はじめての人でも知って安心「キャッシングの基礎知識」

事業の資金調達のためにキャッシングの利用を検討中の方は多いのではないでしょうか。 適切な事業運営のためによりよいプランを選ぶことは、事業主さんにとって大変重要な問題 です。ここでは初めての人でも安心の、キャッシングの基礎知識について紹介します。


意外と知らないキャッシングとカードローンの違い

一般に小口の融資といえばキャッシングやカードローンというイメージですが、
意外とこの2つの違いについて知っている人は少ないのではないでしょうか?
ここではキャッシングとカードローンの違いについて調べてみましょう。

意外と知らないキャッシングとカードローンの違い
via pixabay.com

急にお金が必要になったときに便利なサービスが、キャッシング・カードローンです。
•キャッシングとカードローンの違いは返済方法で、キャッシングは一括払いの返済が一般的で、カードローンの返済は分割払いになります。
•キャッシング・カードローンとも事前に審査を受けてカードを作っておけば、必要なときにいつでも利用できます。

via キャッシングとは ~キャッシングとカードローンの違い~|ナビナビキャッシング|消費者金融 / カードローン

なるほど、返済方法の違いということですか・・
状況と用途に応じて使い分けることが出来るように2つを併用する
ということも検討できますね。

即日融資も可能!スピードが魅力のキャッシング

事業を運営していると「あと3日分の資金が必要」という事態は
ままあることです。
そんな不測の事態が起きた時に即日融資を受けられるのが
キャッシングの大きな魅力です。

即日融資も可能!スピードが魅力のキャッシング
via pixabay.com

即日キャッシングはパソコンからでもできる審査でパスできれば、現金を申込当日に借りることができる頼りになるキャッシングなんです。手の打ちようがない資金不足は予測不可能ですから、困ったときほど即日で現金を借りることが可能なキャッシングというのは本当にありがたいと感じることでしょう

via 現金 借りる|即日融資の借入ができるおすすめキャッシングはココ!

不測の事態でピンチに陥った時の心強い味方ですね。
お店で待たされる心配のない、インターネット申請も魅力的です。

気になるキャッシングの審査基準

キャッシング業者が審査するさいの基準となるポイントがいくつかあります。
ひとつは「属性ポイント制」もうひとつは「属性モデル像」とよばれるものです
このふたつの基準について紹介します。

気になるキャッシングの審査基準
via pixabay.com

属性ポイント制とは

属性ポイント制とは、借入を申し込んできた人の職業や勤務形態、
勤続年数、居住形態などの基本的なことを聞いていき、
それに基づいて点数をつけた結果、融資するかどうかを
決めるという審査方法です。

via キャッシング 審査基準を知って借り入れを!有利な人不利な人

属性ポイント制とは
via pixabay.com
この基準は申請者の社会的身分をポイントにして信用度を確認するためのものです。
もちろん調査が入るので虚偽の申請はいけませんよ。

属性モデル像とは

借り入れの申し込みがあった時には、まず職業、勤続年数、業種、居住形態、他社借入年数、年収、配偶者や子供の有無、他社との取引履歴(クレジットカードの支払に遅れはないか、家賃で携帯代はきちんと支払っているか)などの様々なことを聞いていき、
その結果、出来るだけ同じ条件に近い過去の顧客データを探します。

そして、似たようなモデル像を複数引き合いに出した上で、
それらのモデルが過去にどのような取引を行ってきたかを見ます。
その結果、モデルの中に複数の金融事故や返済の滞りなどの
問題が見られた場合には、その人に対する融資の決定は
降りないということになります。

via キャッシング 審査基準を知って借り入れを!有利な人不利な人

これは自分と同じような社会的ステータスを持った人の実績から
信用の度合いを確認する基準ですが、他人の実績によって融資の可否
が決まるということなので、なんだか不公平な感じもしますよね。

大きく審査に影響する「個人信用情報」とは

そしてキャッシングの審査に最も大きい影響があるのが「個人信用情報」です。
信用情報機関に登録された情報は5年間は保存されるということなので注意が
必要です。

大きく審査に影響する「個人信用情報」とは
via pixabay.com

信用情報機関は、顧客の個人信用情報を一括で管理し、加入している会社がいつでも照会できるようにしている機関です。なぜ個人信用情報を信用情報機関がまとめて管理するのかと言うと、申込審査等を行う際にその個人が他社からの借入の有無や滞納履歴・破産履歴の有無などを一目で分かりやすくし、適切で健全な契約が行われることを促進するためです。

via キャッシングと信用情報機関の関係とは

いわゆる「ブラックリスト」というものに登録されてしまうと
その後の融資などに大きな影響があるので、適切な会計処理が
なによりも大切ですね。