誰にも聞けない疑問「生活保護でもキャッシングは出来る?」

生活保護制度で支給される保護費については、皆さんが思っているほど高額なお金ではありません。 ただでさえ、家計のやりくりが出来ない人が生活保護になっているころを考えると、 せっかくもらった保護費も計画通り使っていけるかは不明です。 そんな方が、現金を必要としている時に頼りにしたいのがキャッシングですが・・


そもそも生活保護制度って何?

一時期、生活保護費の不正受給についてニュースやワイドショーでたくさん取り上げられた時期が
ありました。
「働かないでお金もらえるんだったら、自分だって生活保護になりたい」・・・そんな考えを持った人も
少なくないでしょう。
しかし、部分的にクローズアップされた割に、基本的な生活保護の制度内容について、きちんと理解
している人は多くありません。
ここではまず、生活保護制度のあらましについてご紹介します。

そもそも生活保護制度って何?
via pixabay.com

生活保護の概要

生活保護とは、国の厚生労働省の定めにおいて、生活保護の受給を希望する方が資産や働ける能力など全てを活用してもなお生活に困窮する場合に、生活の困窮の状態に応じて必要な生活保護を行い、あなたが健康で文化的な生活を送れるよう最低限度の保障をし、また将来的に自立を助長する制度であるとしています。

生活保護の目的

生活保護を利用することによって、生活保護費を受給しなければ生活が困難な方々が救われ、必要に応じて生活保護のさまざまな扶助や補助を受け、生活の基盤を取り戻しすことが可能となり、再び自立した生活に繋がることを目的としています。

via 生活保護とは?

8つの扶助について

上記の目的のために、生活保護制度では8つの扶助によって、
その人の最低限の生活を保障し、自立を助長するための支援をします。

8つの扶助について
via pixabay.com

生活保護には以下のような扶助で成り立っています。

◆生活扶助・・生活に必要な食費や光熱水費などの費用

◆住宅扶助・・家賃、地代または住宅の修理費などの費用

◆教育扶助・・義務教育にともなって必要な学用品代、給食費などの費用

◆介護扶助・・介護サービスが必要な場合の費用

◆医療扶助・・病気やケガなどをした場合の医療に必要な費用

◆出産扶助・・出産に要する費用

◆生業扶助・・技術を身につけるための費用や高等学校等への就学費用、就職準備などの費用

◆葬祭扶助・・葬儀などに要する費用

via 8種の扶助 | 生活保護マニュアル

ズバリ聞きます!「生活保護ってキャッシングできるの?」

ズバリ聞きます!「生活保護ってキャッシングできるの?」
via pixabay.com

国が定めた最低生活費の基準だけみると、そこまで悠々自適な生活できるような保護費を受けることは
期待できそうにありません。
生活保護を申請する際には、持っている資産を隅から隅まで調査されるので、まとまったお金を持つことは
難しいでしょう。
それでは一時的であれ、お金がすぐに必要という場合にでもキャッシングしたりは出来ないのでしょうか。

生活保護を受けながら、キャッシングの利用が可能かどうかというのは、生活保護法第60条をチェックしてみるとわかります。
生活保護法第60条
常に能力に応じて勤労に励み、支出の節約を図り、その他生活の維持、向上に努めなければなりません。

つまり、節約しなけらばならないということなので、キャッシングで借金を作るなどもってのほかという解釈になります。また生活保護費をキャッシングの返済をはじめとする借金の返済に充てることはできません。

via キャッシング利用すると生活保護がストップされるって本当? | お金の学校

生活保護
via pixabay.com

なるほど、思っていたようには甘くないということが分かりました。
しかし、それを知らずにキャッシングを利用してしまった場合はどうなるんでしょうか?
何か罰則があったり、返さなくてはならないという決まりがあるのでしょうか?
メリットとデメリットについても知りたいですね。

メリットとデメリット
via pixabay.com

【結論!】「出来るけどしない方がいいよ」

なんだか原則的にはダメだけど、工夫によっては出来そうな感じもします。
結論としてはどう考えるべきか以下に記します。

【結論!】「出来るけどしない方がいいよ」
via pixabay.com

生活保護お金がないと思っても、返済が出来るとしてもキャッシングをすることは出来ません。受給を受けている人が利用するためには、受けるのを止める必要があります。生活保護を受けなくても、自分で働いて一定の収入があればパートやアルバイトでもキャッシング会社は利用出来ます。

via 生活保護でお金がないのですがキャッシングしたい状況です | 銭ねぞっと

また、生活保護を受けている人が、キャッシングをすると、生活保護費事態の支給が停止されます。そもそも生活保護を受けている人が借金をするといことは、生活保護に対して定められている規則に違反する行為だからです。生活保護を受けているにもかかわらず、キャッシングをすると、詐欺罪に問われ、罰金が発生することすらあります。なぜなら、生活保護者の補助されている生活費は、国民の税金で賄われているものだからです。

via 生活保護を受けている場合の借り入れについて