クレカ現金化で購入する商品とは!?

購入する商品

クレジットカード現金化を利用する際は、現金化業者によって、購入する商品が違います。
業者側で購入するのか、利用者が購入するかも現金化業者によって違います。

現金化する方法は、二種類あり、キャッシュバック方式と買取方式がありますが、どちらの方法かによって購入する商品が変わります。
キャッシュバック方式の場合は、その商品に価値がないと違法な手続きの可能性があります。
買取方式の場合も、商品に価値がないと買取金額が低いため、それ相応の商品になります。

では、現金化する際の実際に購入する商品はどのような物があるか紹介します。
一昔前までは、クレジットカードで新幹線のチケットを購入し、買取ってもらう方法が利率も高く流行っていました。
現在では、クレジットカード会社は現金化を嫌がるので新幹線のチケットの購入に規制をかけました。
大量購入はできなくなり、クレジットカード会社よっては、10万円までなど制限される人もいれば、新幹線のチケットそのものが購入できないといった人もいます。
基本的には換金性の高い商品は購入できなくなっているのです。

昔から、家電製品・ブランド品を買って売ってお金にする方法はあり、現在も現金化業者は、この方法で現金に変えている業者も多くいます。
昔と違い、今流行っている現金化の商品は「Amazonギフト券」です。
現金化のサイトとは違い、Amazonギフト券を取り扱う専門サイトも多数でてきております。
こちらのサイトは、買取るサイトと販売するサイトの二つに分かれており、上手く活用すれば自分でもできる仕組みになっています。
ただし、自分で現金化する際は手間がかかるので業者に頼んだほうがスムーズに手続きできるでしょう。

現在も継続されている商品は、パワーストーンです。
キャッシュバック方式の際に購入される商品となりますが、こちらは価値の無い商品となりますので、未だにこちらの商品でやり取りしている業者の利用は控えたほうがいいと思われます。

購入する商品によってはクレジットカード停止もある!?

クレジットカード停止

上記でもお伝えしましたが、クレジットカード会社は現金化を許してはいません。
換金性の高い商品には、気を付けて出来る限り購入させないようにしています。
昔は、同じパソコンやゲーム機を何台も購入しても問題ありませんでしたが、現在は購入できなくなっています。
これは、購入した商品を換金する人が多くなったからです。

他のサイトを見ると、〇〇を購入するとクレジットカードが利用停止になると記載されているのを見ますが、実際それは嘘かと思われます。
そのようなことを記載し、弊社の現金化サービスは問題ないと謳い集客をしているものだと思われます。
何故かというと、初めからクレジットカード会社が制限をかけたり、購入する際は、クレジットカード会社が利用者に確認の電話をしているからです。
普通に考えて、クレジットカードで買い物できたのに、あとからその商品の購入はダメですといって、クレジットカードを利用停止しますといったら、利用者から大量にクレームがでると思います。
そのようなことをクレジットカード会社がやっていたら大変な作業となります。
それであれば、初めから利用制限をかけておけば何も問題もないのです。
クレジットカードが利用停止になってしまう人は理由があります。
その理由は、支払いを延滞している人です。
遅延が何回か続くとクレジットカード会社は、利用金額の制限をかけたりします。
また、遅延が何回も続くようですと、支払いが終わるまではクレジットカードの利用停止になります。
このことを知っておいた方がいいでしょう。

架空取引かも?

架空取引?

現金化業者の中には、悪徳業者が多数います。
その中でも、架空取引をしている業者では利用しないほうがいいでしょう。
何かあった際に巻き込まれてしまう可能性もあります。

業者側で商品を選び、業者がクレジットカード決済するところは、架空取引の可能性が大です。
キャッシュバック方式なのに、購入した商品が利用者のもとに届かなければ架空取引となります。
これは法律的にも問題がある行為となってしまいます。
利用者は、問題に問われないと思いますが、利用した業者に何かあれば、警察から事情聴取とられるかもしれません。
何にしても、トラブルに巻き込まれないようにした方がいいでしょう。

安全な取引き内容で価値のある商品

利用者としては、安全で換金率の高い優良店を選びたいところだと思います。
このような優良店は、現金化業者の中では、ごく一部となっています。

価値のある商品で、安全な取引きをしたいと考えるのであれば、買取方式の現金化業者を選ぶと良いでしょう。
商品は、ブランド品や家電製品の買取の方がいいと思いますが、換金率が低いと思います。
現在では、Amazonギフトを取り扱っている業者を選ぶといいかもしれません。
ただし、Amazonギフトを取り扱っていても、全部の業者が優良店ではありませんので、換金率の高い業者選びが必要です。