人には聞けない「自己破産してもキャッシング出来るの?」

自己破産というと「借金からの解放」というプラスのイメージと 「その後は苦悩の人生が始まる」というマイナスのイメージがあります。 どちらも事実ですが、チキンとした知識をもって臨めば 再びチャレンジすることが出来ます。 ここでは自己破産後のキャッシングサービスの利用について紹介します。


困った時のこころづよい味方!キャッシングとは?

個人で事業を運営していると、資金繰りが悪化して運転資金がなくなってしまう
という事態は絶対に避けたいものです。
しかし、どんなに計画的に資金繰りをしていても、一時的な資金不足に陥ることは
誰にでも起こりうるのです。
銀行から融資を受けたり、縁故を頼って借金するということは
手間もかかるし、知られたくない。
そんな時にスピーディーに資金を調達できるのがキャッシングサービスです。

困った時のこころづよい味方!キャッシングとは?
via pixabay.com

キャッシングとは、クレジットカードやキャッシングカードを利用して、消費者金融の窓口やATM、キャッシュディスペンサーなどからお金を借りることが出来るサービスです

引き出せる金額の上限は、契約内容によって決められます。
また、契約前には審査があり、審査を通過しなければ利用することはできません。

ATMやキャッシュディスペンサーから現金を引き出す、というところは、自分の口座からお金を引き出すことによく似ています。

返済方法として、キャッシングでは「翌月一括払い」が一般的です。
翌月の返済日までに、借入れた金額に加えて利息分を追加した金額を、消費者金融に返済するという方法です。

今は手元にお金がなくても、給料日にはまとまった金額が手元に入ってくることがわかっている場合には、翌月の返済日までに返済に必要な金額を揃えることが出来るでしょう。

一括であるため、一度に支払う金額は大きくなりがちですが、返済完了までにかかる期間が一ヶ月で済みます。
返済計画も立てやすく、利息の計算もしやすいので、手軽に利用できる方法と言えます。

via キャッシングとは ~キャッシングとカードローンの違い~|ナビナビキャッシング|消費者金融 / カードローン

自己破産後の生活

自己破産後の生活
via pixabay.com

これから説明するのは、資金不足を補うことが出来ずに負債が膨らんでしまい
最終的に自己破産をしてしまった人の、その後の生活についてです。
あまり聞きたくはない話ですが、現実として事業運営が悪化して自己破産する
個人事業主は非常に多くいます。
安易に自己破産というと「借金がチャラになる」と考えてしまいがちですが
それと相応の大きなリスクを負うことになるということも
覚えておく必要があります。

気になる自己破産後の生活ですが、新規借入が出来ないくらいで後は特に変わりがないと言えます。

信用情報機関(通称:ブラックリスト)に事故情報が載る

金融機関などが共有している情報の一つである信用登録情報に登録され、そこに自己破産を行ったという事が分かる事故情報が登録されます。
この情報は一般人は見る事が出来ませんから、転職や受験の際に不利になるという事もありません。

ローンが組めなくなる

上記の通り、信用情報に登録されると住宅ローンや車のローンも組めなくなります。
この期間は約5~7年と言われています。

クレジットカードが作れなくなる

こちらも上記と同じく、約5年~7年はクレジットカードが作れなくなると考えておいた方が良いでしょう。

官報に載る

例外なく全員が官報には載りますが、一般の人で官報をチェックしている人はほぼいないと言えるでしょう

via http://自己破産したらその後.com/

官報をチェックしている人
via pixabay.com

ココが聞きたい!「自己破産したらキャッシングは使えないの?」

ここまで読むと、自己破産をしてしまうと、
もう2度とキャッシングサービスは使えなくなると思ってしまいますよね。
自己破産して人生をリセットしてから、
もう一度新しい事業に挑戦しようという人もいると思います。
そんな時に便利なキャッシングサービスを活用出来なくなるのは、
とても大きな障害になりますよね。
実際のところはどうなんでしょう?

ココが聞きたい!「自己破産したらキャッシングは使えないの?」
via pixabay.com

一度自己破産するといわゆる大手の消費者金融からお金を借りるのは条件が合わないと厳しくなってしまいます。しかし、中小の消費者金融のいくつかは独自の審査を設けているところがあって、これらは自己破産後でもお金を借りられることもあります。

自己破産した後なのにお金を借りられる、となるとヤミ金の心配をする人もいるでしょうが、もちろん登録された正規の消費者金融です。法律によって自己破産者はお金が借りられないように決まっていると勘違いしている方も多いですが、自己破産した人にお金を貸すことは違法ではありません。ただ返済能力の面や信頼面が原因で借入できない状態になっているだけです。

自己破産者にもお金を貸している消費者金融を選べば無条件でお金が借りられるわけではありません。最低限の条件として安定した収入があり、返済能力が十分だと認められること、そして収入を証明できる書類などを提出する必要が出てくることもあります。

決して審査内容が甘い、というわけではありませんし、大手の消費者金融と比較すると初回の融資金額がかなり低めに設定されていることもあるので、思ったような金額を借りれなかった、というケースも想定しておいたほうが良いです。金利については大手とほとんど変わらないことが多いようです。

via 消費者金融から自己破産後も借りられる?/ 消費者金融エスプレッソ

「審査が甘くない」というのがポイントですよね。ヤミ金であれば
いかにもお金に困っている人が飛びつきそうな甘い言葉を使って誘い込み
さらなる借金地獄へ引きずり込むというのが狙いですが、
キチンとした審査基準があって、金利も妥当な数字というのが
逆に信用できるポイントと言えるのではないでしょうか。

審査が甘くない
via pixabay.com

上手なキャッシングとの付き合い方

いくら手軽で便利といっても、お金を借りるということには変わりないので
しっかりとした返済計画を立てて利用しなければなりません。
キャッシングしたことで、かえって自分の首を絞めてしまうということがないように
上手なキャッシングとの付き合い方のポイントをご紹介しましょう。

上手なキャッシングとの付き合い方
via pixabay.com

何らかの理由でキャッシングの利用がきつく、一回精算したいと正直に思うなら、友達などにお金を借りてでも精算してしまえばよいのです。

ちょこちょこ滞納をやらかしながらダラダラと返すより、一回きちんと精算した方が金融機関からの印象もよいでしょう。

肝心なのはこの「金融機関からの印象がよい」という点。

カードローンなどは滞納などのブラック条件さえ気をつければいつでもまた利用できるのですから、また借りたいと思えば、そのときキャッシングの利用を再開すればよいのです。

これがもし滞納を何度もやりながらようやく精算したという状況だと印象が悪くなってしまい、以降のキャッシング利用に制限がつけられてしまうかもしれません。

一度失った信頼というのはそう簡単には戻らないものです。元のようにキャッシングできるまでには、長い時間が必要となってしまうでしょう。

キャッシングを上手に使いこなすため、ときにはスパッと借金を一括返済するという選択もアリです。考えてみてください。

via 一括で借金を返済したいならこの方法!上手な借入との付き合い方 | MEN人(メンジン)

金融機関
via pixabay.com