キャッシングをすると【信用情報に傷が付く?】その中身

キャッシングを行うと、個人情報に傷が付くと言うことを聞かれた方もいらっしゃるかと思います。 実際にキャッシングの申し込みを行うと信用情報に傷が付くのでしょうか? そもそも信用情報機関とは何でしょうか?その中身などについて調査してみました。


信用情報機関とは

信用情報機関とは
via www.caa.go.jp

信用情報機関とは,信用情報の収集と提供を行う機関であり,クレジットカードの申請があった時,金融機関は他社での利用状況や事故情報(俗にいうブラックリスト)を調べることができます。
主に,「銀行」「消費者金融」「信販会社」などが加盟会員となっています。
なお,信用情報機関に登録される情報は下記に分かれます。
1.登録される利用者の個人情報
2.登録される利用者の借入情報
3.登録される利用者の事故情報もしくは異動情報 ※俗にいうブラックリスト

via 信用情報機関について/キャッシング情報なら弁護士法人アディーレ法律事務所

キャッシングの申し込みを行う際に、信用情報機関という物に登録されます。
これは、銀行などの金融機関がお互いに情報を交換出来るようにしている機関です。

主な信用情報機関

①CIC

CICはクレジットカード会社を中心に消費者金融、銀行、リース会社など幅広い会社が加盟している信用情報機関です。

②JICC

JICCは貸金業者を中心とした信用情報機関で多くのキャッシング会社が加盟しています。

③全国銀行個人信用情報センター

全国銀行個人信用情報センターはその名の通り銀行系の金融機関が加盟する信用情報機関です。

via 個人信用情報って何?|ナビナビキャッシング|消費者金融 / カードローン

主な信用情報機関は上記の3つです。
この3つが単独で情報を持っているわけではなく、情報機関同士でも情報のやりとりは行われています。
情報機関は、借入限度額が超えていないのか、事故情報がないのかそういった情報を金融機関が確認するためにありますね。

信用情報に傷が付く

「信用情報に傷がつく」ってどういう状態?
では、「信用情報に傷がつく」とは具体的にどういう状態なのでしょうか?

信用情報に傷がつく=事故情報が記録された状態
信用情報に、事故情報が記録されていることを「傷がつく」と表現する場合が多いです。

via キャッシングを利用すると信用情報に傷がつく?! | キャッシングのまとめ

キャッシングに申し込むと信用情報に傷が付くと言われたりもしますが、キャッシングを申し込んだだけでは傷は付きません。
ただ、返済が遅延した場合や債務整理などを行うと事故情報として傷が付きます。

傷の中身とは

傷の中身とは
via www.caa.go.jp

信用情報のキズやブラックリストと呼ばれているものは、ローン、クレジットなどで「長期延滞、債務整理(自己破産・個人再生)、代位弁済(保証会社の返済)」などを行ったことが記録されていることです。

正確には「異動情報」と呼ばれるもので、一般的に「事故情報」や「ブラックリスト」とも呼ばれています。

via キャッシングを利用すると信用情報に傷が付き住宅ローンの審査に通らなくなるという話 | はじめてキャッシング

上記にもあるように、信用情報に傷が付くというのは、延滞を繰り返すかた、もしくは返済が出来なくなった方です。
そうでは無い方には関係がありませんね。

注意点もある

注意点もある
via www.caa.go.jp

「申し込み ⇒ 審査落ち」が1回程度では、キズにはなりません。しかし、3回履歴が付くとジワジワとキズになって行きます。6回、7回になるとはっきりとしたキズになります。それは何故でしょうか?

◆ 3か月~1年以内の間に申し込みを繰り返す ⇒ 全て審査落ち

上記のパターンの場合は、「よほどお金に困っている人」=「返済能力に不安がある人」と判断されてしまいます。貸す側はきちんと返済をして貰わないと困るので、返済が疑わしいと判断すれば融資はしません。

◆ 3か月~1年以内の間に複数の会社に借入がある ⇒ 借入金額が多額

このパターンは融資は全て受けられていますが、「借り逃げ」の可能性が高いと判断されてしまいます。

via 審査がとおらない…個人信用情報にキズをつけない方法! | お金の学校

短期間に複数の金融機関に申し込んだ場合や、借入金額が多くなりすぎた場合は傷は付きませんが、借入が出来る金融機関が減ってしまいます。
こういった点にはキャッシングを行う際には注意が必要ですね。

延滞発生時

延滞発生時
信用情報機関では、「返済が3ヶ月以上滞ること」を「延滞」としていますが、実際は各金融機関の判断によって異なります。
通常は2~3ヶ月以上遅れると「延滞」の情報が記録されますが、同業者で2回以降延滞した場合は、すぐに記録されてしまうこともあるようです。

保存期間
シー・アイ・シーと全国銀行個人信用情報センターは、延滞が解消されてから最長5年間
日本信用情報機構は、延滞が解消されてから最長1年間

via 信用情報機関を徹底解説!ローンの利用記録はいつまで残る? | キャッシングのまとめ

返済の延滞期間が3ヶ月を超えると信用情報に傷がついてしまいます。
傷が付いてしまうと、次に中々借入が難しくなってしまうので、返済は計画的に行って行きたいですね。