プロミスを利用するならコンビニでの利用を最大限に!

プロミスは様々な利用ができる国内屈指のキャッシング業者の一つですが、その中でもコンビニを利用することで非常に便利に使いこなせる方法があるのをご存知ですか?利用者において返済は必ず考えることなので、是非ともチェックしておきましょう。


提携先が多種多様

提携先が多種多様
via www.i2i.jp

返済ができる提携先の銀行やコンビニには、例として下記のようなところがあります。ここで言うコンビニの利用とは、コンビニ返済とは別のもので、コンビニに設置されているATMを利用して返済する方法を言います。
イオン銀行
東京スター銀行
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
セブン銀行ATM
イーネットATM
ローソンATM
クレディセゾン(クレジット会社)
イーネットATMを設置しているコンビニには、例として下記のようなところがあります(50音順)。
スリーエフ
デイリーヤマザキ
ファミリーマート
ポプラ
ミニストップ
これ以外にも提携先は多数ありますが、いくつかを例として紹介しました。

via プロミスのキャッシングはコンビニ返済も可!多彩な返済方法が便利! | お金の学校

利用できるATM
via www.i2i.jp
プロミスがコンビニでも利用しやすい理由の一つにあるのが、利用できるATMの種類が非常に多くあることが挙げられます。全国チェーン店のコンビニなどで対応しているということは、わざわざプロミスの支店などを探す手間なども省けるので気軽に利用できると思います。

裏ワザ

裏ワザ
via renpr.info

プロミスは、ローソン、ミニストップのLoppi
ファミリーマートのFamiポート
を利用すると、手数料0円で返済可能となっていますが、同じローソンでもLoppiではなく、「ローソンATM」を利用してしまうと、手数料が発生してしまうようです。
同様に、ファミリーマートの「Famiポート」なら手数料は無料ですが、普通の「ATM」の利用では手数料が発生してしまいます。
コンビニの提携ATMを利用した返済には、以下のようなメリットがあります。
身近にある。
ちょっと買い物したついでに返済できる。
土日や深夜でも利用できる。
やはり、身近にあるということと、24時間営業しているコンビニが多く、深夜でも返済が可能というメリットが大きいでしょう。

via コンビニ返済のメリットとデメリット | はじめての安心カードローン研究

手数料が0で利用
via churchstreetcafe.biz
手数料が0で利用できるということは、長い付き合いで返済回数が多くなったとしても全く気にならないと思います。ふとお金が少し余裕出来たから小額でも返済に回そうと考えた際には24時間手数料がかからない返済方法として覚えておいて、損はないと思います。

組み合わせが可能

組み合わせが可能
via more-money.jp

意外と見落とされがちなのが、リボ払いはいつでも繰り上げ返済が利用できるということです。繰り上げ返済は、銀行やコンビニのATMから簡単にできるので、余裕がある月は気軽に行うことができます。また、ネットのユーザーページから、翌月の支払額にプラスすることもできるので大変便利です。この方法を利用すれば、手数料が高いと言われるリボ払いでもお得に利用できます。
具体的な例を挙げると、翌々月にボーナスが入ることが分かっているのなら、とりあえずリボ払いで借入をし、ボーナスが入り次第繰り上げ返済をしてしまうことです。そうすれば1か月分の手数料しか取られません。

via キャッシングのリボ払いのメリット・デメリット|ナビナビキャッシング

リボ払いや口座引き落とし
via more-money.jp
リボ払いや口座引き落としなどとコンビニ返済を組み合わせることで、より完済を早くすることができます。多くの返済方法と組み合わせてコンビニ返済を利用していくことで、自分に合った返済を行うことができると思います。

取り扱い通貨は確認しておきましょう

取り扱い通貨は確認しておきましょう
via republic-cyberbunker.org

コンビニATMであればいつでも申し込みや返済ができるので例えば「急なお金ができたから無利息期間のうちに返済したい」「日曜日だけど返済したい」「あと1時間以内に返済しなければ延滞になってしまう」という時にもコンビニで返済できます。
ただしコンビニATMは一度に利用する金額に制限があったり、硬貨の取り扱いができないことがあります。
また時間帯によっては金融機関によって決められた100円程度の手数料がかかることもあります。

via コンビニでキャッシング|返済が便利!24時間借入も可能!

コンビニ対応
via republic-cyberbunker.org

いくらコンビニ対応しているとは言っても、機械自体が効果の取り扱いをできないといった場合は利用がどうしても制限されてしまいます。自分の思う使い方がしたいという時には、時間があるときに出来れば下調べをしておくのも良いかもしれません。