クレジット現金化は無職・専業主婦でも大丈夫!?

利用者は大丈夫!?

現在は、総量規制により無職の方や専業主婦の方の借入が難しくなっていますが、クレジットカード現金化はこんな方でも利用できます。
現金化は、収入がない人達ほど利用したいと思っていることが多いとも言われています。
結論から言ってしまうと現金化の利用は可能ですが、収入がある人と比べるとリスキーな点も多いため、あまりおススメはできません。

現金化は消費者金融を使えない人にとっては頼みの綱

お金を借りると言ってまず思い浮かぶのは消費者金融です。
おそらくですが、もっとも多くの方が利用する場所だと思われます。
近年だと、消費者金融ではなく、カードローンとして借り入れをする人も多くいます。
ただ、これらには審査があります。
稼ぎが無い無職の人や専業主婦の方にとっては、これが高いハードルとなり、たいていの場合審査に落ちてしまうことが通常となります。

他に考えられる方法としては、闇金融があります。
この方法は、詐欺や取り立てなどの悪いイメージを抱いている方が多いはずですので、好き好んでこの選択をする人は少ないと思います。

あとは、身内の方や知人に頭を下げて、お金を借りる交渉をする方法です。
しかし、こちらの方法に失敗すると人間関係がダメになってしまうので注意が必要となってしまいます。

そうなると頼りたいものは、クレジットカードの現金化になります。
面倒な審査がなく、クレジットカードさえ持っていれば手軽に現金ができます。
法にふれてはいないという謳い文句で商売している業者が多いので利用したいと思う方が多いようです。

クレジットカードさえあれば利用可能!家族カードは狙い目です

家族カード

現金化をする際に必要となるものはクレジットカードです。
例えば、退職や結婚をする前に作ったクレジットカードがあれば、それを利用するのも良いでしょう。
ですが、クレジットカードを持っていない方もいますし、有効期限が切れてしまって更新してない方もいます。
そこで、クレジットカードをいかに入手するかが重要となります。

クレジットカードを作る際は審査があります。
最近では、働いていても派遣やフリーランスではなかなか審査が通りません。
もちろん所得がない無職の方や専業主婦であれば、なおさら審査に通りずくなっています。
しかし、一部のクレジットカード会社は比較的通りやすいとも言われております。
それは、大手デパートやスーパーなどの系列店舗が提供している流通系のクレジットカードです。
また、家族カードは元の会員の収入で信用が決まるため、専業主婦の方でも作りやすくなっています。

金利が高いことはよく認識しておきましょう

無職の方や専業主婦でもクレジットカードさえ持っていれば現金化はできますが、クレジットカード会社に返済しなければなりません。
クレジットカード会社とお客様の契約内容によって、金利が変わります。

例えば、現金化業者に10万円の振込みを依頼すると、購入する商品の金額は約135,000円だとします。
そうすると、35,000円は業者側に手数料として支払いする形になります。
よって、利用者はクレジットカード会社に一括で払えば35,000円の負担だけで済みますが。
リボ払いや分割払いにすると、35,000円にプラス金利分を払わなくてはいけません。

ようするに、支払い回数が多ければ多いほど利息が取られ自己負担分が多くなります。
いくらすぐに、現金が欲しい場合でも返済計画を立てないと後から痛い目にあってしまいます。

使用するクレジットカードの金利や、現金化業者の手数料も考えたうえで利用はしましょう。

現金化で発生した膨大な借金

借金問題

収入があり、支払い能力があるサラリーマンならまだしも、収入が無い無職の人や専業主婦は現金化の扱いにいっそうの注意を払うべきでしょう。
例えば、専業主婦の方がむやみに現金化を行った結果、以下になってしまったと言う話があります。

買い物が趣味だった専業主婦は、夫の稼ぎを利用して買い物三昧の日々を送っていました。
その人は家計を管理していたため、夫にバレることなく買い物を繰り返し、返済していました。
夫へのお小遣いを減らすことによって、自分で使えるお金を貯めこんでいたものの、サラリーマンの平均程度の収入ではそうも何度も高額な買い物はできません。
そこで、インターネットでお金の稼ぎ方について調べたところ、「クレジットカード現金化」を知ったのです。
WEB上で簡単に手続きができるため、専業主婦の方はすぐに夫が作ったクレジットカードを利用して現金化をしました。
手軽に簡単にできることから、何度も取引きを行い現金を手にしたのです。
やがてクレジットカードの利用明細を確認してみると、高額な金額が記載されているのに気がつき、「ヤバイ」と思ってしまいます。
それもそのはず、今までクレジットカードの支払いをリボ払いにしていたため、いくら利用しているか把握していなかったのです。
リボ払いは、支払いが一定金額となるので楽に支払いができますが、その分、金利も増えてしまい、元金がなかなか減りません。
やがて、クレジットカードの利用限度額に達し、使用できなくなったところで、夫に泣きつくことになりました。
色々と調べた結果、現金化の取引きを行った場合は自己破産ができず、弁護士に相談しても引き受けてくれず、途方に暮れてしまいました。

このようなこともありますので、クレジットカード現金化を利用する際は返済のことを考えて利用しなければなりません。
返済が遅れることによって信用情報に傷もつきますので、ご利用は計画的にしたほうがいいでしょう。