お金の悩みから脱出!賢いキャッシング法で経営しよう!

キャッシングを個人事業主が利用する場合、事業を運営する為の資金には回す事が出来ません。 しかし、銀行と消費者金融との併用技を利用すれば、金銭的問題を回避出来るでしょう。ここではキャッシングにかんする、素朴な疑問等と合わせて調べてみました。


個人事業主なら知っておきたい、キャッシング業界の常識

金融業者が、個人事業主をどうみているか?

キャッシング業界は今ではすっかり日本のみならず、海外の国々まで勢いを伸ばしており、暫定的にお金を借りる手段としては、身近なものになりました。
申し込みも簡単で、手許にあるパソコンやスマートフォンがあれば、インターネットを通じ、僅かな時間で申し込みを完了出来る様になり、至れり尽くせりと言ったところでしょうか。
勿論審査に通らなければなりませんが、一定収入を得られる会社員であれば、特別なトラブルがなければ、難なく審査をクリアー出来るでしょう。
しかし、日本では全ての大人が、会社員として生活している訳ではありません。
規模はともかく、会社経営をしている人もいますし、最近では個人事業主で働く人も増加中の様です。
これは、会社員の暗黙の了解であった、終身雇用制度は形だけの物になった事と、無関係では無いでしょう。

自分で事業を行っている人、従業員は家族だけといったような小規模で事業展開している人を個人事業主といいます。特に最近ではパソコン一つあれば仕事のできるIT系で、個人事業主として活動している人も多いです。よく消費者金融のサイトを見てみると、個人事業主の審査は厳しくなると紹介されています。結論から言いますと、これは事実です。
個人事業主の審査が厳しいというのは少し語弊があるので、もう少し詳しく言うと公務員やサラリーマンと比較すると審査が厳しくなるが正確な答えです。公務員やサラリーマンは毎月確実に給料という形で所得があります。このため、貸したお金を返済してもらえる可能性が高いのです。
ところが個人事業主は給料ではありません。仕事をしなければ、所得がゼロになることも考えられます。このため、サラリーマンや公務員と比較すると審査は厳しくなるといわれているのです。

via 個人事業主は消費者金融の審査が厳しいので借りられる?/ 消費者金融エスプレッソ

●様々な事情で会社員という立場から離れ、自分のアイディア・実力で利益を得る、個人事業主という道を選択しました。
しかし、お金を扱うプロフェッショナル集団である銀行や消費者金融業者等は、個人事業主には厳しい姿勢をしている事には間違いありません。
とは言え、これだけ個人事業主が増加している中、新たな顧客として加える考えもあるのは明らかでしょう。
それは、数ある金融業者の中から、少しずつ個人事業主にも門戸を開こうとする動きがあるからです。

個人事業主が抱く素朴な疑問集

これから個人事業主として新たなる一歩を踏み出そうと、意気揚々としているかも知れません。
しかし、大抵の場合悩まされるのは、お金という現実的な問題です。
個人事業を始める前に十分に用意したと考えていても、事業を進める上での予想を超える出費がある事に驚く事も多いでしょう。
ですから、金融業者から融資が成功すれば、安堵で胸を撫で下ろす筈です。
しかし、そのお金の用途は事業用途に使えるものなのかを、必ず確認する必要があります。
結論から言えば、当該融資額はレジャーや海外旅行、贅沢品の購入等でしか許されていない事がほとんどだからです。

どうして事業用途で、使ってはいけないの?

真面目に個人事業主として、事業に役立てる為にするのだから、許されても良いかの様に感じるのは当然の事かも知れません。
遊びでの使用は許されるのに、仕事には使えないというのは解せないと考えるのは、社会人として当然の事かも知れません。
しかし、それには理由があります。
それは、お金を使いみちの公私混同を避ける為です。

キャッシングは事業に使えないお金
本来キャッシングというのは、個人的な利用をするために使われており、それ以外の用途で使うことは許されていません。勝手に利用しないようにして、個人の利用にとどめるようにしてください。
これが法人用、事業用に利用されていることがわかってしまうと、用途が違うことを指摘されることもあります。また事業用のキャッシングは別途に用意されていることが多いので、そちらを利用したほうが安心できます。

via キャッシングは事業に使えないお金 | 敷金礼金を分割して払うには

●お金を使いみちの、公私混同を避ける為というのが理由です。

内緒で使うのは..

キャッシングでは基本的に借りたお金の用途は自由ですが、事業資金には利用できないという業者がほとんどです。
事業資金としての利用を用途に含めると、審査基準や手続きがより複雑化し、キャッシングの強みである簡単な手続きとスピーディな融資が成り立たなくなってしまう可能性が高いというのが、その理由として考えられます。
内緒でキャッシングを事業資金目的で利用することも不可能ではありませんが、もしばれてしまったときに一括返済などのペナルティを受けたり、ブラックになってしまうリスクがあるのでおすすめできません。

via 個人事業主の方必見!キャッシングで事業資金の借り入れはできる? | お金の学校

●バレないように内緒で使用してわからないのではいかと、考える人もいるかも知れませんが、真実が露見した時の経済的・社会的制裁は、大変厳しいものになると考えられます。

不正はダメ
via torack7.blog.fc2.com

不正はダメ

●個人事業主はお金に困りがちですが、不正をしたらもう立ち行かなくなってしまいます。
ルールを守り、フットワークの良い経営戦略の実施が必要不可欠です。

 

 

 

個人事業主には嬉しい、組み合わせ技でピンチを乗り切る!!

プロミスが展開する個人事業者向け専用ローン

プロミスの自営業者専用ローンは、多くの消費者金融や銀行と違い用途に「事業性資金としての利用は不可」という条件が無い、自営業者にとってはありがたい消費者金融ローンです。
しかし、プロミスが消費者金融である以上総量規制の影響を受けてしまう為、自営業者専用ローンであっても年収の1/3を超えたキャッシングはできません。
総量規制とは消費者が返済能力を超えたキャッシングをしないように定められたルールで、消費者金融や信販会社といったノンバンク(銀行ではない金融業者)はこの影響により、利用者の年収の1/3を越えた融資(貸付)ができないのです。
しかし、キャッシング先がプロミスに限定されてしまっては、事業資金として利用できる金額が限定されかねません。プロミスの自営業者向けローンを事業資金としてフル活用したい、そんな場合は銀行ローンとの併用をオススメします。
銀行カードローンは事業性資金としての利用を禁止している場合がほとんどですが、つまり事業に使わないお金としては利用できるのです。事業以外の生活費等に充てるお金は銀行でキャッシングし、プロミスの自営業者専用ローンでは事業資金をキャッシングするというのが最も効率的でしょう。

via プロミスで自営業者が事業資金をキャッシングする方法 | マネットカードローン

●こんな方法があったとは、正に驚きとしか言いようがありません。
個人事業主なら絶対に要チェック項目と言えるでしょう。

個人事業主にも優しいプロミス
via jp.reuters.com

個人事業主にも優しいプロミス

●プロミスだけでは、事業運営以外のお金を捻出しか出来ません。
申請方法は、確定申告や安定収入が分かる必要書類等をがあれば、融資をしてくれます。

 

 

プロミスと銀行の併用

併用方法
【1】プロミスの自営業者専用ローンで借入
【2】銀行カードローンで同額を借入
【3】銀行カードローンで借りたお金でプロミスに返済
上記の手順を繰り返せば、プロミスの自営業者専用ローンで設けられた限度額が不足した場合も対応できるでしょう。
ただし、これは裏ワザです。キャッシング先が混同して遅延が発生しないよう、注意して利用しましょう。

via プロミスで自営業者が事業資金をキャッシングする方法 | マネットカードローン

●慣れていないと、頭の中が混乱しそうですが、スマートフォンのスケジュールアプリや、紙製のカレンダーに直書き等して、整理しておく必要があるでしょう。

プロミスと同じグループ内の銀行
via 4109.jp

プロミスと同じグループ内の銀行

●ここでも、銀行カードローンで借りれば良いんだね!

 

 

 

 

 

個人事業主はお金だけでは無く、営業活動にも力をいれよう!!

via www.youtube.com

個人事業主が新規顧客を探す方法とは

●特に以前は会社員で、営業部隊が仕事を探してきてくれるという環境にいた人が、個人事業主になった場合、肝心要の顧客開拓をしていない事が多いと言います。
ですから、交流会に出たら単なる名刺交換に終わらず、困っている事・面倒に感じている事等を会話の中から見つけ出す努力をしましょう。
中には職人気質で営業は苦手という人がいるかも知れません。
しかし、自分一人で経営している場合には、まずは交流会に参加して飲み仲間を探す様な、気軽な気分で参加すれば慣れてくる筈です。
そしてそれを、繰り返し顧客を大切にし、仕事に全力を傾ければ自然と、良い仕事が入ってくるようになるでしょう。