個人事業主でも日本政策金融公庫から融資を受けるコツ

個人事業主は、資金調達面で苦境に立たされるケースもあると思います 個人の信用だけでは限界があり、なかなか思うように融資の話が進まないなんてことをよく耳にしたりしますが、ポイントをしっかり押さえて必要な時に融資が頼める状況を作っておきたいですね。


すべてはしっかりとした準備で決まる。

すべてはしっかりとした準備で決まる。
via pixabay.com

個人事業主が金融機関から資金繰りの融資を受けるのはそんなに容易い事ではありません。

そして、経費借入に利用できる事業性資金の融資に限らず、誰でも利用できる無担保個人向けカードローンの利用においても、自営業者に対する審査や融資はかなり厳しめとなり、かつ金融会社によっては「自営業者の利用はNG」としているところさえあります。

比較的審査が柔軟と言われている一般向けカードローンでさえ、このような事情なのですから、カードローンよりも借入額が大きくなる事業経費の為の「事業性ローン」になると個人事業主の利用はより厳しくなってしまう事は容易に推測できるのです。

via 個人事業主は必見!金融機関での資金繰りのポイントはこれだ! | お金の学校

上記の通り、個人事業主が融資を受けようと思っても、すぐに受けれるほど甘くないというのが現実のようです
とはいえ、借り入れのコツを押さえ、しっかりとした準備と熱意が伝われば個人事業主と言えど融資を受けられる可能性は大いになります
今回ではそのコツと、交渉についてまとめてみたいと思います。

余裕があるうちに少額で借りてみる。

余裕があるうちに少額で借りてみる。
via pixabay.com

「借入の実績」を作るという意味でも、最初は「小口融資からスタート」するのが良いでしょう。初回よりも二回目、三回目の申込の方が、日本政策金融公庫からの信頼は厚くなります。初回よりも(二回目以降の審査は)希望する金額がスムーズに可決されやすいものです。

via 【保存版】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツ!1000万円の借入申込の秘訣|資金調達プロ

日本政策金融公庫に融資をお願いするとして、例えば300万借り入れたいと思っていても信用がない場合話がうまく進んだとしても、100万や200万程しか借りられない場合がほとんどでしょう。

信用を作るためには上記でも謳っている通り、返済の実績を作り日本政策金融公庫との信用関係を作るという下準備が非常に効果的になってきます。

例えば、自己資金に多少余裕がある場合は返済が滞りにくい状況にあるわけなので借りられやすく返しやすい状況を利用して少額でも借り入れて返済実績を作っていくという作業も、未来を見据えて上では大事ことになってきます
その際の多少の金利は投資のようなものなので安いものです。

相手担当者が納得する事業計画を。

相手担当者が納得する事業計画を。
via pixabay.com

担当者を如何に納得させるか、これ如何では話が全く変わってきます
担当者も人間なので、信頼できる人間か?この人なら成功しそうか?といった視点でも審査の対象になります
遜る必要は全くありませんが、聞かれたことに対してはしっかりと答えらるようにしておくことは最低限必要な準備と言えるでしょう。

当然のことながら、新創業融資を出すか出さないかを決める担当者の方も人間です。

つまり、新創業融資を受け取るために大切なのは、その担当者の方が、あなたがこれから起こすビジネスや、経営者であるあなた自身の人柄に魅力を感じ、「この会社は成功する」と思っていただくことです。そのためには、大げさな数字ではなく、現実に即した堅実なプランを伝えることが大切です。

via 創業融資|設立直後の会社でも無担保で1500万円を借りる為の方法と手順 | inQup

明確さを高めることが融資を受けるための近道とも言えます。
なので、資料なども交えて計画書と自身の言葉を伝えれば審査が通過する可能性はぐんと上がります。

しっかりとした計画と意思を伝えるために

しっかりとした計画と意思を伝えるために
via www.pakutaso.com

この創業計画書とは、一言で表すなら「お金を返せる根拠を相手に伝える書類」です。創業したての方には過去の実績がないため、その事業で利益を出してお金を返せるかが分かりません。そこで、この創業計画書にあなたの業種経験の豊富さや熱意・やる気を記載することで、「自分は借りたお金を、利息とともにしっかり払えますよ」ということを伝えるのです。創業計画書は、あなたがお金を貸すに値する相手かを判断するための重要な書類です。

via 創業計画書の書き方日本政策金融公庫の融資審査を高確率で通す方法 | 店舗経営レシピブック

事業計画書を他人に見せて意見を求めよう

事業計画書をつくるのは当然、起業家自身です。事業アイデアと熱意を紙に落とし込んでいきます。ここで事業計画書の完成度をさらに上げる効果的な方法があります。金融機関に融資を申し込む前に一度、事業計画書を信頼できる第三者に見てもらい、意見を聞くことです。第三者の意見を参考にして、改良を繰り返していきます。客観的な第三者の意見はときに貴重なヒントとなりますし、そもそも事業計画書とは自分のアイデアを他人に理解してもらうためのツールでもあるからです。

via 事業計画書を作る時誰に相談する?意外な相談相手から専門家まで|スモビバ!

まず、一番始めの企業をする際に必要な融資を受けるために作成するのが
『創業計画書』となります。
最初にして最大の難関とも感じるかもしれませんが、
スタートラインに立つためには必要不可欠な門となりますね。
自身の意思と自信をしっかりと込めて作成しましょう。
事業計画書などを作成しても、いきなりぶっつけ本番というのは正直リスキーだと思います。
それでは一体誰に良いかどうかを診断してもらいましょうか?
やはり、正直な意見をくれる第三者に読んでみてもらうことが大切です。
はっきりと意見を述べてもらい、修正や改善を加えて作成していきましょう。
個人事業主が資金調達面で困難に立たされるというのは非常に多いことです
ただ、そうなる前にしっかり備えてあれば困難は乗り越えられます、そのために普段からしっかりとした経営と金融機関との信頼関係を構築していく事が非常に大事になっていきます。

余裕がある時こそ驕らず、将来を見据えた行動が重要になってきます。