用途自由で、即日(1日)融資OKのビジネスカードローン

ビジネス用途で個人事業主向き、そして即日又は1日で融資可能な業者は多くありません。 しかし、そんな条件を満たすカードローンは存在します。 ここでは、最近のキャッシング・カードローン事情に触れながら、前述の条件にマッチしたカードローンを紹介します。


個人事業主向けの事業用途に即したキャッシング事情

世の中を見渡せばキャッシングと、ローンという言葉が踊っています。
一昔前であれば、二つの用語は区別されて使用されていました。
前者はと言えばどちらかと言えば、気軽に(人によりケースにより異なりますが)数万円程度を気軽に利用するという人が多いかも知れません。
また、娯楽に近い使い方、冠婚葬祭が立て込んだ為等の理由が大半でしょう。
一方のローンという言葉は、在宅ローン・自動車ローン等以外のローンは、カードローンと言われて使われる事が多い傾向にある様です。
カードローンは銀行等のATMを利用して、予め決定した金額以内であれば、好きな時に好きなだけ引き出すというメリットがあります。
そこへ、キャッシングローンという造語とも、新サービスとも受け取れる商品が登場して益々、混乱してしまいがちになりました。
しかし、個人事業主が事業資金目的で利用出来る商品が出来たのは、最近の事と言って良いでしょう。
その代表となるのが、ビジネスローンです。
個人事業主でも安定した収入を証明出来る書類や、青色申告等で作成した書類等の提示が求められ慎重な審査が行われます。
そして借りたい希望金額を鑑みて、審査の合否を決定するのです。
さて、今回は個人事業主がビジネス目的で利用可能で、尚且つ即日融資という、これは極めて厳しいルールと言って良いでしょう。
ですから、選択肢はぐっと狭くなりますが、候補となるビジネス向けカード・ローンは存在します。

銀行カードローンのキャッシングは事業資金としては使えない?
銀行カードローンの場合、一般的に、個人事業主の方が事業資金を目的としてキャッシングを利用することはできないケースが多いようです。
ただし、個人事業主の方でもキャッシングの申込みは可能なので、事業資金ではなく生活費の補填を目的として借入することは可能です。
銀行カードローンの一般のカードローンは事業資金として使えませんが、ビジネス専用ローンがある場合は、個人事業主の型が事業資金として利用することができます
個人事業主の事業資金は、ビジネスローンがおすすめ
消費者金融や銀行、信販会社など多くの金融機関で、ビジネス専用のビジネスローンを取り扱っています。
個人事業主の方も申込みが可能で、事業資金を目的として利用することができ、担保や保証人なしで高額の融資を受けることができます。
比較的利率が高いというデメリットがありますが、高額の融資を利用しやすいというメリットがあります。
消費者金融の場合には、ビジネスローンに限って総量規制の対象外として扱われます。
つまり、年収の3分の1を超える金額の借入も可能なのです。

via 個人事業主のキャッシング|審査に通るコツとおすすめビジネスローン – キャッシング大学

●キャッシングが事業資金に使えないとは、余りこの業界に関係の薄い人にとっては、驚くのは間違いないかも知れません。

キャッシングは事業資金では使えない
via www.stfrancismelbourne.org

キャッシングは事業資金では使えない

●金融業界の言葉って、ややこしいですね。
もっとシンプルにしてくれると、ありがたいんだけれどと、思う今日この頃です。

 

 

 

 

オリックスVIPローンカードBUSINESS編

融資スピード

個人事業主が、より大きな企業より、可及的速やかに金銭面でのアクションを起こせるという意味においては、実におおきなメリットと言えるでしょう。

オリックスVIPローンカードBUSINESSは申し込みから最短即日審査・即日融資を行っています。
ビジネスローンには審査から融資まで数日かかる企業も多い中、即日融資できるのはオリックスVIPローンカードBUSINESSの魅力の1つです。
また店舗などに出向く必要はなく、申し込みから審査・融資までWEB完結できます。
とにかくすぐに資金が要る人には大変嬉しい対応です。
なお、審査の難易度はどの金融機関も評価基準を公表していないので未知数となります。オリックスVIPローンカードBUSINESSはビジネスローンなので、提出する収入証明と過去の経歴に問題がなければ、ある程度の限度枠までは高確率で可決できるでしょう。
ただし、あくまでも可能性なので会社によっては否決になる可能性も0ではありません。

via 個人事業主へおすすめ!オリックスVIPローンカードBUSINESSの金利と審査

●ビジネスカードローンでは審査の厳しさからでしょうか、少なくとも数日を要するというのが一般的です。
金銭を貸し出す側からすれば、それは無理からぬ事でしょう。
しかし、オリックスVIPローンカードBUSINESSは狙い目です。
オリックスブランドという安心感も、捨てがたい要因でしょう。

オリックスVIPローンカードBUSINESS
via nextat19th.org

オリックスVIPローンカードBUSINESS

●個人事業主でも利用可能な、事業向けカード・ローンです。

 

 

賢い利用方法

経済的に苦しいときの支払い時期をずらすことと、約定返済に頼りすぎないことがコツです。
カードローンの利用用途は自由なので、経済的に苦しいときは各種支払をまとめてカードローンで支払い、時期をずらしてコツコツと返済していきましょう。
約定返済だけに頼らず臨時返済を繰り返し、「まとめて借りて早期返済する」を原則として利用すると良いでしょう。

via カードローンのメリットを知って上手に活用しよう | カードローンの全てがわかる、プロが教えるなるほど!カードローン

●カードローンは利用したら、「1日でも早く返済する」をポリシーにしていれば、後々返済の過程で困る事はないでしょう。
もちろん個人事業主の場合、直ぐ様返済する資金を、1日で調達する事は至難の技です。
そういう場合でも、出来るだけ早く返済出来る様に、予め見通してを立てておくのが賢明と言えます。

即日融資というけれど、具体的には何時迄に申し込みをすればモアベターなのか

午後2時半がリミットですから、昼食後には直ぐに申し込みを済ませておきましょう。

②何時までの契約で即日融資が可能?
審査時間が最短60分なのは、銀行や公的金融機関の審査が数日から1ヶ月以上に及ぶ長さであることを考えれば驚異の早さです。
他社では結果告知後にいろいろ手続きがあって時間がかかることがありますが、オリックスクレジットは顧客側がWEBで契約内容を確認して同意クリックをした時点で、手続き完了となります。
・申し込みは午前中を目処に
カードは後日郵送で届きますので、同意クリック後にすぐ振込みしてもらえば当日に利用ができるという流れです。
振込みの場合は銀行営業時間に合わせて、平日の14:30までに手続きを完了していなければなりません。
審査状況によっては審査に時間がかかることも予想されますから、当日の午前中までには申込みを完了させておくと確実です。

via オリックス・クレジットの審査基準・時間について解説! | キャッシングのいろは

●後は、ゆっくりと順番を待つというのが安心出来、賢い方法と言えます。

14時半がリミットと心得ましょう!
via mirror.uncyc.org

14時半がリミットと心得ましょう!

●平日の14時半というのは微妙な時間ですが、早々に手続きを済ませておきたいものです。

 

 

 

ビジネスパートナー編

最短1日で審査を終える事も不可能では、ありません。

法人・自営業・個人事業主の方は、事業拡大や決算時などまとまっと資金が
必要なことがありますよね。
そんな時に頼りになるのがビジネスローンの「ビジネスパートナー」です。
ビジネスパートナーは、事業者向けのビジネスローンで
申し込みから契約まで来店不要。インターネットと郵送で手続きが完了します。
書類が揃えば、最短1日で審査完了。すぐに融資をしてもらえます。
原則無担保・無保証で何度でもお借入れでき、最大500万円までのご融資が可能。
仕様使途は、事業資金の範囲内なら自由に利用が可能なので、
取引先への支払いや設備投資などにも活用ができます。

via ビジネスパートナー審査のポイント|お金を借りるセレクト

●こちらもビジネスカードローンの一つで、個人事業主にも勿論、対応しています。
正確な名称は、「ビジネスパートナー」。
リース業と貸金業を兼ねて、経営をしています。
収入の証となる書類の提出は必須ですが、手数料不要で個人事業主なら、利用候補の一つに入れたいビジネスカードローンといえます。

ビジネスカードローン「ビジネスパートナー」
via www.b-partner.co.jp

ビジネスカードローン「ビジネスパートナー」

●残高スライドリボルビング払い方式を採用しているので、纏まった収入がある時に出来るだけ早期に完済出来るように心がけましょう。

貸付条件

項目 内容
融資対象 法人又は個人事業主の方
申込時年齢 満20歳〜満69歳まで
融資額 50万円〜500万円
ご利用方法 限度額の範囲内で繰り返しにご利用いただけます
利息(実質年率) 9.98%〜18.0%
遅延損害金(実質年率) 20.00%
担保 不要
繰り上げ返済 可能(繰上返済手数料不要)
保証人 原則不要 ただし、法人の場合は代表者の連帯保証が必要です
返済方式及び返済期間・回数 借入時残高スライド元金定額リボルビング返済:最長5年(60回以内)
必要書類 ●個人事業主のお客様
ご本人様を確認する書類、確定申告書原則2年分 等
契約締結費用 印紙代(実費)

via 事業資金の借入、資金調達、ビジネスローンならビジネスパートナー

●500万円まで借りられますが、無理のない範囲で借りる様にしましょう。