≪キャッシング≫という言葉に秘められた複数の意味とは?

巷でキャッシングの借り入れがどうこうと騒がれていますが、そもそもキャッシングという行為がどういった行動を指しているのでしょうか?本記事ではそのキャッシングの言葉に秘められた複数の意味についてまとめていきます。


キャッシングという言葉の意味

キャッシングという言葉の意味
via pixabay.com

キャッシングとは、簡単に説明すると借金です。
ですが、借金と言う言葉をそのまま使用していたのではイメージが悪いので、
「キャッシング」と言う少し小洒落た言い回しをしているのです。

たしかに「借金」と言う言葉は、
ドラマなどでは恐いお兄さんたちが「借金返せや!」という取り立ての場面が出てきたりしますので、
悪いイメージを持たれないように気を遣った結果なんですね。

キャッシングを利用する際の注意点ですが、まずローンやクレジットは借金であるということを認識することが何より大切です。

via キャッシング=借金!|キャッシングステーション

借金は全部「悪」と思っている方がいるかもしれません。しかしながら、借金には良い借金と悪い借金があります。

via 良い借金と悪い借金の違い

●キャッシングは「良い借金」を強調した言葉として使われている場面が多いです。

クレジットカードとの差別化

クレジットカードとの差別化
via pixabay.com

キャッシングとクレジットカード、どちらも似たようなものでややこしいと感じるかもしれませんが、
用途自体は全く異なります。

キャッシングはよりお金の緊急性が高いです。
クレジットカードは店のレジなどで円滑にお金を払うことが主目的だとすれば、
キャッシングは急な出費や先を見据えた投資に必要と言えます。

両者の違いを大まかに言うと、クレジットは「お買い物をツケ払いで済ますこと」をいい、キャッシングは「お金を借りること」をいいます。

via キャッシングとクレジットカードの違い

しかし、世の中はそんな簡単なものでもありません。実はキャッシュカードであっても買い物で使えたり、クレジットカードであっても銀行ATMが操作できたりするケースがあるためです。

via クレジットカードとキャッシュカードの違いを徹底解説!どちらも同じ形状をした樹脂製のカードですが、使用用途はまったく違います。 – クレジットカードの読みもの

●ややこしい理由としても、一部のカードではサービスの一環として
キャッシング機能(借金)またはクレジット機能(買い物)を備えているのも原因の1つです。

ローンとの違いもあり

ローンとの違いもあり
via pixabay.com

キャッシングはローンとも微妙に違うというのもご存知ですか?

お金を借りるのはどちらも同じなのですが、その違いは金額によって変わってくるのです。

「ローン」と聞くと、頭には教育ローンや住宅ローン、マイカーローンなどが浮かぶ方が多いと思います。
近年では、各金融機関がライフスタイルや用途に応じて様々なローン商品を展開しており、自費治療になると結構な出費になる歯科治療に特化したデンタルローンや、海外などへ旅行する際に利用するトラベルローン、挙式やハネムーンの費用にあてるブライダルローンといったようなローン商品も提供されています。

via カードローンとキャッシングの違い、知っていますか?

キャッシングは現金に換える、小口の融資を受けるという意味です。
つまりクレジット会社や消費者金融などから、ATMやCDを通して現金を借りると言うことです。
本人確認できるものがあれば、保証人がいなかったり担保がなかったりしても
借りられることが多いです。

via キャッシングとは | キャッシング体験談~利用者が語る~

●借りる金額が小さいほど審査が緩くなっていき、多くなるほど審査が厳しくなっていくんですね。

キャッシングの利点と用途

キャッシングの利点と用途
via pixabay.com

小口の現金を借りれるのは分かりましたが、買い物をするならクレジットカードを利用すればいいわけですし、キャッシングを利用する上で利点となる部分はなんでしょう?

急な入用や、冠婚葬祭、 などで計画外の出費でも確実に返済できるアテがある状況で利用すれば賢いキャッシングができます。

via キャッシングのメリット

●予想外の展開や、今月の給料を使いつくしてしまって欲しいものが買えない時に
利用するのがキャッシングの使い道でもあります。

キャッシングの申込は実に簡単です。用意するものは運転免許証や健康保険証などの身分証明書、あとは印鑑くらいでしょうか。住民票や印鑑証明、源泉徴収票や収入を証明する書類は必要ありません。

via キャッシングのメリット | キャッシングの始め方

●審査が煩わしくないのは大変なメリットと言えますね。

どこでもお金を引き出すことができるのも、キャッシングのメリットのひとつです。借り入れの契約をした消費者金融またはクレジット会社の店頭はもちろんのこと、系列店舗のATMや提携している銀行のATM、さらにはコンビニのATMなどでも入金や引き出しができるので、非常に便利であるといえます。

via どこでもお金の引き出しができる | キャッシングの始め方

●いつでもどこでもお金を借りれるのは利用する側としては嬉しいものです。

結局は返すアテがあってこそ!

結局は返すアテがあってこそ!
via pixabay.com

気軽に借りれるとはいえ、何のアテもなくただ借り入れるのは厳禁です。

お金を借りるなら、そのリスクをきちんと理解して正しくキャッシングしなければ意味がありませんし、
逆に損な気分にもなってしまいますよ。

手軽に借りられるということもあって、 気付けばちょっとしたことでもキャッシングを利用するようになってしまうというケースが非常に多く見られます。 最終的には多額の借入が残り、毎月の返済にも苦労するような状況になってしまいます。

via キャッシングのデメリット

●手軽さは時に命取りにもなりえるわけですね。

即日融資を受けられる代わりに金利を高くして、利用者の利息の支払いが多くなる傾向が強いサービスであることから、返済時には皆さん自身に負担がかかることが考えられます。

via 良い面も悪い面も、即日融資キャッシングのメリット・デメリット | お勧めキャッシング会社一覧!【即日融資マスター】

●すぐにお金を借りれる分、高金利なのも痛いですね。

キャッシングしたら、その分返済しなくてはいけないことを忘れないでください。
「どのくらい借りたい」ではなく、「自分は毎月幾らまでなら返済可能か?」を考えて、そのラインを絶対に超えないようにしてください。

via 返済能力を超えない

●借りる金額よりも返せるラインを明確に決めて実行するのが賢い借り方でもあります。

結論・便利ではあるが計画性を持とう

結論・便利ではあるが計画性を持とう
via pixabay.com

簡単にお金を借りれて便利ですが、計画性はきちんと持つようにしましょう。
ムリなキャッシングは自分自身を苦しめるだけですよ。
また、キャッシングとローンの違いやキャッシングとクレジットカードの違いもややこしい面がありますが、
基本的な用途は別々にありますので、しっかりと違いを把握して今後に役立てるようにしましょう。