【これは便利!】キャッシング会社別、atmの特徴について

今では、個人事業主が利用可能なキャシングサービスが、幾つも揃い便利になりました。そして、当該サービスを利用するには、銀行やコンビニ等のatmを利用する方法があります。 そこでここでは、キャッシング会社別のatmの手数料等について述べていきます。


個人事業主は、キャッシング会社から借入れ出来るの?

最近では個人事業主が増えていることもあって、消費者金融や銀行でも事業者用のキャッシングプランやカードローンやなどのサービスを用意しています。
銀行の「フリーローン」を利用することです。フリーローンは銀行で取り扱っている金融商品であり、名前のとおり、使用目的問われることなく(※一部例外あり)借り入れができるものです。追加の借り入れができない点が、キャッシングやカードローンとは異なります。

via 個人事業主だとキャッシングの審査に通りにくい? | キャッシングアカデミー

●個人事業主だからキャッシングが出来ないという時代は、過去の話しと言えるでしょう。
現在では個人事業主向けに特価した、サービスを用意している金融機関も増えている模様です。

キャッシングの審査に通りますように!!
via cashingacademy.com

キャッシングの審査に通りますように!!

●個人事業主でも、キャッシングでお金を用意したい時もあるでしょう。
ですから、キャッシング審査は入学試験に合格する事を祈る様な思いがある筈です。

 

消費者金融などの貸金業者では50万円以下のキャッシングなら確定申告書の提出は不要ですし、複数社の借入総額が100万円以下なら提出は不要です。
ただし、改正貸金業法では年収の3分の1までの借入と言う「総量規制」があるので、少額のキャッシングの申込みでも確定申告書の提出を求められる可能性があります。
これは、貸金業法による所得証明書類の提出義務がある関係と総量規制があるからで、貸金業法が関係しない銀行カードローンなら100万円以下の融資では確定申告書の提出は不要で申込することが可能です。
このように様々な制約が関係していますが、基本的に「確定申告書が提出できる」「赤字経営でない」「年収がしっかりしている」と言う3点がクリアできていれば、ある程度のキャッシングは利用することが可能でしょう。

via 自営の方・個人事業主の方・会社経営者の方は確定申告書提出が必須です

●個人事業主がキャッシングを利用する為には、しっかりとした確定申告等を付けて置く必要がある事を覚えておきましょう。

Web-TAX-TV

確定申告入門者の動画確定申告入門者の動画

 

●この動画を見れば、確定申告がどの様なものか、理解出来るでしょう。

銀行系キャッシング会社のatmについて(個人事業主対応)

バンクイック

簡単にいえば、バンクイックは三菱東京UFJ銀行の一部です。
バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローン。
バンクイックという会社名ではなく、銀行の一部なんです。バンクイックというのはいわばブランド名。

via 何が違うの?バンクイックとプロミスを徹底比較! | マネテン

●日本人なら知らない人はいないと言っても言い過ぎでは無い、三菱東京UFJ銀行は銀行系キャッシング会社として、「バンクイック」を販売しています。
テレビコマーシャルでは、人気俳優の阿部寛さんでお馴染みです。

バンクイックは提携するコンビニATMで、いつでも手数料無料で利用できるという利便性の面でも定評がある。コンビニならどこにいても利用できるので非常に手軽だし、手数料を徴収するカードローンが多い中にあって終日無料というのは見逃せないメリットとなっている。
セブン銀行ATMは、セブン&アイホールディングスのセブンイレブンや、イトーヨーカドーなどに設置されている。
ローソンATMはローソン、イーネットはファミリーマートなど、主にセブンイレブンとローソン以外のコンビニに設置されている。
多くのカードローンは、提携ATMの手数料に100円+税~200円+税の手数料が必要となる。
一見すると、たった100円や200円という金額だけをみれば、それほどの負担も感じないような金額のようにも思えるかもしれない。しかし頻繁に借入→返済を繰り返していると大きな無駄が発生してしまう結果ともなる。手数料は決してバカに出来ないのだ。

via バンクイックをコンビニATMで使いこなす!コンビニATMの利用方法を知っておきましょう! | 即日キャッシング広場

●セブンイレブン等に設置されているATMを極力、使用する様にするのが賢い消費者と言えます。
場合によっては、その他の場所のATMを利用する可能性が高い生活を送っているのなら、手数料にも注意を払いましょう。
塵も積もれば山となる、という諺通りに、積算すると大きな金額になるかも知れません。

ノーローン

ノーローンは、新生銀行の子会社であるシンキ株式会社が運営する消費者金融です。
つまり、総量規制の対象になります。
貸し出せる額は「個人の年収額の3分の1まで」と決められているので、すでにそれ以上、他で借入がある方、自身に収入のない方は借りられません。
ノーローンのメリット
ノーローンの主なメリットは、以下の3つです。
なんどでも1週間無利息
即日融資が可能
リアルタイムで借入&返済ができる
初回だけでなく、毎回適用される無利息期間サービスは、他社では見あたりません。完済後であれば、何度でも最初の1週間無利息で借りることができます。
また、申し込みから融資まで当日中に完了できます。インターネット(ホームページから申し込み)・自動契約機・電話、いずれの申し込み方法でも可能です。
さらに、24時間365日、リアルタイムで借入・返済が可能です。手数料が無料なのも魅力ですね。

via ノーローン検証。全8項目を他社と徹底比較。良い点悪い点まとめ | キャッシングのまとめ

●ノーローンという社名を余り聞き覚えが無いという人は、他の大手のキャッシング会社と比較すれば多いかも知れませんが侮る事は出来ません。
一週間は無利息でキャッシングが出来、加えてその回数の制限を設けていないので、キャッシングをしてから直ぐに返済出来るというタイプの人にはぴったりです。

新生銀行が親会社
via noloan.com

新生銀行が親会社

●ノーローンは、新生銀行グループに属しています。

ノーローンのホームページ
via noloan.com

ノーローンのホームページ

●ノーローンというキャッシング会社は、ユニークな戦略が得意な様です。

 

レイクATMのみが手数料無料で活用できます。他の銀行に関しては、手数料有料になっていますので、やはりレイクATMから出金=借り入れするのが良いですね。
下にも手数料表を作っておきましたが、無駄に手数料を払うのはもったいないです。1万円未満の借り入れであれば、100円とは言え、それが積もりに積もると大きな金額となってしまいます。こういったところはムダにしないように、お近くのレイクATMを調べて、そこで借り入れするようにしましょう。
手数料について
有料手数料に関してはすべて以下の通りです。
※すべて税抜き金額
内容 取引金額
1万円以下 1万円以上
借入(出金) 100円 200円
返済(入金) 100円 200円
手数料に関しては、有料の提携先の場合、上で示した金額がかかります。ただし、税抜き金額で示していることは注意してください。

via ノーローン 千円単位で借りれるATM・銀行まとめ | 即日融資も可能なキャッシング※バレずに借りれるキャッシング・カードローン厳選紹介

●レイクのATMを利用すれば、ATM手数料は無料です。

ノーローンATM営業時間変更のお知らせ
お客さま各位
弊社ではこのたび、ATMの営業時間を以下のとおり変更いたしますのでお知らせいたします。
変更日 変更前 変更後
2月1日(日) 7:30~23:00 8:30~22:30
・一部営業時間の異なる店舗がございます。
・提携CD・ATMの営業時間については変更ございません。
詳細については店舗検索よりご確認ください。

via ノーローンATM営業時間変更のお知らせ|キャッシング・消費者金融ならなんどでも1週間無利息のノーローン

●ノーローンのATMの営業時間が変わりました。
また、店舗により営業時間が異なるかも知れないので、予め調べておくと良いでしょう。

消費者金融系キャッシング会社のatmについて(個人事業主対応)

プロミス

プロミスの通常のカードローンとも言える『フリーキャッシング』が気になる個人事業主の方も居るのではないでしょうか?
商品名 限度額 金利 利用できる用途
フリーキャッシング 最大500万円 4.5%~17.8% 生計費のみ
条件を見てもらえれば分かりますが、実はフリーキャッシングの方が最大限度額が高く、500万もの大金を借入れる事ができます。
それにプロミスではフリーキャッシングに職業制限を設けているわけでは無く、個人事業主にも申し込み資格があります。
自営者カードローンに比べて
事業に特化していないので会社員の方が審査で有利
そもそも事業用途には使えない
こうした欠点はありますが、個人向けの出費のみに利用し、収入がきちんと証明できるのなら、フリーキャッシングを選ぶ事も出来るでしょう。

via プロミスはどんな仕事もOK?個人事業主はローン審査に通るか | ゼニ活

●プロミスのキャッシングブランドは、「フリーキャッシング」という名称が付いていて、マックスで500万円まで借りられるのは嬉しい所です。
但し、経営の運転資金等の事業用途としては利用出来ないので、認識しておく必要があります。

※キャッシングのご利用の際は、コンビニに設置されているATMをご利用ください。(手数料が発生いたしますのでご注意ください。)
提携ATM利用手数料について
提携金融機関ATM・コンビニATMのお取引額に応じ、提携ATM利用手数料をご負担いただきます。
発生した手数料は、ご返済時に清算させていただきます。
提携ATM利用手数料(税込)
お取引額 お借入時 ご返済時
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円
※プロミスATMおよび三井住友銀行ATMでのお取引きは、利用手数料は0円(無料)です。
ご清算時の充当順位
ご返済いただいた時の充当金額の順番は次の順位で充当させていただきます。
順位 充当先
1 費用および手数料(提携ATM利用手数料はこちらに該当します)
2 未払利息
3 遅延利息
4 元本

via 提携ATMのご案内|プロミス公式サイト

●銀行では三井住友銀行のATM、あるいは全国にあるプロミスATMと呼ばれる自動契約機器を経由した利用手数料は無料なので、おすすめです。
また、ファミマにあるFamiポート・ミニストップにあるMINISTOP Loppi、そしてローソンにあるLoppiは、ATM装置では無いので注意しましょう。
そして、提携ATMから返済をすると手数料が掛かりませんので、積極的に利用するのが賢い使い方と言えるでしょう。

三井住友銀行のATMは手数料無料
via www.smbc.co.jp

三井住友銀行のATMは手数料無料

●プロミスの提携先銀行である三井住友銀行のATMを利用する事を習慣付ければ、手数料を浮かす事が出来ます。