「他人の失敗から学ぶ」キャッシングの正しい使い方

個人事業主にとって、キャッシングというものは上手に利用すると 非常に便利なものですが、安易に無計画のまま利用すると、非常にリスク も大きいものです。 ここではキャッシングと上手に付き合っていく方法を、いくつかの失敗事例 から学びたいと思います。


「まずは敵を知ることから始めよう」キャッシングの失敗事例

事業の資金調達のためにキャッシングを利用しようとお考えの個人事業主のみなさんへ
初めての方も、そうでない方も必見!!
キャッシングの利用に不安を持っている人は、まず失敗事例を学んでから、正しい利用方法
を身に付けましょう。

「まずは敵を知ることから始めよう」キャッシングの失敗事例
via pixabay.com

キャッシングの失敗例として、典型的なのがこの多重債務状態。

多重債務とは、多くの借入先から借金を重ねて、返済が困難な状態のことをいいます。
無計画なキャッシングを繰り返した結果、自分の返済能力の範囲を越えてしまい、日々無理な返済に追われている状態のことで、こうなってしまうと自力で抜け出すのは非常に困難になってきます。

この状態になると、とにかく目先のことだけを考えるようになり冷静な判断も出来なくなってきます。
目先の返済のために他社からキャッシングをしたり、どこの会社も貸してくれなくなると、090金融など悪徳金融(ヤミ金融)に手を出してしまうこともあります。

悪徳金融と分かっていながら借りるのです。
なぜなら、どこも貸してくれないから。
しかし、どんな理由があろうと悪徳金融に手を出してはいけません。
それは目先のメリットでしかありませんし、それ以上のデメリットが後で待っています。

via キャッシングで失敗した人たちの現状 – @キャッシング

「多重債務」と「ヤミ金」って、典型的な悪い例ですよね。
そしてその後に待っているのは「自己破産」ですよね。
その他にもキャッシングの失敗事例はたくさんありますよ。

多重債務
via pixabay.com

•毎月1万なら返せると思い借りていたが、結局利子だけを返して行く形になり元金は減らせない状況になった。
•複数のローン会社からキャッシングしてしまい、返済に苦しんだことがありました。
•すぐに現金が手に入るので支払い能力や計画性を考えずに、返済にすごく苦労してしまいました。
•限度額まで借りてしまって、結局利子が高くついて支払いが大変でした。
•利息の仕組みがよくわからなくて、知らないうちにとんでもなく返済額が増えた時は大変でした。

via 簡単で便利なキャッシング!でも失敗したことは?|ナビナビキャッシング|消費者金融 / カードローン

便利なキャッシングのメリットばかりに目をとられていると、そこに潜んでいるリスクに
気がつかないこともあります。
対岸の火事と思わずに、きちんと対策を立てることで正しいキャッシングの利用方法
を身に付けていきましょう。

キャッシングで失敗しないために心掛けたいポイント

怖い例ばかりあげて脅かしてしまいましたが、キャッシングというものは正しく使えば
事業の運営資金を調達するためには、非常に便利なツールです。
安心して利用するために、心掛けたいポイントをご紹介します。

キャッシングで失敗しないために心掛けたいポイント
via pixabay.com

短期決戦をこころがける

クレジットカードのキャッシング金利は、年率18.0%が一般的。決して低いとは言えません。年率18%で5万円を1年間借りると(1年間一切返済しない場合)金利手数料は9,000円掛かる計算になりますが、これを1週間で全額返済してしまうと、金利手数料はわずか172円にしかなりません。一見、高そうに見える金利でも短期返済をしてしまえば、支払う手数料を大幅に圧縮できるのです。

そうしたことから、キャッシングを利用するならできる限り短期での利用をおすすめします。短期で利用するには、増額返済や全額返済など返済関連のサービスが充実したカード会社を利用する必要があります。

via キャッシングで失敗しないための注意点|学生クレジットカード

短期決戦をこころがける
via pixabay.com
何事も短期決戦が吉、ということですね。借金を長引かせるメリットはありませんから
出来る限り短い期間での返済計画をたてましょう。

出来る限り少額で

当然の話ですが、必要以上の金額を借りないようにしましょう。長い時間借りると日割りの計算上どんどん高くなっていきます。また、元金が大きくなるほど利息は高くなります。

例えば10万円借りる利息は1日あたり50円程度ですが、100万円借りれば1日あたり500円となります。これが1ヶ月となると、100万円の利息は14,790円となってしまいます。あればいいから、という気持ちで安易に金額を増やしてしまわないようにしましょう。

via https://saimuseiri-pro.com/columns/50/#短期で利用する

出来る限り少額で
via pixabay.com
これもまた当たり前の事ですが、借りるお金は少ないほうがよいに決まっていますね。
よけいな利息を発生させないためにも、必要最低限の金額を借りるようにしましょう。

「ご利用は計画的に」返済計画をたてる

お金を借りる時は、必ず「計画的な利用」を心掛けるように…と言われますよね。
でも、お金を借りる計画って、いったいどういうことでしょう?
これは、「返す時の計画」と考えると、とてもわかりやすくなります。

お金の返済を考えるとき、一番かんたんな方法が、「毎月返済できる金額×返済回数」で考えることです。

たとえば、月々1万円の余裕がある場合、10万円借りたら、返済に10か月かかる…という考え方ですね。

ですが、この考え方では「金利」が入っていないので、実際にはもっと多くお金が掛かってしまい、返済が苦しくなりがちです。ですので、金利分もきちんと加えて計算しましょう。

via 借りたお金の返済計画~安心なキャッシングのために | 【キャッシングにゃんこ】

「ご利用は計画的に」返済計画をたてる
via pixabay.com

返しかたを考えてから、お金を借りるということはキャッシング利用にもっとも大切なポイントです。
返済計画がきちんとしていれば、精神的な不安も和らぎます。
「先が見えない不安」というものが、実は一番きついものなんです。