売掛金トラブルの対処法、個人事業主でも保証が得られるサービスもあります

個人で商売をする場合でも「売掛金」として売り上げに計上することはあると思います クレジットカード払いであればカード会社がある程度保証してくるので安心ですが、売掛金をめぐるトラブルというのはそう珍しくない話です


売掛金とは?

売掛金とは?
via pixabay.com

売掛金という言葉はよく耳にしますが、具体的にはどのようなことをいうのか

売掛金とは、商品やサービスを提供した未回収の売上代金の事を言います。取引先が複数あり、取引が複雑な場合は、売掛帳を作ると便利です。
実務上のポイントは、以下の2点です。
①売上の計上は、納品月に行う事です。例えば、6月に納品をしていれば、請求書を発行したのが7月でも、売掛帳上の売上高は、6月になります。12月等、期をまたぐ場合は、特に注意してください。
②売上が銀行口座に入金されたら入金された月に入金処理を行って下さい。

via 売掛金処理をマスターしよう! 個人事業主の税金.com

商売をしていると様々な形で支払いを済ませる事があり、売掛金とは商品やサービスに対して支払われる対価をツケておく状態の事を言います。

売掛金の支払方法は?

売掛金の支払方法は?
via pixabay.com

売掛金は、銀行振込で払う場合が殆どです。そこで、問題になるのがその支払の際の振込手数料をどちらが負担するかという事です。振込手数料を相手側が負担する場合は、問題は生じませんが、こちら側で負担する場合は、注意して下さい。支払手数料という勘定科目で経理処理を行って下さい。
実務上は、相手方に振込手数料に払って頂く事が問題ないようでしたら、請求書を発行する際に、「大変申し訳ありませんが、振込手数料は、お客様のご負担でお願い致します。」等の文言を一言入れておくといいでしょう。責任の所在がはっきりして、スムーズにお取引が出来ると思います。

via 売掛金処理をマスターしよう! 個人事業主の税金.com

銀行振込を利用する場合は、当然手数料が発生する場合がありますので、取引をスムーズに進めるためにあらかじめ取り決めをはっきりとしておくことが重要になります。
また、個人の商店(八百屋や肉屋など)での取引の場合は集金などといった回収方法もあるため、納品書等の控えは必ず保管しておく必要があります。

入金トラブルになった場合の対処法は?

入金トラブルになった場合の対処法は?
via pixabay.com

では、売掛金に関して入金がされないなどのトラブルに見舞われた場合、どのような対処をしていけばよいのでしょう?

支払いがなされない場合、まずは支払日もしくは振込日の確認を行いましょう。社内的な事情で遅れていることもあれば、同じプロジェクトのなかで自分が関わったところ以外の箇所がまだ終わっておらず、すべてが完了してから支払うつもりなのかもしれません。現状確認をしたうえで、必要に応じて、支払いを促しましょう。

催促しても支払いに応じてもらえない場合は、請求書を再発行します。あまりにも相手の態度が悪質な場合は内容証明郵便で出して、支払いの催促や督促を行う方法も検討しましょう。

最終手段は、60万円以下の支払請求の場合に行える小額訴訟となりますが、それなりに手間がかかるうえに、回収できるかどうかも定かではありません。

via 売上の入金が来ない!どうする?【個人事業主編】|スモビバ!

個人事業主やフリーランスも対象の保証サービス

基本的には、何事もなく取り引きができることが理想ですが、万が一、入金されないなどのトラブルに見舞われた場合の対処法をあらかじめ勉強しておくことも重要なことです。
先方の事情なども考慮し、まずは請求書を送付します。
それでも、十分な対応が得られなかった場合は「少額裁判」という形で法的に請求することも可能です
ただ、裁判にかかる時間や費用のコストが請求金額に見合っていない場合もあるので、現実的にはなかなか裁判までいくことは稀のようです。
では、時間のない個人事業主やフリーランスはこのようなトラブルに見舞われた場合、泣き寝入りするしかないのでしょうか?
個人事業主やフリーランスも対象の保証サービスを展開している企業を見つけましたのでご紹介したいと思います。

個人事業主やフリーランスも対象の未回収金保証サービス

個人事業主やフリーランスも対象の未回収金保証サービス
via pixabay.com

何かと時間に追われることの多い、個人事業主やフリーランスに方だと、現実的に裁判をしている時間がとれないのが現実だと思います
そんな方には、裁判より簡潔に未回収金の保証をしてくれるサービスがあります

売掛金の入金遅延・回収不能になった際の保証サービスで、取引先が企業ではなく個人事業主・フリーランスでも保証対象になります。つまり、個人事業主間の取引でもこの売掛金の回収保証サービスを利用可能です。

via 個人事業主でも利用可能な売掛金の回収保証サービス – Misoca

泣き寝入りはしない!!諦めない気持ちが大事。

泣き寝入りはしない!!諦めない気持ちが大事。
via pixabay.com

ご紹介したように、売掛金にて未入金や未回収になった場合でもいくつか対処法はあります
信用から成り立つとはいえ、何かあった時の準備をしておくことは非常に大切なことだと思うので事前に勉強しておくことが最も大事な要素だと思います。