キャッシングでも大丈夫!資金繰りを上手に乗り切ろう!

個人事業主がキャッシングを利用して「資金繰り」を考える際にはどうすれば良いのでしょうか?やり方が分からないと不安になっている人もいるかもしれません。そんな時のためのコツというのをいくつか調べてみました。


選んだ金融機関は??

選んだ金融機関は??
via www.djflavamusic.com

信用金庫は、その地域に根差した地域定着型の金融機関と言って良く、地元の経済情況や地元にある中小企業の経営状態に明るいので個人事業主にとっては銀行よりも借りる敷居が低くて、かつ融資を受け易い金融機関と言って良いでしょう。
信用金庫の「個人事業者向けのローン」では一般的に担保は不要です。しかし、連帯保証人は必要となる場合が多く、個人事業主の借入の場合には経営に参画している経営者以外に1名の保証人を要求されるケースが多いのです。

via 個人事業主は必見!金融機関での資金繰りのポイントはこれだ! | お金の学校

マネー
via pixabay.com

金融機関の代表格と言えば「銀行」とイメージをする方は多いと思います。
ですが、実際に融資を受けやすいのは銀行かと考えると少し違うようです。
キャッシングを中心に資金繰りを行う際には、
どの金融機関が利用しやすいのかというのを重点に考えていくことも重要な要素の一つのです。

キャッシングの目的

キャッシングの目的
via a-cashing.com

そうしてついに自分の貯金すら底をつきかけて、さんざん頭を悩ませました。
銀行はうちら個人商店の融資なんて聞く耳を持ってくれません。
消費者金融でも、事業向けの資金は貸してはくれませんしね。
そこで…発想の転換というほどでもないですが、生活費の補填として、アイフルから50万円を借りることにしました。
何を仕事にしてようと、あくまで個人が使うためなら借入できますからね。
妻にはこの借金をしたことは内緒にして、50万の入金は取引先から前倒しで支払ってもらえたお金だと説明しておきました。

via 【アイフル体験談】資金繰りに行き詰った個人事業主の取った打開策とは?【キャッシング・カードローン大全】

事業資金と生活資金
via www.taotoeyshop.com

事業資金と生活資金の区分けは大切です。
ただ、事業資金が足りなくなったからといって事業資金として借りるのであれば、
キャッシング手段は限られてきます。
それならば、生活資金から融通して生活資金の補てんとして
キャッシングを行うという柔軟性も必要になってくるようです。

利用しやすいものを選択

利用しやすいものを選択
via www.taotoeyshop.com

経営が行き詰ってきている場合には、通常のビジネスローンの利用は諦めて国の用意したセーフティーネット融資の利用を考えた方がすっと良い方法です。セーフティネット融資はそういう時こそ利用価値が出てくるものです。国は今デフレを脱却しするために様々な産業振興策を提供しています。ですから危なくなった企業を再生させるための様々な制度を用意しています。利用する為には様々な条件が有りますが、セーフティネット融資は経営が傾くことが条件ですから利用するにはもってこいです。

via 資金繰りが厳しい!ビジネスローンはこのような場合にも利用できるか | 【ストップ!自動車融資】※担保不要の優良キャッシング会社をご紹介

経営
via www.taotoeyshop.com

経営が行き詰まると、審査自体が非常に難しいものとなってしまいます。
ですがセーフティーネットの場合、業種や条件などがそろっていれば、
融資を受けるチャンスが格段に広がってきます。
また、セーフティーネットの場合は国全体の景気回復なども兼ねていますので、
相談しやすいのではないでしょうか。

その他の手段としても

その他の手段としても
via money-chishiki.com

その急な資金、資金繰りをどのようにするかについてあらかじめ準備しないといけない。
たとえば、黒字の決算の時に、生命保険の逓増定期などに加入する。
それも何本にも分けて加入する。
と、急な資金、資金繰りの必要なときに、逓増定期の解約返礼金から低利で借りることができる。
また、キャッシュフローをあらかじめ描いておいて資金の需要の時期などを明確にすることであらかじめ準備ができる。
全国の商工会、商工会議所では、事業資金の斡旋も行っています。
金融委員会で精査し、通過した案件を金融機関に提案する。
パスすると、低金利で資金を借りることができる。
さらに、役所が一部金利を負担してくれる可能性がある。

via 急ぎの資金繰りをお探しの方へ

資金繰り
via www.taotoeyshop.com

資金繰りとはいってもお金を直接融通してくる方法の他にも、
ここで紹介されている方法のように金利などの負担も資金繰りの方法として考えられます。
特に金融機関の金利負担などを考える場合は、
自分のキャッシングも対象になっていないか考えてみることも選択肢の一つなのではないでしょうか。