キャッシング個人事業主向けで資金繰りに困らないために!

自営業を行っている方、フリーター、OLさん。みな、それぞれですが、「誰のため?」は同じであると言えます。何故でしょう? それでは、主に個人事業をなさっている方のために、様々な借り入れ法と、資金繰りに困らない方法への追求をご紹介します。


事業の資金はどこで借りる?

消費者金融・銀行という手段も考えられます。
しかし、金融形態が刻々と変わり、その中で「厳しい審査」逆に「審査の甘さ」が弊害として残り、
そのために、個人事業主(自営業)は、安全に借り入れできない状態に陥る可能性が高まります。

ビジネクスト
via www.businext.co.jp

●この「ビジネクスト」は、「日本貸金業協会」が、貸金業法に基づいて貸金を行っている金融会社です。個人事業主にとっては、借り入れから返済まで専門的な対応をしてもらえるので、消費者金融よりも適しています。
返済などに困っていても、相談窓口があります。

CD・ATMが充実
via orixcredit.jp

●ORIX VIP BUSINESS
CD・ATMが大変に充実しています。個人事業主向けで、「日本貸金業協会会員」のクレジット会社です。

 

目的・用途に応じて

キャッシングサービスとは言っても、種類・特性は色々あります。
そこで借り入れのポイントは、「何に使用する?」「どう使用する?」を明確にし、
それに合わせて会社やサービスを選択し、場面に応じて使い分けることです。

目的・用途に応じて
via www.orico.co.jp

お急ぎの方に

「キャッシング」と「カードローン」は、主に、一括返済か分割返済かに違いがありました。
でも近頃、キャッシングとカードローンとの違いに差がなくなっています。
これについては、プライベートの借り入れではない個人事業主には、必要金額の高さから言って、どうでもよい話になりがちです。

ところが。この二つのサービスを、時と場合によって使い分けることで生まれるメリットがあります。

ライフティ
via kakujin.net

●ライフティも、「日本貸金業協会会員」の貸金会社です。
そして、「キャッシング」に適応しているので、「お急ぎ」の場合の借りやすさがあります。

「従業員の給料100万円を、すぐに借りたい」など、急ぎの出費があります。もちろん、カードローンでも1万円からの貸し付けをやっている会社が多いです。
しかし、カードローンに頼るデメリット、キャッシングを利用するメリットを考えますと、金利などの条件を見たり、計算しながら、キャッシングを計画に入れておくのは、資金運用のポイントです。

このように、キャッシングカードによって、いざとなった時に有効な借り入れができます。

急なアクシデントにも!

自営業などされている方は、仕事で急なアクシデントに見まわれた時、自分で何とかしなければなりません。しかも、必要金額は400万円~700万円だったり。予測不能事態も起こり得ます。

女性・フリーターは特に必見!
via www.acom.co.jp

女性・フリーターは特に必見!

●キャッシング適応力の高いカードローンです。
返済方式は定率リボルビングで、800万円までの融資を受けられます。
三菱UFJフィナンシャルグループ傘下の消費者金融アコムは、比較的安全に即日融資を受けられます。

消費者金融だと、金利は少し高めですし、総量規制(年収の3分の1を超える借り入れ不可能)の対象ですが、審査が楽でスピードがあります。

 

SMBCコンシューマーファイナンス
via cyber.promise.co.jp

●SMBCコンシューマーファイナンスの傘下の消費者金融なので、プロミスも安心感があります。
500万円までの即日融資が可能です。

 

 

 

日本貸金業協会会員
via 035000.com

●日本貸金業協会会員です。

 

 

 

コツコツと返済

キャッシング対応力の利点は、楽でスピードがあることです。ですから、「収入による短期返済の見込み」という計画があれば、効果的・効率的です。

しかし、資金繰りとは難しいもの。
少しずつ、長期間、1年、2年と返して行くのも大事です。それには、一つの融資会社に決めて、プランを立て、真剣に事業を行いながら相談を受けます。個人事業を行うと決めたら、とことん行いましょう。そうすれば、不安定収入であっても、金銭のありがたさを感じ、収入を有効に利用、貯蓄できます。それが資金運用です。おおげさな言葉のようで、個人にも、家庭にも、事業にも、「資金運用」と言ってかまいません。

総量規制の対象外で本気に事業

以下、総量規制(収入の3分の1以上の借り入れ不可能)の対象外である、「除外」と「例外」の項目です。
• 不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
• 自動車購入時の自動車担保貸付け
• 高額療養費の貸付け
• 有価証券担保貸付け
• 不動産担保貸付け
• 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
• 手形(融通手形を除く)の割引
• 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
• 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
●総量規制除外となる項目です。
• 顧客に一方的有利となる借換え
• 緊急の医療費の貸付け
• 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
• 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
• 個人事業者に対する貸付け
• 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け
●総量規制例外となる項目です。
あなたらしくを、新しく。新生銀行カードローン レイク。
自分なりの生活スタイル。自分なりの考え方。
さまざまな事情があり、それぞれの“らしさ”がそこにあります。
そんな一人ひとりの“らしさ”を私たちレイクは大事にしています。
●銀行カードローンは、総量規制対象外です。
借り入れ限度額は500万円。即日融資も可能です。

資金繰りに困っても困らない!

アルバイトする方、副業プラス副業プラスというフリーランス、植木屋さん、喫茶店のマスター、とにかく「自分」で「自分なり」のビジネスを行う方達。
同業者だけが仲間ではありません。いつも、お客様第一です! 知らない人も遠い人も、お客様。その軸がブレず、資金繰りに困っていても、「誰のため?」を頭に置いて行っていれば、それは自分のためになり、資金繰りにも悩まされません。

早めの見きわめを

事業の失敗を繰り返す前に、タイミングよく別の仕事に就きましょう。
過去の借り入れ履歴の状態で、「自営は適性じゃなかった」と思ってからでは遅いです。

もし、多重債務状態で悩まれている方がいれば、「返済方向」を決めて事業主向け金融機関に相談しましょう。

思い切って事業するのは素晴らしいです。お客様に必要とされる仕事です。だから努力し、少額ずつでも返済する限り、見放されることはないので、確定申告に堂々と行きましょう。