債務超過に陥ってしまった場合でも、冷静な対応で窮地脱出。

もしあなたが個人事業主として商売をしていて、債務超過に陥った場合でも、慌てず冷静に対処すれば窮地を脱出できるかもしれません。今回は責務超過に陥ってしまった場合の対処をご紹介していきます。万が一に備えて、あらゆる知識を蓄えておきましょう。


債務超過に陥ってしまった場合でも、冷静な対応で窮地脱出。
via pixabay.com

債務超過とはどのような状態?

【債務超過】と聞いて、それがどういったものなのかをよく知らなくても
なんとなく、よろしくない状況であるという印象ですよね。
それでは債務超過とは、具体的にどのような状態の事を言うのでしょうか。

債務超過とは・・・
負債の総額が資産の総額を超える状態。
つまり、資産をすべて売却して現金化しても、そのお金で負債を返済しきれない状態である。

 

法人の場合     【純資産の部】がマイナスになっている状態。

個人事業主の場合  元入金がマイナスになっている状態。
(期中であれば元入金+当期利益+事業主借-事業主貸)

via 借入に対する基本的な考え方 – 融資に一番強い杉浦経営会計事務所の資金繰りと銀行借入支援センター 愛知県稲沢市 税理士事務所 杉浦経営会計事務所

つまり、自己資金よりも債務の割合が多くなる状態を債務超過といいます
ただし、慢性的ではなく資金繰りに問題なく一時的にそういった状態になることもあるので、かならずしも悪い状態であるということは言い切れないようです。

債務超過でも融資を受けるには

債務超過でも融資を受けるには

当然債務超過に陥っている状態で、銀行等から融資を受けることは簡単なことではありませんが、必ずしも可能性がないとも限りません。

中小零細企業の代表は不動産を個人で持っておられる方もたくさんおられます。
不動産物件の評価額が会社の債務超過額を上回っているケースもあるのです。

社長の個人資産があることが明確にわかれば「いざという時に、個人資産を売却して返済してくれるだろう」という想像が出来ますのでしいては融資の審査に大きく有利になります。

融資を申し込む際には、個人資産の評価額を調べてその資料を持参して銀行にアピールするのは有効な手立てです。

via 債務超過でも銀行から融資を受ける方法

つまり、資金面に限らず資産面をアピールして銀行からの信用を得られれば融資を受けられることもあります
また、その際相手が納得するような帳票や帳簿、事業計画なども用意しておくと信用は得られやすくなります。

融資元は銀行だけだと思っていませんか?

融資元は銀行だけだと思っていませんか?
via pixabay.com

融資の話をする際、真っ先に思いつくのがお近くの銀行かと思いますが、実際のところ銀行も経営していくうえで客を選んでいかなければなりません
つまり小規模の個人事業はなかなか相手にしてもらえない場合の多々あります。
ではそういった場合融資の相談はどういったところにするべきなのでしょうか?

地方自治体の制度

都道府県をはじめ、市町村まで幅広く融資制度が用意されています。この制度は、国の中小企業支援策に連動したものですが、独自に運用されているものです。

こうした地方自治体の制度融資には、有利に活用できるものが多くありますので、積極的に担当窓口に相談してみましょう。たとえば埼玉県では、債務超過であっても一過性の債務超過(詳しい内容は関連情報欄をご参照いただき、担当窓口へお問い合わせください)であると認められる場合には、設備資金と運転資金(一定のものをのぞく)を融資する、「スーパーサポート資金」という無担保融資制度(代表者保証はあり)があります。

via Q0256.債務超過でも活用可能な中小企業支援策はありますか?|ビジネスQ&A|J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

上記のように、中小企業でも融資が受けやすくなるよう保証してくれる機関があります。
ですが当然、保証してもらうのには審査が必要なため事業計画など細かな準備は必要です。
がしかし、一般の金融機関から融資を受けることを考えれば、遥かにハードルは下げられます。
上記以外にも銀行からだけでなく、あらゆる機関から融資を受けることが可能です。
自治体や組合など、相談のできる窓口に問い合わせてみるとヒントが掴みやすくなるかもしれません。

最終的には熱意!!

なるべく早めに手を打って

債務超過を解消する期間

直近の決算書における貸借対照表に記載されている「債務超過額」を当期利益で割ったものが
「理屈上の債務超過の解消期間」ということになります。

現状の収益がずっと続くものとして、あと何年で債務超過が解消するか、という理論上の数字です。

3年以内で債務超過が解消しなければ、銀行内の金融格付の評価で「要注意先」というランク以下の評価に位置付けられてしまい、当り前のことですが「正常先」に比べて、融資のハードルがだいぶ高くなってきます。

via 債務超過でも銀行から融資を受ける方法

大切なものを守るためには切磋琢磨が必要となります。
そして期限は無限ではありません。
一時しのぎではなく、今後の事業のためにも綿密な計画をもって行動をしましょう。

なるべく早めに手を打って
via pixabay.com

このように資金繰りに困り、債務超過に陥っても諦めることはありません
銀行などの金融機関のみならず、公的機関のサポートも選択肢としては考えられるわけなので、何かしらの良い方法が見つかるはずです
ただし、一番大事なのは経営者による【熱意】
これがなければたとえ上手くいくこともうまくいかなくなることでしょう。