャッシング会社がサービスとして提供するもので、審査から融資までかなり速いものです。場合によっては、個人向けキャッシングと同じように、申し込んだその日に即日融資をしてもらえることもあります。感覚としては、個人がキャッシングを利用するのと何ら変わりなく、事業計画書なども求められることはありません。
簡単に要約してしまえば、ビジネスローンのメリットは「迅速さ」と「手軽さ」にあり、デメリットは「銀行よりも高い金利」と「融資額に限界がある」いったところでしょうか。

via 資金繰りが厳しい個人事業主(自営業者)のためのビジネスローンの選び方

ビジネスローン
via www.leifcodices.info

銀行でも最近ではビジネスローンというのを展開しているところもあります。
ですが、これが通常のキャッシングと別になっているのであれば、
まずはどういった点で違いがあるのかを把握しておく必要があります。
早い段階で資金が必要なのか、長期的な返済はどうなのかなど明確になっている点を把握しておきましょう。

重要な点

重要な点
via scrolldox.com

地方銀行といえど借入限度額は数百万円までと、それでも一般的な金融機関よりは多額なので、自営業や個人事業主の方ならばこちらを選ぶよう、お勧めしています。また、銀行融資の審査は借入限度額が莫大であるが故に、提出書類にも細心の注意を払う必要が御座います。
融資を受けた際の使途や、決算書類など、今後のプランを相手方に伝え、納得させるのです。思わぬ所でプレゼンテーションの能力が問われる、という訳ですね。提出書類は展望の伝わりやすさを最重要視し、じっくり時間を掛けて推敲しましょう。審査にさえ受かれば、もうこちらのもの。事業拡大への大きな一歩です。

via 資金繰りに苦労する個人事業主が、融資の際に気を付けることは | ※消費者金融※今借りるならココ!巷で人気の会社最新TOP3

事業資金
via scrolldox.com

個人の利用とは違い、事業資金としての借り入れの場合、考えられる幅が非常に多くなります。
そしてこれを伝えるのは融資を申し込む人に他なりません。
相手に分かりやすく伝えるためにはどうすればよいのかということを考えるのも重要な要素となってくるようです。

銀行員のポイントは?

銀行員のポイントは?
via www.cashingsaizo.com

「月末の経費支払いのために、運転資金の融資をお願いしたい」
このような銀行融資のご相談をしてはいけません!
銀行融資を受けて、月末の経費を払うから、運転資金の借入ではないのです。
銀行員が知りたいのは、「月末の経費を支払う資金が不足となる原因・理由」です。
資金繰りをしっかりと把握して、「なぜ資金が不足となりそうなのか?」という原因・理由を考えてから、銀行へ融資での資金調達の相談をするようにしましょう。

via 運転資金を銀行融資で資金調達するための銀行対策

運転資金
via www.cashingsaizo.com

仮に運転資金という理由で銀行から融資を受けたい場合は、何故なのかという結果を求められるようです。
こういった結果を隠して融資を受けても、審査は思うような結果にならない可能性も大きくなります。
なので、言われていることは明確に伝えていきましょう。

返済との兼ね合い

返済との兼ね合い
via www.soku-will.com

「出来るだけ早く返したいから」「少しでも金利が低いほうがいい」などの理由で比較的短期での銀行借入をされる中小企業が多い実感を持っています。
出来るだけ早く返したいのであれば、繰上返済をすればよいのです。
また金利は少しでも低いほうがよいことはわかっていますが、例えば期間3年の場合と期間7年の場合を比べた場合、その金利差は0.5%程度だと思います。
0.5%でも低いほうがよいと考えられる中小企業の方も多いとは思いますが、それよりは返済負担を少なくし資金繰りを必要以上に圧迫しないほうが私は堅実な選択だと感じています。

via 資金繰り改善マニュアル 借入金の返済は資金繰りを悪化させる | 銀行員の融資総合ガイド

返済期間が短い
via www.soku-will.com

利用しているうちに金利の安いところというのは見つかるかもしれません。
ですが、返済期間が短いために月々の返済が結局は増えてしまったという危険性も考えられます。
たとえトータルの返済額が小さくても、月々の返済額は大きくなってしまうと経営を圧迫されかねないので、
この辺りの兼ね合いも考えていきましょう。