個人事業主として開業するための資金調達の方法について

個人事業主として開業し仕事をするうえで、事業資金の調達は最も重要なことの一つです。元手の資金調達ができなければ、そもそも事業を行えない可能性もあります。そのため、資金調達の方法について幅広い知識を持つことが必要です。


資金調達の主な方法

資金調達の主な方法
via photomaterial.net

個人事業主の資金調達の方法には、自己資金などを出資する方法や、個人で行う借入、また、融資や補助金を受けるやり方があります。それぞれの方法について詳しく解説します。

ベンチャーキャピタルの出資による資金調達の例

ベンチャーキャピタルの出資による資金調達の例
via photosku.com

ベンチャーキャピタルとは、

これから成長していく企業に対して、自社の資金を供給し、ベンチャーキャピタルが保有している「経営ノウハウ」、「人的ネットワーク」を活かして、経営の支援を行う組織

のことです。

メリット① 資金的なリスクが無い
メリット② 人脈ネットワークを活用することができる
メリット③ 経営ノウハウを活用することができる
メリット④ ディスカッションによるブラッシュアップ
メリット⑤ 資金提供の大きさ
デメリット① 経営権を奪われてしまう可能性がある
デメリット② 調達コストが高い
デメリット③ 投資資金回収が義務付けられる

via 【保存版】ベンチャーキャピタルで起業資金を調達しよう!メリット・デメリット| 資金調達プロ

ベンチャーキャピタルから出資を受ける方法には他の方法にはない特徴があり、さまざまな条項が設けられているので注意しましょう。雑誌などでのベンチャーキャピタルへのインタビュー記事も参考になります。

個人での借り入れを行う方法

すぐに仕入れたい商品があるけれど資金が足りない
取引先からの支払いが遅れていて一時的に運転資金が足りなくなっている
このような場合には、書類作成に時間をかけ、何ヶ月も審査結果が出るのを待っている余裕はありません。

そんなとき、高金利ではあるけれど、迅速に融資してくれるカードローンが強い味方になってくれます。

カードローンで即日融資してもらってタイミングよく仕入れを行い、ビジネスチャンスを逃さずに事業を拡大できたという個人事業主もたくさんいます。

via すぐ借入したい個人事業主必見!自営業のカードローン審査のポイント | カードローンガールズ

個人での借り入れはリスクもありますが、すぐにお金が必要な場合に信用次第で取引できるので助かります。

公庫融資を受ける方法

公庫融資を受ける方法
via lovefreephoto.jp

日本政策金融公庫は国民生活事業と中小企業事業があるが、創業希望者は国民生活事業の「新創業融資制度」に申し込みできる。
上限1,000万円、金利1.25%~3.00%、原則設備資金ならば15年以内、運転資金ならば5年以内が目安である。借入上限金額は事業計画、自己資金などを勘案して決まる。
メリット
創業前でも申込みできる
無担保、無保証(借入金額による)※無保証とは第三者保証が不要という意味
制度融資に比べると比較的早く結論が出る(2~3週間)
デメリット
特に無し

via 【保存版】起業の資金調達方法メリット・デメリット総まとめ | 創業手帳Web

日本政策金融公庫による公庫融資はデメリットもなく有益な選択肢です。低金利で種類も豊富。公庫側も積極的に融資を行っているので是非活用しましょう。審査をパスできるように書類や面接などの対策も念入りにしましょう。

創業補助金を受ける方法

「起業したはいいが…お金が足りない」
そんなときのために、「補助金・助成金」について知っておきましょう。

補助金・助成金とは、簡単に説明すると、「返済する必要のないお金」です。

ただし、様々な条件があり、その条件に見合う方のみ受け取ることができます。

創業するなら要チェック!「創業促進補助金」
地域のニーズに応える新商品・新サービスを提供することを考えているなら、創業前に要チェック。

これから創業(個人事業主や法人設立など)や第二創業(後継者が会社を引き継いで、新事業、新分野に進出)するときに、「創業促進補助金」では

最大200万円(補助対象経費の3分の2以内)の補助金が受けられます。

via 起業家必見!5分でわかる最新 補助金・助成金の給付額と要件 10選

補助金や助成金を受けるという方法もあります。補助の対象には人件費や原材料費はもちろん、役所などでの事務手続きにかかる費用も含まれているので助かります。他にも返済の必要のない様々な制度があるので積極的に調べてみましょう。

開業の心構え

開業の心構え
via pixabay.com

資金調達の方法の中には、個人での借り入れなど気軽にできてしまいそうなものも含まれますが、事業計画を踏まえたうえで計画な運用が求められます。自らの行う事業内容を見つめ自信を持って資金調達を行いましょう。