キャッシングの手続きは収入証明書の準備に気をつけよう

キャッシングを利用して借入れするためには、契約の前に必ず審査が入ります。そのため、提出書類の準備が必要となります。そこで、手続きがスムーズに進むように事前に準備しておくのがベストです。どのような書類が必要になるのか知っておきましょう。


キャッシングの申込みで必要な書類とは?

キャッシングの申込みで必要な書類とは?
via www.ac-illust.com

キャッシングの申し込みで必要となる、代表的な書類があります。
・身分証明書
・収入証明書
この2つですね。キャッシング会社によって提出書類が異なるケースはありますが、この2つは欠かせないものだと考えて良いでしょう。

via 源泉徴収票だけではダメ!キャッシング申し込みに必要な書類とは | カネメデル

消費者金融などの個人向けキャッシングの審査では、
必要になる書類は基本的に2種類だけで手続きができます。
担保も保証人も不要ですので、本人確認と収入の確認ができれば問題ありません。

申込みはインターネットからできますし、
書類提出はスマホのカメラで書類を撮影し画像ファイルをオンラインで送信できるような
システムが一般的になってきています。意外とカンタンですね!

もちろん個人事業主の方も同様です。
個人で仕事をしている人は、収入証明書はどのようなものを準備するべきかを注意しておきましょう。

パスポート
via www.photo-ac.com

●免許証や保険証以外にも、パスポートも身分証明書として使えます。

 

 

 

 

収入証明書は何を準備すればよい?

キャッシングやカードローンの審査では、安定した収入があるのかどうかが重要です。個人事業主の場合、赤字経営ではなく、安定した収入(利益)があることを証明するものとして確定申告書を提出する必要があります。そのため、毎年の確定申告は必ずするようにしましょう。なお、赤字経営でもキャッシングが可能という場合もあるようなので、大手の消費者金融に相談してみるといいでしょう。

via http://cashingacademy.com/p0115/#mokuji3

個人事業主や、会社経営者の場合は課税証明書や確定申告書、納税証明書のいずれかを提出することとなります。こちらも、手元にない場合はあらかじめ用意しておくと良いでしょう。

via 源泉徴収票だけではダメ!キャッシング申し込みに必要な書類とは | カネメデル

収入証明書は何を準備すればよい?
via www.pakutaso.com
個人事業主の人は源泉徴収票や給与明細がないので、前年度の確定申告書を使うのが一般的です。
確定申告関連の書類はいつでも出せるように自宅に整理して保管しておきましょう。

確定申告書以外の書類について

個人事業主の人でも使える確定申告書以外の収入証明書としては次のようなものがあります。

・課税証明書
・納税証明書

いずれも役所などで発行される書類ですので、取得するのに時間がかかることがありますので注意しましょう。

確定申告書以外の書類について
via www.photo-ac.com

課税証明書を発行してもらう時は、次にあげる物を準備していくとスムーズに受け付けてもらえます。本人になりすますことを防止するための本人確認書類等です。来年からはマイナンバーカードを利用し、コンビニでも受け取れるようになる予定となっています。

①運転免許証、パスポートなど、官公庁発行の顔写真付きの書類
②上記①が無い場合は健康保険証、年金手帳等官公庁発行の顔写真なしの身分証を複数
③または上記②と学生証や法人が発行した顔写真付きの身分証明書を複数
④証明手数料
⑤代理人の場合は①から③の本人確認資料と委任状、承諾書等が求められます。
※法人の場合は代表者印と、代表者印の押された委任状・承諾書が必要になります。

via 課税証明書の受け取り方 | 知っておくべき税の基礎知識

●課税証明書は役所で発行してもらう書類です。

確定申告書等を提出した場合の納税額、所得金額又は未納の税額がないことの証明書を交付請求する場合の手続です。
納税証明書には、次の種類があります。

納税証明書(その1)・・・納付すべき税額、納付した税額及び未納税額等の証明
納税証明書(その2)・・・所得金額の証明(個人は申告所得税又は申告所得税及復興特別所得税に係る所得金額、法人は法人税に係る所得金額です。)
納税証明書(その3)・・・未納の税額がないことの証明(税目を指定した「その3の2」(申告所得税及復興特別所得税と消費税及地方消費税)や「その3の3」(法人税と消費税及地方消費税)の証明もあります。)
納税証明書(その4)・・・証明を受けようとする期間に、滞納処分を受けたことがないことの証明

via [手続名]納税証明書の交付請求手続|納税証明書及び納税手続関係|国税庁

●納税証明書には複数の種類があります。

収入証明書不要の場合でも準備しておくのがベター

収入証明書不要の場合でも準備しておくのがベター
via www.photo-ac.com

消費者金融では、
借入れ希望金額が50万円未満の場合は収入証明書が不要で申込みができる場合が多いです。
ただし、個人事業主の場合は、審査のやり取りの中でいつ収入証明が必要になるかわかりません。

収入証明書不要の条件に該当する場合でも、
できれば事前に準備しておいたほうが安心して手続きができるでしょう。

消費者金融によって異なるのですが、消費者金融は、個人事業の業績に関する審査のノウハウがあまり無いため、収入に問題が無い場合でも、個人事業主に関しては審査を慎重に行う傾向があります。

そのため、50万円以内または合計の借入金額が100万円を超えない借入に関しては、本来所得証明書の提出は不要なのですが、自営業者の申込の場合は小額の借入申込でも、確定申告書の写しなどの所得証明書の提出を求められる場合があります。

via 個人事業主でも借入できる総量規制対象外のキャッシング – キャッシングのまとめ

手元に確定申告書を準備しておけば、
キャッシングの申込み情報の入力フォームでも正確な収入金額を申告することができます。