クレジットカード現金化業者・優良店とは!?

優良店とは!?

クレジットカード現金化のサイト数は100社以上あると思われます。
同じ運営会社がサイト名を変えて何サイトも運営しているのが現金化業者の実態です。
サイト数がかなりあっても、現金化業者数はそんなに多くはありません。
理由が各現金化業者によって違いますが、ある一定期間が立つと新しいサイトを立ち上げているのが現状でもあります。
サイトによって、換金率や手続き方法、換金率を変えて営業している業者が多数あります。
ですが、実際に利用しようとしてみると手続き内容が全く一緒ということもあります。
一つの運営会社が何サイトも用意することによって、広告を出す時などの謳い文句を変更しているので、新規獲得が多くなるためこのような営業形態になっているかと思われます。
普通であれば、同じサイト名で長く営業していた方が良いと思いますが、現金化業者はサイト名を変えて営業する業者が目立ちます。
このような業者は、何か疚しいことがあるからサイト名を変えて営業していると思いますので、老舗店以外は信用しずらくなっています。
ただし、老舗店=優良店という訳でもありませんので注意も必要です。
老舗店であっても、昔から色々な名目の手数料を多くとる業者も存在します。

初めての方は、インターネットで調べただけでは老舗店かどうか見極めが難しいと思います。
何しろ現金化サイトは多数あるので、どこの業者がいいのか分からない方が多いと思いますので、今回は優良店について掲載します。

現金化業者・優良店の見極め方

見極め方

クレジット現金化を利用する際の優良店の見極め方を紹介します。
まず優良店の場合、電話対応がとても良いです。
どんな質問にも明確に丁寧に分かりやすく返答してくれます。
これが普通の会社ですが、悪徳業者にあたってしまった場合は上記の真逆になります。
まれにですが、対応が良くても、手続き内容が怪しかったり、換金率がかなり低いといったこともあります。

利用者側としては、高換金率を求めますが、現金化業者側はいかに利用者から手数料を多く取るか考えている悪徳業者がいます。
そこで明らかに優良店と分かる方法があります。
それは、現金化業者に電話をし、実際の「換金率・還元率・買取率」を直接聞くことです。
この際に、優良店であれば明確な換金率を教えてくれて、実際の決済金額、振込み金額を教えてくれます。
悪徳業者であれば、申込をしてくれないと分からないと言ったり、身分証明書を提出してくれないと分からない等と言って曖昧な返答をします。
普通の会社であれば、換金率など決まっているはずですし、例えば質屋さんなんかでも相場など決まっているので、ある程度の換金率は答えられるハズです。
そのため、曖昧な返答をしてくるということは人によって換金率を変えていることが分かります。
このような業者に申込をしてしまったら、すぐに断りましょう。
あとから痛い目にあうのは自分自身ですので注意しましょう。

優良店の手続き内容

手続き内容

優良店と悪徳業者のクレジットカード現金化する際の手続き内容はほぼ一緒となります。
内容が違う点はいくつかあります。
まず、身分証明書とクレジットカードを業者に送付する際ですが、優良店はクレジットカードの大切な情報の箇所は隠すよう指示されます。
悪徳業者の場合は、業者側で決済をすることが多いので、クレジットカード情報を全て教えなければなりません。
また、身分証明書に関しても本人かどうか確認するために、顔付身分証明書を手に持ち、ご自身の顔と一緒に撮影するように伝えられます。
次に換金率が大きく違います。
優良店と悪徳業者の換金率の差は20%近く違います。
各業者によって、換金率が違いますが、悪徳業者の場合は70%以下のところが多いようです。

とにかく優良店を利用すると何でもスムーズに事が運び、利用者の質問には明確に答えてくれるので安心して利用ができるということです。
優良店を利用する際の簡単な流れは下記になります。

1、申し込み
2、ご本人様確認
3、商品の購入
4、振込み

この流れになりますので、早い方ですと一時間以内には現金が振込みされます。

現金化業者の中でも優良店はごく一部

現金化業者の数は、店舗型・ネット型を合わせると100店舗以上あります。
店舗型で運営している業者は基本的に優良店となります。
当然ですが、店舗を構えて運営していて悪いことをすればすぐに捕まってしまいます。
ネット型の場合は、換金率を低くし、多くの手数料を取り、評判が悪くなったらサイトを変えて、また営業してい業者もいます。
優良店の数は、わずかしかないので、優良店を探すのは結構大変です。
素人の方がちょっと調べただけでは分かりませんので、しっかりと調べた方がいいでしょう。
利用する現金化業者を間違ってしまえば、ご自身が損をしてしまうので慎重に下調べをしてから現金化を利用したほうがいいでしょう。