クレジット現金化の新規申込で高額利用が危険!?

高額利用は危険

クレジットカードのショッピング枠現金化業者は、数多くあり、そのほとんどの業者が不透明なサービス内容がある業者です。
通常の現金化の流れはどの業者も一緒ですが、実際に行っているサービス内容が各業者によって違います。
そのサービス内容によっては、違法な手続きをして現金化している悪徳業者もいます。

例えば、キャッシュバック方式の方法で現金化をしている業者は、価値のある商品で手続きをしなければなりません。
ですが、実際には価値の無い商品で手続きをしていたり、その商品を発送しない業者も中にはいます。
また、買取方式でいえば、買取るハズの商品を架空取引によって手続きをしてしまう業者もいます。
これらの方法をしているのは悪徳業者の可能性が大なのです。

そのため、初めての方ですと右も左も分からないで利用しますので、違法手続きなのか分からないで利用してしまうのが現状のところです。
また、換金率に関しても同じことが言え、悪徳業者にひっかかってしまうと多くの手数料を取られてしまい、結果ご自身の返済する金額が多くなり負担もかかります。
知らず知らずのうちにクレジットカード会社への支払い金額が多くなり、途方に暮れてしまうこともありますので注意が必要です。

詐欺まがいの悪徳業者

悪徳業者

現金化業者の中には、詐欺まがいのサービスをしている悪徳業者が存在します。
昔は、現金化の手続きでクレジットカード決済までしたあとに、現金を振込しないといった悪質なケースもありました。
現在は、振込みがされないといったことは聞きませんが、ホームページに記載されている内容と全く違うといったケースが多くなっているようです。
特に目立つのが偽って表記されている「換金率・還元率・買取率」です。
「最高・最大・一律・保証」などの言葉を使い、いかにも高換金率で利用できるようにし、実際に申し込みをして利用してみたら、色々と理由を言われ、手数料を多く取る悪徳業者の「謳い文句」ということが分かります。
今まで調査した結果から言うと、後から手数料を引く業者は換金率が低いということが分かります。
また、その際に断ろうとしたり、換金率の交渉をすると、すぐに換金率を数%上げてくる業者も多くいます。
こんなに簡単に利率が上がるようであれば、少しおかしな気がしますよね?
人によって換金率を変えていること間違いナシです。
何も交渉しなければ、初めに言われた換金率で手続きをしますので、交渉したもん勝ちになるということです。
優良業者であれば、換金率をすぐに変えたりすることはなく、初めから換金率も高いです。

以上の説明で分かるように、悪徳業者は換金率を低くし、取れる人からは多く手数料を取るといった詐欺まがいのサービスをしているのです。
誇大広告をだし、集客し、手数料を多くとるといった恐ろしい業者もいることを忘れてはいけません。
クレジットカード現金化をする際は十分に注意が必要となります。

初めての方の知らない現金化の世界

結論としてクレジットカード現金化業者への新規申込を行う場合は、時間やお金に余裕があるときに少額で利用してみることが最善の方法といえます。
現金化のことを何も調べていない時に、お金に困り、いざ利用をすると手数料を多く騙し取られる可能性が大きくなります。
この時に大きい金額で利用してしまえば、その分の手数料も多くなり負担が多くなります。
そうなる前に少額利用しておけば、例え手数料を多く取られてしまっても、そんなに被害はないでしょう。

現在だと、良心的な現金化サイトであれば実際の換金率は80%以上となります。
これ以下の業者で利用してしまった場合は、違う業者選びをしましょう。

比較・口コミサイトを参考に現金化業者選び

業者選び

現金化業者は多数ありますが、適当に業者を選べばいいという訳ではありません。
優良業者であろう業者を選ぶ事が必要となってきます。

その業者を調べるには、現金化比較サイトなどの調査業者一覧になります。
比較サイトでは、現金化業者を実際に調査しているので、各業者の情報を提示してくれるサイトとなっています。
換金率や手続き方法、口コミ情報なども掲載されていますので、それを見て業者選びをするのがいいでしょう。
ただし、比較サイトなどは悪徳業者が運営している自作自演のサイトも多くありますので見極めが重要となります。
困った時は、何社かピックアップして各業者に電話で問い合わせをすることをオススメします。
その時に、比較サイトなどに記載されている内容と違えば悪徳業者の可能性が高いです。
また、接客対応が悪いところ、すぐに申込させてくるような業者にも注意しましょう。
質問に明確に答えてくれる業者が優良業者であります。
「申込や身分証を提示いただかないと換金率が分かりません」と言う業者は人によって換金率を変えていますので、こちらも注意しましょう。

以上をもって参考にし、現金化業者を探し、いざという時のために準備しておくといいでしょう。