【個人事業主のキャッシング】仕訳の仕方等のまとめ

個人事業主の方が融資を受けるとなると銀行の融資が一般的に考えられますが、キャッシングの中にはビジネスローンもあり、個人事業主の方にも利用可能です。その魅力や経費に計上できるか、経費の計上の仕方などをまとめました。


基本的にカードローンは個人の利用に限るケースが多い!でも…

今やカードローンは特別なものというわけではなく、広く一般に良く知られ、
以前と比較して比較的気楽に利用されるようになってきました。
マイカーローンなど使い道があらかじめ決まっているタイプのローンもありますが、
カードローンに関していえば使い道が自由なものもあります。

ですので、個人事業主として経営を初めて間がない方も利用できるのではないかと思ってしまいがちですが、
意外にもそうではないのです。

実は、事業資金が足りなくてキャッシング…という手段は、基本的にはできないのです。たいていのカードローン商品には、使いみちに「事業資金は除く」と書いてあります。

via 事業主必見!個人のキャッシングは仕分けの対象になるの? | カネメデル

上記のように個人の利用に限定しています。
個人の利用のみでしたら、それで車や宝石などを買ってもいいのですが、
事業としてお金を使うのであれば話は別です。

では、個人事業主の方がキャッシングの利用が不可能なのかというと必ずしもそうではありません。

基本的にカードローンは個人の利用に限るケースが多い!でも…
via pixabay.com

事業主の場合は、事業資金として借りるのか、生計費として借りるのかで借入先が変わってきます。例えば、銀行カードローンでは事業資金には使えなかったり、消費者金融には事業資金と生計費の両方に使えたりする商品があります。そのため、しっかり理解してからキャッシング商品を選ぶ必要がありますよ。

via 事業主必見!個人のキャッシングは仕分けの対象になるの? | カネメデル

個人事業主の方であれば、事業資金として使う専用のビジネスローンを利用するといいのです!
事業をするに当たっては銀行の融資が一般的な傾向にありますが、
キャッシングにはキャッシングの利点があります。
ビジネスローンでキャッシングをするという選択肢もアリなのです。

うまく利用すればキャッシングにも大きなメリットが!

うまく利用すればキャッシングにも大きなメリットが!
via www.pakutaso.com
銀行の融資ではなくビジネスローンを利用するメリットは一体何でしょうか?

銀行の融資となると審査までに若干時間がかかります。
金利が低いのは魅力的ですが、やはり審査は厳しい傾向にあり、
安定して利益を出せているという個人事業主の方でしたら良いのですが、
まだ駆け出しという事になると、場合によっては審査に通らない可能性も出てきます。

ですが、ビジネスローンだと審査までの時間がスピーディーですぐに融資を受けることが出来ます。
ビジネスシーンにおいてすぐに現金を用意しないといけない事態もあります。
この事態をカバーできるのはキャッシングです。

また、金融業者によるので一概には言えませんが、中には柔軟に審査をするところもありますので、
銀行の融資では難しい方でも審査に通る可能性も出てきます。

事業資金として利用できるキャッシングの返済利息は経費になる!?

ビジネスローンで個人事業主の方もキャッシングができる事が判明しましたが、
気になる事はその返済利息を経費であげる事が出来るかどうかです。
個人事業主でしたら、この経費の計上が出来るか否かで支払う税金の額が変わってきます。

ですので、出来れば経費を多く計上して少しでも利益が自分の懐に入るようにしたいものです。
やはりそのような悩みを抱いている方も多くいらっしゃるようです。

事業資金として利用できるキャッシングの返済利息は経費になる!?
via pixabay.com

事業用なので個人向けのキャッシングではなくてビジネスローンというのを利用しました。消費者金融からお金を借りることは出来て、事業用に使うことはできたのですが、今度は帳簿で困っています。
ビジネスローンなので事業用としてお金を借りたのですが帳簿の付け方としては、現在返済している利息は経費に計上となるのですか?

via 個人事業主がキャッシングをしたら利息は経費になりますか? | ラブックロ

確定申告をされる際、青色申告をされているとのことでしたら、帳簿は大切です。
監査等もありますので、抜かりなくしたいものです。

事業用として借りた分の利息は経費となる
事業用として消費者金融でキャッシングをしたのなら、その利息は経費として計上することが出来ますよ。借り入れ金額や利息、返済日などを明確にしておく必要があるので、契約書や利用明細書などは捨てずに全部保存しておきましょうね。借入れや返済時にきちんと仕訳して帳簿をつけておくと確定申告の時も助かりますね。

via 個人事業主がキャッシングをしたら利息は経費になりますか? | ラブックロ

結論から言うと経費になるようで一安心ですね。
白色申告であればそこまで煩雑な帳簿を付ける必要はありませんが、青色申告であれば話は別です。

複式簿記で正確に帳簿をつける必要があります。

上記のやり取りはほんの一部ですので、詳しい事は下記リンクを確認してください。

個人事業主がキャッシングをしたら利息は経費になりますか? | ラブックロ

個人事業主個人事業主です。事業を行うためにキャッシングして現在返済中です。利息は経費として計上できますか?事業用として借りた分の利息は経費となります。借入時や返済時にキチンと仕分けをしておくと確定申告の時もラクですよ。

利息は経費になる!では、借入金自体は帳簿にはどう記載したらいい?

返済利息も経費になるという事が判明しましたが、
そうなると次に気になるのは、この借入金自体をどう帳簿に書いたら良いのかという事です。

この借入金自体はどのように記載したらよいのでしょうか?

利息は経費になる!では、借入金自体は帳簿にはどう記載したらいい?
via www.irasutoya.com

結論から先に言うと仕訳科目としては、「短期借入金/現金」になります。これは、仕訳においては株式や社債の発行以外の金融機関から、もしくはある特定の人物からの借り入れは、「借入金」の扱いになるからです。

via キャッシングという名の借入金の仕訳をどうするか | 急な用事で借入が必要!急な借入でも失敗しない方法

「借入金」というと漠然と銀行の融資の事しか書いてはいけないのではないかと勝手に思ってしまいますが、
金融機関からの借り入れという事で「短期借入金・現金」という仕訳で良いのですね。