ライフカードでキャッシングをすると?返済方法は?

ライフカードでキャッシングを行った際、返済はどのような方法になるのでしょうか。 返し方を知っていればお金を借りた時に清算の計画が立てやすく、賢く利用できそうですね。 便利なキャッシング機能を使いこなせるように、今回はライフカードについて調べてみました。


ライフカードはどんなものなの?

ライフカードはどんなものなの?
via www.photo-ac.com

●アイフルの子会社としてクレジットカードを取り扱っています。
2011年7月1日に、株式会社ライフの子会社としてライフカード株式会社は設立されました。

 

 

 

審査基準は消費者金融クラス?ライフカードはアイフルの子会社です

入会審査の保障会社もアイフルが行っているため、キャッシングに強く、審査基準を比較的、通りやすいカードの1つとなっています。

審査が甘かったり、緩いというよりも、審査基準が他のクレジットカードとは違うのです。消費者金融に通るレベルがあれば、審査に通る可能性があります。

via ライフカード【審査・評判・口コミ・年会費・ポイント還元率】

●主婦やアルバイトでも審査に通る可能性があり、学生向けのプランを打ち出しているのも特徴のひとつだと言えますよ。

手数料費用 費用  解説

入会金 無料  ライフカード入会にはお金はかかりません。
発行費 無料  発行費も0円です。
事務手続き 無料  事務手続きなどの諸費用を請求されることはありません。
年会費 無料  1年間、保有するためにかかるお金は0円です。
解約手数料 無料  ライフカード解約にかかるお金も不要です。

ご覧いただければわかるように、ライフカードは完全無料で作成&保有することができるクレジットカード。

世の中一般でも『クレジットカードを作るのってお金がかかるんじゃないの?』とか、『年会費がかかるものなんでしょ?』と思われている方はまだまだ多いのですが、少なくともライフカードについては作成も保有も0円なカードとなっています。

つまり試しに作ってみる…なんてことも問題なく可能です(作ってみたけど使わないな…と思ったら、その時は解約すればOK)。

via ライフカード完全ガイド2017!これから作る方にもわかりやすく、ライフカードの保有メリットやポイント制度などを徹底解説します。 – クレジットカードの読みもの

●リボ払い、分割払いを利用する際には手数料が発生します。
1回払いを利用するのであれば手数料はありません。

ライフカードのメリットは?

ライフカードのメリットは?
via pixabay.com

◎ライフカードの活かし方4つ◎
1. まずは確認!年会費無料の素晴らしい価値
2. ステージ制度を利用して基本還元率を底上げしよう!
3. 誕生月はポイント5倍!まとめ買いでポイントをガッツリ貯めよう!
4. ポイント有効期限は5年!ガッツリ貯めたら一気に交換!

via ライフカード完全ガイド(ETC無料)メリットとデメリット解説!:ETCつきクレジットカード100選

●ライフカードはポイントがたまりやすく、還元率が良い点がメリットだと言えます。
正しく機能を理解し、効率よく活用していきましょう。

(1)初年度はいつでもポイントが1.5倍(還元率0.75%)
「ライフカード」を申し込んだ年は、ポイントがいつでも1.5倍獲得できます。100円につき0.15ポイントで、1ポイントの価値が5円ですから還元率は0.75%。高いといえば高いのですが、正直0.75%であればそれほど魅力的ではないでしょう。

(2)誕生月は基本ポイント5倍(還元率2.5%)
ライフカードの最大の特徴は誕生月の利用の場合、100円につき0.5ポイント獲得できることです。つまり、還元率は2.5%。誕生月に支払いを集中すると一気におトクになるカードです。

via 「ライフカード」のメリット、人気の秘密とは?年会費無料でありながら、誕生月ポイント5倍など4つのボーナスポイントで還元率は最大1.73%に!|おすすめクレジットカード比較|ザイ・オンライン

●初年度は1.5倍で、誕生日の月にはさらに5倍になると考える人が多いですが、反映されるのは誕生日の特典のみとなります。
気をつけましょう。

(3)ステージ制で翌年度、最大ポイント2倍(還元率1.0%)
また、LIFEサンクスプレゼントは、年間利用額に応じて、翌年のポイント倍率が変わります。年間50万円以上の利用で1.5倍、年間150万円以上の利用で2倍となるため、年間150万円以上利用する人にとっては、いつでも還元率が1.0%、誕生月は2.5%となかなかお得なカードに早変わり。

(4)スペシャルボーナス300ポイント付与(1500円分)
さらに、年間50万円以上利用すると、300ポイント(=1500円相当)を獲得できます。スペシャルステージ、プレミアムステージの場合は、必ず300ポイントのボーナスポイントを獲得できるということです。

via 「ライフカード」のメリット、人気の秘密とは?年会費無料でありながら、誕生月ポイント5倍など4つのボーナスポイントで還元率は最大1.73%に!|おすすめクレジットカード比較|ザイ・オンライン

●ステージはレギュラーステージが年間50万円未満利用の人、スペシャルステージが年間50万円から150万円未満の人、プレミアムステージは150万円以上の人と、それぞれ該当します。

ライフカードのデメリットは?

ライフカードのデメリットは?
via pixabay.com

基本の還元率は普通

ステージ制度などを除いた場合、基本還元率は0.5%となるので、他の年会費無料で高還元率のカードと比較すると、見劣りしてしまいます。

家族カードの誕生月が本会員の誕生月で登録される

家族カードが無料となることがメリットとしてあげられますが、ライフカードの家族カードの場合、本会員の誕生月が登録されるため、ポイントが5倍となる月を別々に設定することができません。
もっとお得に利用したいということであれば、家族カードの発行ではなく、新たにカードを作成した方がよいです。

旅行障害保険の付帯なし

ライフカードは、紛失・盗難時の補償のみの付帯で、国内外での旅行障害保険は付帯されていません。
そのため、海外旅行へ行く機会が多い方の場合は、海外旅行障害保険のついた年会費無料のカードを別に作成することを検討する必要があります。

via http://number-eight.net/lifecard/#i-10

●海外に行く機会が多い人はVISAなど別ブランドのカードを検討しましょう。
国内でポイント狙いなら、クレジットカードを多用する人にとってはお得感がありそうですね。

返済方法が気になる…

返済方法が気になる…
via pixabay.com

キャッシング枠は、個人の年収や職業、信用情報に基づき設定されますが、最大で200万円までです。

学生専用カードにもキャッシング枠を設定できますが、こちらは最大で10万円までです。

via ライフカードのキャッシング枠の活用方法をご紹介! – キャッシング大学

●ライフカードでお金を借りる場合、国内ならATMで気軽に手続きをすることができます。
ゆうちょ銀行などの金融機関や、コンビニといった店内ATMからでもキャッシングが可能です。
インターンネットからでも24時間対応していますし、コールセンターを利用することもできるので、借りる方法に困ることはないでしょう。

ライフカードでは、2通りの返済方法が用意されています。

一括返済

前月末までに借り入れた金額を一括で返済する方法です。

 

リボ返済

リボ払いを指定している場合は、利用額総額によって月々で引き落とされる金額が異なります。
毎月の負担が減る一方で一括返済とは異なりお金借りる期間が長くなってしまいますので、その分、利息が増えてしまうのがデメリットです。

via Lifeカードのキャッシング返済方法は?国内外での違いは? | 東大医学部卒のMIHOが語った即日融資カードローン!

一括の場合、特定の金融機関を利用している人は翌々月の3日に振替となります。3日が定休日の場合は、翌日の営業日に行われます。
利用している金融機関により日にちは変わるため、お金を借りる際は調べてからの方が無難でしょう。

リボルビング払いは、カードのご利用金額やご利用件数にかかわらず。毎月のお支払い額がほぼ一定になるお支払い方法です。カードご利用可能額の範囲内なら何度でも繰り返しご利用いただけます。
月々のお支払い額は、前月末のご利用残高(未決済残高)に応じて異なります。詳しくは、カードとともにお送りする会員規約をご覧下さい。
【2007年12月1日以降にご入会会員】
前月末のご利用残高(未決済残債務額)に応じて下表のお支払い額となります。

前月末残高 お支払い額
1円~20万円 10,000円
20万円超~40万円 20,000円
40万円超~60万円 30,000円
60万円超~80万円 40,000円

※前月末残高が80万円を超える場合は、20万円あたり10,000円単位で支払い額が増額となります。
※お支払い額には、「ご利用条件」欄の利息が含まれます。

via キャッシングのお支払方法|クレジットカードはライフカード

●支払額が決まっていると、返済額が少なくまだ借りれるのではと錯覚するケースがあります。
お金を管理する自信がない人は、一括払いがおすすめです。

返済の注意点は?

返済の注意点は?
via pixabay.com

●ライフカード特有の注意点はあまりありません。
他のクレジットカードと同様に、返せない金額は借りないよう、肝に銘じて利用してくださいね。

 

 

 

ライフカードの融資利率、つまりキャッシングする時の利息は以下の通りです。

実質年率
100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%
遅延損害金 20.0%

利率については利息制限法にのっとって、クレジットカード会社各社横並びなので、ライフカードも同じ利率で設定されています。
この点に関しては他のカードと比べる意味はありません。

via ライフカードのキャッシング完全ガイド│知らないと困ること:ETCつきクレジットカード100選

●ライフカードでは最大200万円借りることができます。
お金欲しさにキャッシングしすぎてしまい、返せない…なんてことのないように気をつけてくださいね。

ライフカードの二回払いに注意?

二回払いを利用した場合、本来であれば手数料無料なのにもかかわらず、ライフカードでは稀に手数料が発生してしまうケースがあるなので、この点には、気を付けるようにしよう(ライフカードの公式サイトに小さく注意書きがある)。

via ライフカードの申込前に必読!クレジットカード情報ポータルBENRISTA

無理のないキャッシングを!

ライフカードはポイントがたまりやすく還元率も良いため、利用者にとってお得なクレジットカードだと言えそうです。
アイフルの子会社ということもあり、キャッシングに強いのが利点ですが、上限枠が広いからと言って返しきれない金額を借りないように注意しましょう。
借りたら返すを徹底してくださいね。