クレジット現金化は借入にはならない!?

借入にはならない

クレジット現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用し、現金に換える方法です。
クレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠がありますが、キャッシング機能をつけるには別審査があります。
そのため、キャッシングよりショッピングの方が審査が少し甘くなっています。
キャッシングは借入となりますので、総量規制の問題があり、年収の三分の一までしか借入することができなくなっています。
ショッピングは、総量規制対象外ですが、収入によって枠が決められています。
また、実績を積むとショッピング枠を増額することも可能となってきます。

クレジットカード現金化は、このショッピング枠を有効活用した新しい現金調達方法となります。
「現金化」の方法は色々とありますが、「クレジットカード」を使用しての現金化の方法は2種類となります。
その方法は、「キャッシュバック方式」と「買取方式」となります。
キャッシュバック方式とは、業者が指定した商品を購入することによって付いてくる特典となり現金が振り込まれます。
買取方式は、業者が指定した商品を購入し、その商品を買取ってもらい現金が振込みされます。
いずれにしてもクレジットカードのショッピング枠を利用しますので、借入では無いということが分かります。

借入を断られても現金化は可能

借入を断られても現金化は可能

現金に困り、誰からも借りることもできず困っている時に思い浮かぶのは借入です。
借入は、消費者金融やカードローン・クレジットカードのキャッシングなどがあります。
現金を借りる際には審査が必要となり、年収に応じての金額までしか借入することができません。
何社からも借入をし、他社へ申し込みをすると次第に断られてしまってどうしようもなくなってしまうことがあります。
ここで唯一の救済方法があります。
それは「クレジットカード現金化」となります。
クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用し、現金に換えるため借入にはならないのです。
また、クレジットカード現金化を利用する際は、クレジットカードのショッピング枠さえ残っていれば何度でも利用が可能となります。
もちろん審査不要となりますので、これ以上借入が難しくなったという人も利用できるサービスなのです。

このことから分かるように、もしもの時のためにクレジットカードを作りショッピング枠を確保しておけばいずれ役に立つことになります。
現金化は、無職の人や専業主婦・休職中のかたでもどなたでも利用できるので大変便利です。
ただし、利用後は返済をしなければいけませんので、利用しっぱなしという訳にはいきません。

クレジットカード会社への返済

クレジットカードのショッピング枠を利用し、現金化した際は、クレジットカード会社への返済が必要となります。
現金化業者へ支払いをしなければならないと勘違いする人もいますが、クレジットカード会社への返済となりますのでお間違えないようにしてください。
クレジット現金化を利用した際は、ショッピング枠を利用しておりますので返済はリボ分割払いが可能となります。
ですが、リボ分割払いにすると元金があまり減らないこともありますので、繰り上げ返済をしていくことをオススメします。

返済に遅れてしまうと、信用情報に傷がつきますので注意しましょう。
繰り返し返済が遅れてしまうと、クレジットカードの利用制限がかかったり、しまいには利用停止になることもあります。
そうなる前に現金が無い場合は、現金化をして現金を作り返済にあてたりして、うまく活用したほうがいいでしょう。

現金化は事前準備しておくと良い

事前準備

クレジットカード現金化は、借入ではありませんので前もって色々と準備をしておくといざという時に役に立ちます。
準備としては、クレジットカードをお持ちでない方はクレジットカードを作ることです。
これだけで、いつでも利用は可能となります。
現金化には審査がないので、クレジットカードを持っていれば、どなたでも利用できます。
次に現金化業者の中には悪徳業者もいますので、どこの現金化業者がいいか調べておいた方がいいでしょう。
現金化業者のほとんどが、悪徳業者であり、優良業者は数少なくなっています。
手数料を多く取り、換金率を低くする業者が目立ちますので、こういった業者には気を付けましょう。
ちなみに優良業者を見つけるコツは、口コミ情報をみてから直接電話して、口コミ情報通りか確認しましょう。
この時、対応が悪かったり、曖昧な返答をしてくるような業者は悪徳業者ですので気を付けましょう。
そして、優良業者をピックアップしておけば、いざという時すぐに利用できますので事前準備はしておいたほうがいいでしょう。