【準備がすべて!?】個人事業向け資金繰りの方法!

ここ数年、事業を始める方をとても多く目にします。自分の熱意やアイデアを実際に仕事にして稼ぐ意思は素晴らしいですが、資金繰りの準備の問題で継続的な事業展開ができないケースも多くあります。今回は個人事業主向けの資金繰りの方法をご紹介します。


融資が通りにくい、これが個人事業主の実情。

大企業なら経費の借入先は安定しているでしょう。が、個人事業を営む個人事業主の場合には安定的な資金繰り先の確保は容易い事ではないと思います。

via 個人事業主は必見!金融機関での資金繰りのポイントはこれだ! | お金の学校

自らで事業を立ち上げるに至るということは、熱いパッションや気合いのある方が多いということです。
ただ、その思いややる気が先走り、準備を蔑ろにしてしまう方が後を絶ちません。
さらに、個人事業主は企業と比べ信用に乏しいイメージを拭えないので、どうしても貸す側も渋りがちです。
今回は、そんな状況下でも希望を与えてくれるような資金繰りの方法をご紹介します。

1.銀行

1.銀行
via pixabay.com

銀行側がお金を貸し出す際に最も気にすることは「ちゃんと返してもらえるのかどうか」ということです。返済財源はきちんと明らかにしておきましょう。

via 銀行から融資を受ける!審査を通す9のコツ。あなたも1000万円借入できる|資金調達プロ

まずは「銀行」です。
過去に税金の未払いや無理のある借り入れなど、申請先のチェックリストをクリアすれば、
低金利で借り入れを行うことが期待できるでしょう。
さらに、銀行のなかには借り入れの審査基準が何段階かに分かれていたり、
事業主の業種によっては借り入れをスムーズに行える場合もあります。
ですので、ダメ元でも必ず一度は審査を受けてみましょう。

2.信用金庫

2.信用金庫
via pixabay.com

信用金庫は個人向け融資と企業向け融資を行っています。中小企業が銀行融資を受けるのは大変ですが、信用金庫であれば借りられるかもしれません。

via 信用金庫から事業融資を受ける時の審査基準 | はじめてキャッシング

2つ目は「信用金庫」です。
メガバンクからの借り入れと比べると金利は1%ほど高くなりますが、
審査基準はそのぶん優しめといえるでしょう。
また、地域と連携して、事業の補助や援助のシステムのある地元密着の信用金庫もあるので、
入念に調べることをおすすめします。
この機関から融資を受けられれば安心感がありますよね。

3.日本政策金融公庫

3.日本政策金融公庫
via pixabay.com

日本政策金融公庫であれば、無担保、保証人無しで融資を受けることが可能です。
その為、ご家族・ご親族に迷惑をかけずに、事業を進めることが可能です。

via 日本政策金融公庫等融資サポート「ユウシサポ」

銀行や信用金庫の場合はパッケージ商品も多く、融資の選択肢が増えるでしょう。
そして「日本政策金融公庫」から借り入れできる場合、最大のメリットは金利が低いところにあります。
さらに、融資期間も長めに設定されているので安心感もあり、
保証人や担保にも融通の聞くケースがあるので、ぜひトライしてみると良いでしょう。
1点気を付けるべきは「融資条件」です。ここをしっかり熟読して準備を進めましょう。

4.ビジネスローン

4.ビジネスローン
via pixabay.com

ビジネスローンや事業融資は「総量規制の対象外」となり、他社での借入額に関係なく、新たな融資が受けられます。たとえ借入額数百万円あったとしても、ビジネスの場合は(事業融資に目的を絞ることで)貸付を可能としています。

via ビジネスローン100%審査ガイド。事業資金借入6つのコツ|資金調達プロ

日本政策金融公庫の融資条件に満たされず、銀行や信用金庫の審査も通らない方がたどり着く先、
その多くはこの「ビジネスローン」です。
審査基準は上記2つより格段に容易になりますし、融資実行までの期間も、早ければ即日で可能となります。
しかし、金利は高めに設定されています。
短期間で返済可能であれば視野に入れてみて良いかもしれません。

5.ビジネスローン(担保型)

5.ビジネスローン(担保型)
via pixabay.com

担保とは、融資を受けるときに、万が一、その債務の履行(支払い)が困難になった場合に備え、債権者があらかじめ弁済の確保のために、債務者に提供させる対象のことです。

via 担保とは? – よくある質問 – 住宅ローン相談.jp

あらゆるローンの中でも担保のある方が貸主側は安心できますよね。
そのため、このような担保型の融資システムも多くあります。
担保を有している場合は一度チェックしてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
個人事業主の場合借り入れの際の金利はどうしても高くなりがちですが、
しっかりとした準備と下調べを踏めば、納得のいく融資をうけられる事案が多くありますよ。
ぜひ前向きに、そして入念に計画を進めましょう!