審査が不安!?在籍確認なしのキャッシングってあるの?

キャッシングを利用するには契約前に審査がありますので、何となく不安になってしまいますよね。在籍確認がないキャッシングを探している人もいるかもしれませんが、在籍確認なしのキャッシングは存在するのでしょうか?


在籍確認はキャッシング審査の重要項目

新規でお金を借りる場合、在籍確認というものを通らなくてはなりません。別名本人確認とも呼ばれていますが、キャッシングやカードローンの審査では、申込書に記入したりインターネットの申込みフォームに入力したりして収入の金額や勤務先を申告するようになっています。
そもそもお金を借りる場合は、まずきちんと働いて収入がある事が条件になります。
借入れしたお金を返済するための収入があるかどうかということに関係しますので当然ですね。

さらに、申告した勤務先で本当に働いているのか直接電話をします。
本人が電話に出た場合はすぐ確認が終わります。休みなどで本人以外しか取れない場合でもプライバシーを考慮してくれているので本人以外が電話に出てもキャッシングに関する事だという事は言わないので安心できます。

在籍確認はキャッシング審査の重要項目
via www.ac-illust.com

在籍確認をしないと、嘘の勤務先を申告してもそれが判明せずにそのまま通ってしまいます。
本当は収入がない人がお金を借りてしまうこともできますので、そういうことがないようにしっかりと電話で確認が行われます。

在籍確認なしのキャッシングはあるのか?

まず前提として知っておいていただきたいことは、電話による在籍確認が絶対にないというカードローンはないという事です。よくネットで在籍確認なしで申し込めるカードローン一覧というような特集を組んでいるところがありますが、電話による在籍確認を絶対に避けるという方法は今のところ有りません。

よくインターネットの掲示板サイトや2ちゃんサイトでは、どこの会社は在籍確認がないという情報が流れていますが、基本的に電話での在籍確認は避けることはできません。きちんとした金融会社ではどの会社でもきちんと在籍確認しているからです。

在籍確認なしというキャッシングを見つけたとしても、安易に飛びついてはいけません!

通常のキャッシングの審査で在籍確認をしないというサービスはありませんので、違法な業者の可能性がありますので十分に注意をしましょう。

在籍確認なしのキャッシングはあるのか?
via www.photo-ac.com

しかし、要件を伝えなくても勘のいい人にはローン会社からの電話だと気付かれることもあります。悪いことをしているわけではないが、なるべく他人に知られたくなく、この作業が嫌で借りることに悠長している方が多いのも事実です。

電話以外の方法で在籍確認をすることはを可能な場合も

電話での確認が嫌というだけでしたら、代わりに「在籍確認の電話連絡なし」というサービスならあります。

在籍確認自体がなくなるということではありませんが、職場への電話が難しい場合は別の方法で在籍確認ができるのです。

例えば、在籍が確認できる書類を提出することで電話確認の代わりになる場合があります。

電話以外の方法で在籍確認をすることはを可能な場合も
via www.pakutaso.com

書類で在籍確認を行う消費者金融

職場の在籍確認がなくなるというより、書類で在籍確認をするといった方が正解です。
WEBでの手続きになりますがが、必要書類を用意しなければなりません。

社名入りの健康保険証
直近給料明細
源泉徴収票
の中から1つだけ用意すれば大丈夫です。職場に電話が掛かってこないので、他人に知られたらどうしようという心配もなくなりますので、重要な時に借り入れができて便利なサービスですね。
ここで注意点ですが、健康保険には必ず社名が記載されているかどうかの確認をしてください。
社名が記載されていない場合は、在籍確認をすることはできません。

書類で在籍確認を行う消費者金融
via pixabay.com

現段階では一部ですが、一定の条件を満たせば職場への電話連絡を最初から行わない消費者金融もあります。

大手銀行グループのキャッシングでもそういう仕組みのところがあります。

個人事業主は電話での在籍確認が必要

個人事業主の方で会社がない場合は申込書に記入した自宅の電話にかかってくると思います。会社の電話番号記入欄に仕事上で使っているのが、自宅の番号のことが多いので結果的に自宅の番号になると思います。

個人事業主は電話での在籍確認が必要
via pixabay.com

注意点として、こういった書類での在籍確認は、健康保険証や給与明細で確認を行っていますので、実質上は会社員限定の方法となります。

個人事業主は事業用の電話で在籍確認をしてもらうという流れがどうしても必要ということになりますね。

事業用の電話
via www.pakutaso.com