どこで判断されてる?個人事業主がキャッシングを受けるには

審査に通りにくいと言われている個人事業主のキャッシング。しかし、どうしてもお金が必要な時もありますよね。どうしても審査に通りたい時、どこに注意したら良いのでしょうか?個人事業主がキャッシングを受ける時はここで判断されているようです。


個人事業主だってキャッシングしたい!

個人事業主だってキャッシングしたい!
via www.photo-ac.com
事業をしていれば、誰にでも起こる資金不足や生活費不足。
どうしてもお金が必要な時、思い浮かぶのはキャッシングですよね。
一般的に個人事業主は審査に通りにくいと言われていますが、どうしても借りたい時、どこに気をつけたら審査に通りやすくなるのでしょうか?

キャッシングの申し込み条件

キャッシングの申し込み条件
via www.photo-ac.com

通常キャッシング会社は、キャッシングを申込みするにあたり「申込み条件」を設定しています。

・年齢に対する条件
・年収に対する条件

自営業はこの2つのうち、「年収に対する条件」に引っかかる場合があります。会社員の時にはキャッシングの審査に通ったのに、自営業になったとたん審査に通らなくなったという話もよく聞きます。

via 自営業向けのキャッシングで行われる審査とは? | お金の学校

キャッシングする上でポイントになるのが「年齢」と「年収」。
中でも個人事業主に直接関わってくるのは「年収」です。この「年収」での判断が、個人事業主にとってキャッシングは「厳しい」とされる理由のようです。

個人事業主は収入が不安定

個人事業主は収入が不安定
via www.photo-ac.com

・事業が不調の時の保証が薄い
・倒産するリスクが高い

個人事業主が審査で厳しく見られるのは、このような理由が考えられます。一般の会社であれば、会社そのものの事業が不調でも、すぐに倒産する危険性は少ないものです。また、万一倒産したとしても、社会保険などの手当は個人事業主よりもずっと手厚いですよね。

via 自営業でも大丈夫?個人事業主が借入するポイントはコレだ! | 金ケツ太郎

個人事業主は一般的な会社員と違い事業の調子が不安定で、倒産するリスクも高いと判断されることが少なくありません。
そのような理由で年収が安定していないと判断され、個人事業主のキャッシングの利用を断るケースもあるようです。

安定した収入を証明しよう

安定した収入を証明しよう
via www.photo-ac.com

普通のカードローンも含めて収入証明が必要になるかどうかで言えば、不要と書かれていても個人事業主なら大抵は必須になるのが現状ですね。理由なのですが、会社員の場合は会社に在籍確認を取れば、きちんと給料があるという事が把握できますよね?でも、個人事業主なら事業所にかけたとしても本人が出る事が多く、それではそもそも収入があるかどうか、仕事をしているかどうかというのも分かりません。従って、収入証明を行う事で初めてきちんと利益が出る仕事をしている…と伝わるわけですね。

via キャッシングで個人事業主なら収入証明書不要でも必須になる? | 銭ねぞっと

「収入が不安定である」と判断されがちな個人事業主ですが逆に言えば、このポイントさえクリアできればキャッシングは可能です。そこで必要になるのが「収入証明書」です。
収入証明書を提出し収入があることを証明すればよいのです。

しかしここで問題点が・・・

個人事業主の方であればピンとくるのではないかと思いますが、ほとんどの個人事業主は売り上げや収入に対して、多めの「経費」を計上しています。
なぜなら、経費を多めに計上すれば、支払う所得税を軽減できてしまうからです。

ところが、お金を借りる際には、収入証明書として確定申告書の提出が求められます。
収入証明書には、収入から経費や各種控除を差し引いた額が記載されています。
つまり、多めの経費を計上しているため、実際の収入よりもかなり低い金額が表示されてしまっているのです。
結果、金融機関から見れば所得が低いと見なされてしまい、「年収が低いため返済能力がない」と判断されてしまうことが多いのです。

via 個人事業主はキャッシング審査に通過しにくいってホント?

多くの個人事業主が経験していると思いますが、節税のために経費を多く計上します。
その結果、収入証明書に記載される収入は低い金額に。
そのせいで、年収が低いと判断されキャッシングの審査に通りにくくなってしまうんですね。

どうしても無理そうなら

どうしても無理そうなら
via www.photo-ac.com

月によって収入が大きく変わりがちな個人事業主の場合、審査が不利になってしまうこともあるのです。ですが、初めから個人事業主向けに作られているローン・キャッシングであればそういったデメリットがないため、審査に受かる可能性が高くなります。

via 個人事業主のキャッシングについて

事業を始めて間もない時や安定した収入を証明できそうにないなら、
個人事業主向けのキャッシングを利用してみましょう。
すぐに融資を受けられるところもあるため、急ぎの場合はそういったローンを利用するのがオススメです。

最後に

個人事業主にとって難しい「キャッシング」。安定した収入を証明することが鍵です。
難しそうな場合は個人事業主向けのキャッシングも検討してみてください!