クレジットカード現金化の流れについて

流れ

現在、総量規制によって、お金を借りれない方が続出しています。
専業主婦の方の借入も厳しくなり、個人事業の方は資金繰りに困っていると思われます。

このような状況の中、「クレジットカード現金化」という言葉を聞いたことがある方が多くなってきてると思います。
聞いた事はあるが、実際にどんなものなのか分からない方が多いかと思います。
そんな方のために、今回はクレジットカード現金化の流れについて説明します。
クレジットカード現金化のことについて詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

現金化の流れを知る前にやっておくこと

知っておく

クレジットカード現金化の流れを知る前にやっておくことがあります。

それは、クレジットカードのショッピング枠のご利用可能額を確認することです。
クレジットカード現金化はショッピング枠を利用し、現金に換えるサービスなので、利用可能額がなければ、現金を手元にすることはできません、。

ようやくお金が手元にできると思ったら、利用可能額が足りてなかったってことにならないようにした方がいいのです。
クレジットカード決済を失敗すると、クレジットカード会社に印象が悪くなってしまいますので、必ずショッピング枠のご利用可能額を確認しておきましょう。

ショッピング枠の確認方法は、各クレジットカード会社のWEB明細を見ていただくか、直接電話で確認しましょう。
確認ができましたら、次の手順に進んでください。

クレジットカード現金化の手順

クレジットカード現金化の方法は二種類あり、キャッシュバック方式と買取方式があります。
各方法によって、多少手順がことなりますので、分かるように下記で紹介していきます。

1.利用する現金化業者を決める

まずは、インターネットで利用するクレジットカード現金化業者を決めます。
現金化業者によって、手続きの方法や換金率(還元率)・買取率に違いがあります。
共通して言えることは、高換金率で対応してくれる現金化業者を選ぶことです。

現金化業者の中には悪徳業者もいますので、優良業者を探しましょう。
探すポイントは別ページにて紹介してますのでご覧ください。
口コミやランキングサイトの情報だけを信じると後で痛い目にあいます。
申し込みを決める前に、事前に現金化業者に電話をし、質問をしておくと優良業者で利用できる可能性がグッと上がります。

2.申し込み

現金化業者のサイトで申し込みフォームから、必要事項を入力のうえ申し込みをします。
申し込みフォームに入力する内容は、各現金化業者によって変わります。
電話で直接申し込みができる業者もいますので、その場合はお電話で確認してください。

3.本人確認

現金化業者によって、送る資料が異なりますが、基本的には身分証明書とクレジットカードになります。
クレジットカード不正利用防止のために送ってもらっている業者がほとんどとなります。

免許証やマイナンバーなど顔写真のついた身分証明書と、クレジットカードの両面を業者に送ります。

現金化業者によっては、身分証を片手に持ち、ご自身の顔と一緒に撮影したものを送ってもらう業者もいます。
クレジットカード関しては、大事な情報となるため、優良業者の場合は、クレジットカード番号の数桁と裏面のセキュリティコードは隠し送ります。
怪しい業者は、全てクレジットカード情報を提示しなければなりません。
この場合は、悪用される可能性もありますので、信用問題となるでしょう。

4.クレジットカード決済

利用金額に応じた金額の商品をクレジットカード決済で購入します。
購入する商品は、現金化業者によって違いますので、確認してください。

5.商品の受取

商品の受取は現金化業者の方法によって異なります。

キャッシュバック方式の場合は、商品を購入し、その商品を受け取るだけで手続きは完了となります。
買取方式の場合は、業者に直接商品を送って買取ってもらう場合と、一回受け取りそれを業者に送り買取ってもらう場合があります。

いづれにしても商品のやり取りが無い場合は、架空取引となりますので、ご注意ください。

6.入金確認

キャッシュバック方式の場合は、商品を購入した時点で現金が振込みされます。
買取方式の場合は、商品が業者に届き次第、現金が振込みされます。

振込みがされましたら、入金確認をしましょう。

現金化の流れのまとめ

入金まで

クレジットカード現金化の流れに関しては、このような流れになります。
初めての方がこちらをご覧になると、難しそうにみえますが、手続き自体は至って簡単です。
分からないことがあれば、現金化業者に聞けばサポートしてくれますので、パソコン・スマートフォンに不慣れな方でもご利用できます。