個人事業主ができる【キャッシング】を知っておく!

「個人事業主」と言うと、収入が不安定で返済能力に関して大丈夫なのか?と、どうしても疑問を持たれることが多くあるのですが、ちゃんと【キャッシング】できるんですよ! 知っておいた方がいいことや条件などを、色々とまとめてみました。


個人事業主がお金を借りにくい理由

個人事業主がお金を借りにくい理由
via pixabay.com
個人事業主は、「お金を借りにくい」と言う話を聞きます。
それは、お金を貸してくれる業者が「安定した収入がある」「支払いが滞りなくできる人」を希望しているからです。
貸したはいいけれど、返ってこないのでは困りますからね。
収入が不安だと、そういったことがネックになるので、OKがなかなか出ないのは事実です。

・突然、仕事が途絶える可能性が高い。
・会社員などと違い、仕事の内容が把握ができない。

これが、審査が通りにくいと言われている理由なのです。
だからといって、全く貸してくれないわけではないので個人事業主の方でも融資を受けられる可能性は充分あります。

まずは、相談だけでもしてみる

どうしても、仕事上のことで融資を受けないと難しい局面になってしまった時には、収入を確保するために必要経費だと分かってもらうことも大切です。
まずは、金融業者に直接、相談してみてはいかがでしょうか?
融資を受けにくいと言われているけれども、理由によっては、すんなり通るかもしれません。
1人で考え込んだりするくらいなら、直接、聞いた方が答えが早く出ることが多いです。

メール・電話・窓口と、相談できるところがあります。
時間に余裕があって、さほど急がないならメールでも構いませんし、どうしても急ぐのであれば、電話か窓口で相談されるのが良いでしょう。

審査を通すために

審査を通すために
via pixabay.com
確定申告を毎年しておくこと。
赤字経営をしているわけではなく、安定した収入があると証明するために、
毎年、確定申告をしておくことをオススメします。

ある程度の利益があるのと無いのとでは、審査をする側にしたらとても大事ですよね。

税務署を通している証明書ですから信頼度も高くなります。
正確に記入し、経費をこまめに分けておくことも大事ですよ。
収入が明確になればいいので、確定申告の控え以外でも大丈夫です。
本人確認をするために、運転免許証や健康保険証、パスポートなども必要です。

キャッシングが、事業向けか個人向けか?

金融業者によっては、「個人事業主専用のプラン」があります。
こちらですと、個人事業主以外の方は使えないのですが、
個人事業主にとって、メリットも多く、相談に乗ってもらいやすいのです。
もし、このプランを出している業者や銀行を見つけた時は、早めに話をしておくといいですね。

借りるのが簡単ですと、金利が高かったり限度額が小さくなる場合も。
反対に、借りるのが難しいときは、金利が低くて限度額が多い場合がありますので、
状況に合わせて考えておきましょう。

キャッシングが、事業向けか個人向けか?
via pixabay.com
借り入れができるのが分かっても、借り入れ用途がどういった状態によって、
使える資金の内容によっては、制限がかかることがあるので、注意しましょう。

事業でも、公になっていないフリーランスの場合ですと、
事業向けのキャッシングができないことがあります。
その場合は、個人向けキャッシングの方で契約することができます。

個人向けですと、カードローンが審査も早くて、急にお金が必要になった時には
とても重宝します。
しかし、メリットとデメリットもありますので、気をつけておくことも押さえましょう。

カードローンのメリット

カードローンのメリット
via pixabay.com
カードキャッシングは、審査が早いので緊急時向けの融資と覚えておきましょう。

「どうしても」と言う時にとどめておいた方がいいかもしれません。
その場合は、即日融資のある所を探してみると、いくつか出てきますので、
よく調べてみましょう。

早いと30分から1時間ほど。
即日もあります。
早いのが当たり前になっています。

消費者金融系のカードは、融資内容に制限が少ないことが多いです。
なので、事業資金に使ってもOKなところも。

カードローンのデメリット

「個人事業主の私生活を支えるための利用」なら特に問題ありませんが、
「事業主の仕事に直接関係する費用」には使えません。
普通の生活に使う場合と、分けて考えておくのがいいでしょう。

カードローンを事業資金に使っている方もいらっしゃいますが、これはオススメしません。
禁止されています。

銀行系と比べて、金利が高いので注意も必要です。
金利のことを考えたら、審査も厳しいですし時間はかかりますが、銀行系がオススメです。

日本政策金融公庫の融資

日本政策金融公庫の融資
via pixabay.com

「国民生活の向上に寄与する。」と言うのが、公庫の目的であるので、
個人事業主や中小企業の方など、どの業種の方も借りやすいでしょう。

借金があっても借りられますので虚偽の記入だけはやめましょう!
借金があることを隠しても、すぐにバレてしまいます。
そのことによって融資が難しくなることもあるので、正直に書くことを心がけておきましょう。

お金
via pixabay.com

その他のポイントとしては、借り入れや返済状況がどうなっているのかです。
借り方がルーズであれば、融資が難しくなることが考えられます。

返済が遅れ気味、払っていないなど、借り入れに不利な状況を作っていないのであれば、
返している途中であっても、問題にはならないようです。

返済期日は、何があっても遅れることを避けましょう。

普通貸付|日本政策金融公庫

普通貸付|日本政策金融公庫ほとんどの業種の中小企業の方にご利用いただけます。 (金融業、投機的事業、一部の遊興娯楽業等の業種の方はご利用になれません)。

 

まとめ

まとめ
via pixabay.com

個人事業主は借り入れが難しいとは言われていますが、調べてみると思っていたより難しいものではないようです。
収入が継続している、事業内容や状況が明確だと、審査をしてもらえたりしますし、
意外でしたが、公庫もありましたね。

窓口にいくと、相談に乗ってもらえることもあります。現在の状況や時間に応じて、ベストなキャッシングを考えてみてはいかがでしょうか?