【キャッシング枠を増やす】事業計画書の作成が大事

貸金業法が改正されて、キャッシングだけで借入出来る金額が制限されています。 ですが個人事業主の方は、キャッシングを利用するときに事業計画書を作成して返済能力が認められればキャッシング枠を増やすことが出来ます。 良い事業計画書の作成の仕方とは何でしょうか。


総量規制の適用

総量規制の適用
via pixabay.com

総量規制が適用されるのは、消費者金融からの借入れやクレジットカードのキャッシングなど、「個人が」「貸金業者から」借りる場合です。例えば以下のケースでは、総量規制の対象外となります。
総量規制の対象とならないケース
(条件付)自営業などの個人事業者による事業資金の借入れ(※1)
※1)自営業などの個人事業者が貸金業者から事業資金の借入れを行う場合には、事業計画などの提出によって返済能力があると認められれば、総量規制に関わらず借入れを行うことが可能。

via ローンやキャッシングをご利用の方へ。ご存じですか? 借入れのルール:政府広報オンライン

総量規制は、貸金業法の改正で出来た新たな制度です。
金融業者は、借入限度額が年収の三分の一までの金額と言うことになっています。
ただし個人事業主の方は、事業計画書があれば例外となる事が出来ます。
キャッシングで利用枠を増やすためには、総量規制の対象にならないように事業計画書を作成する必要がありますね。

事業計画書

重要なことは、「返済能力の見える化」です。
そもそも借入れは、将来利益の先取りであり、その返済は「将来獲得する利益」から行います。
通常は、その会社の過去実績からこれを判断しますが、設立間もない会社の場合は、今後の予測「事業計画」で判断します。事業計画が「実現可能」であり、「借入金の返済が可能」であるかが融資実行の分かれ目となります。
充分に検討された事業計画書で、資金ギャップと会社の返済能力を「見える化」する!

via 融資 | アイネックス税理士法人

事業計画書
via pixabay.com
事業計画書を作成する際に重要となるのは、資金繰りがどうなっているのかが分かることです。
返済能力が分からなければ融資する側も不安になりますよね。

運転資金

運転資金
via pixabay.com

事業計画を作成する場合、あらかじめ毎月の運転資金を計算しておき、運転資金の分だけは必ず稼げるような計画を作成する必要があります。もしも運転資金がなりなくなりそうな場合は、金融機関から短期でお金を借りることもできます。ただし、起業したての時は会社に信用がないので、担保が必要になるケースもあるでしょう。なお、起業していきなり利益を得ることは難しいため、起業する前に最低3ヶ月分程度の運転資金は準備しておくとよいでしょう。
事業計画書を作成する場合、起業時に必要な開業資金(設備資金等)と運転資金をしっかりと計算して計画を立ててください。

via 設備資金と運転資金|準備をしよう(計画編)|起業マニュアル|起業する|J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

運転資金は事業を経営していくために必要なお金ですね。
運転資金の確保は事業継続には欠かすことが出来ません。

融資の決済

融資の決済
via pixabay.com

金融機関に融資を依頼する際に、その資金使途を問われ、「運転資金です」と答えるのは、「設備資金以外でお金を使います」と言っているようなもの。これでは、融資の決裁は下りない。

運転資金の融資を希望するならば、何のためにお金を使うのか、明確にする必要がある。かつ、融資で得た資金で、売上げが上がり、利益も上がる、そういった計画が必要となる。たとえ当面の資金不足を充当するものであったとしても、それが将来、売上増、利益増に結び付くような計画がなければ、生産性のある資金使途にはならず、結果、融資は得られないことになる。

via 事業計画書で「決意」を示す | 月刊「事業構想」2012年12月号

運転資金だけを希望とした融資に対しては、融資が下りづらいとなっています。
事業計画書の作成をする上で運転資金が売上アップにどう影響するのかを記載していく必要があります。

売上の見積

売上の見積
via j-net21.smrj.go.jp

売上をどう見込むかです。売上を楽観的に計画してしまうのは資金繰りを考えていく上でも健全ではありません。

売上高は保守的に見積もるのが原則です。

大事なのは、単純に売上高○○円と考えるのではなく、具体的にどういった販売活動を行っていくのか、得意先ごとに売上計画を積み上げていくことが大事ですし、特定の取引先がない一般消費者であれば広告宣伝、販売ルートをどういった形で開拓していくかと言った具体的な行動計画も策定することにより売上計画が生きたものになります。

via 事業計画書の書き方のコツ!融資を通すために必要な2つの計画とは? | 創業手帳Web

売上の見込みというのは、単純に行うことが出来ません。
取引先が決まっておりで、毎月決まったお金が入ってくる商売なら半年先の目処も立てやすいですが、そうでは無い商売ですと確実な売上見込みは難しいですね。
上記の様に、売上見込みを考えていくことが大切です。
返済能力が示せる事業計画書を作成して、キャッシング枠を増やしていきたいですね。