【不動産担保ローン】内容とは?キャッシングと比較してみる

キャッシングは即日でも融資をして貰える金融サービスですが、その反対に不動産担保ローンという物があります。 キャッシングと比較をするとどちらの方がメリットが多いのでしょうか。 不動産担保ローンを調べてみました。


不動産担保ローン

不動産担保ローン
via pixabay.com

一般的に、フリーローンや、カードローン、キャッシングなどは、その人の信用(返済能力)のみを担保にしてお金を借りる「無担保ローン」ですが、不動産担保ローンは、それに加えて、不動産を担保にしてお金を借りる「有担保ローン」です。

担保となる不動産は、自宅や賃貸物件、駐車場、更地など自分名義もの以外に、両親や配偶者など他人名義のものであっても、その名義人が同意して、担保提供があれば、融資を受けることができます。

via 不動産担保ローンとは?|ウェッブキャッシングドットコム

不動産を担保
via pixabay.com
不動産を担保に融資をしてもらうサービスが、不動産担保ローンです。
個人事業主の方でも、多くの金融機関でこのサービスを受けることが出来ます。

サービス例

貸付利率
6.8%~12.0%(実質年率)

遅延損害金
(賠償額の元本に対する割合)
20.0%(実質年率)

契約限度額または貸付金額
100万円~1億円
※カードローン(個人事業主のみ利用可)は100万円~2,000万円

返済方式
元金一括返済方式

返済期間及び返済回数
最長10年(120回)

各回の返済金額
•毎月のお利息
•最終回は残元金とお利息

 

貸付対象者
法人、または個人事業主

担保連帯保証人
担保…土地・建物(不動産)
保証人…法人の場合は代表者の連帯保証原則必要

via 不動産担保ローンでの事業サポート | 【アイフル公式サイト】消費者金融・キャッシング・カードローン

サービス例
via pixabay.com
不動産担保ロ-ンの最大のメリットは、借入限度額がとても大きいところです。
大きな事業を行いたい方などには、最適のローンですね。

不動産担保ローンデメリット

不動産担保ローンの審査では、担保物件の評価を吟味します。専門家による調査が入るため、どうしても審査期間が長くなりがち。銀行系の会社だと、1ヶ月以上時間を要するケースもあります。

最終的に大きな借入れができる可能性があるにしても、急ぎの用立てには困るはず。比較的審査が早いノンバンク系を使う手もありますが、金利が高くなりやすいのがネックです。

キャッシングと同じように考えていると、審査時間の長さにいらだつはず。必要な時に必要な金額を調達できるよう、余裕を持った申し込みをして下さい。

via 不動産担保ローンとキャッシングの審査はどっちが厳しい? – キャッシング即日110

不動産担保ローンデメリット
via pixabay.com
不動産担保ローンは、審査に時間がかかります。
その代わりに借入出来る金額は大きくなるので、余裕を持って審査に望むことが大切です。
キャッシングの場合ですと、即日に借入が出来るので、短期間の内に借入を行いたい方は、キャッシングの利用がオススメです。

費用がかかる

費用がかかる
via pixabay.com

消費者金融などのキャッシングやカードローンの利用にあたっては、利息以外に費用はかかりません。

しかし、不動産担保ローンの場合には、登記の手続きが発生することもあり、金融機関によって異なりますが、以下のような費用がかかる場合があります。
•事務手数料
•不動産鑑定費用
•印紙代
•抵当権、根抵当権の登記費用

これらの費用は、借入額によって異なりますが、合計で数十万円程度かかってしまう場合もあるので、注意が必要です。

不動産担保ローンで、低金利で借りることができても、これらの費用を考慮すると、無担保ローンと総支払額が変わらなかったという場合もあるかもしれません。

via 不動産担保ローンとは?|ナビナビキャッシング|消費者金融 / カードローン

審査を受けるために色々な書類を用意しなければいけないので、費用がかかってしまいます。
費用をかける分を融資に回して欲しいとお考えの方には向いていないかも知れませんね。

審査基準

審査基準
via pixabay.com

大口資金なら不動産担保ローンとよく宣伝されている業者を見かけますが
実際の所普通の無担保のカードローンの審査と比較してみて不動産担保ローンって審査ってどの程度のレベルなのでしょうか?
掲示板などで相談されている方がおりましたが
カードローン契約において信用情報重視の所がほとんどの為
信用状況に問題があると審査では通らない事が多い事となります。
不動産担保ローンでは無担保ではなく不動産を担保に設定しているという事もあって
いざという時は不動産を競売にかけて代金を回収する事が可能となる為
不動産担保ローンの方が審査は甘いという事になっているみたいでした。

via 審査が通りやすい不動産担保ローン | 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

審査基準はとても緩いということになっていますが、ご自身が所有する不動産の評価額や、融資額などによっても審査の設定は変わってくる物と思われます。
不動産をお持ちの方は、不動産担保ローンというのも融資を受ける際には選択肢に入れておきたいですね。
キャッシングは短期で小口、不動産担保ローンは長期で大口というイメージです。
個人事業主の方はご自身の事業内容資金繰りなどと相談をして決めていきたいですね。